あこがれ共同隊
ジャンル テレビドラマ
脚本 スタッフを参照
演出 スタッフを参照
出演者 郷ひろみ
西城秀樹
桜田淳子
高橋昌也
黒柳徹子
三田佳子
せんだみつお
浅田美代子
田中邦衛 ほか
オープニング 山田パンダ風の街
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
プロデューサー スタッフを参照
制作 TBS
放送
放送チャンネルTBS系列
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1975年6月6日 - 9月26日
放送時間金曜 20:00 - 20:55
放送枠TBS金曜8時枠の連続ドラマ
放送分55分
回数17回
テンプレートを表示

あこがれ共同隊』(あこがれきょうどうたい)は、TBS系列で1975年6月6日から9月26日まで、金曜日夜8時から1時間枠で放送されたテレビドラマ。当時人気絶頂のアイドルだった郷ひろみ西城秀樹桜田淳子の3人が共演して大きな話題を呼んだ[1][2][3][4][5]。番組の冒頭では、郷ひろみが高村光太郎の「天文学の話」という詩の一部を朗読した。

再放送は一度もされていないとされ、ソフト化も一度もないとされる。

概要

東京原宿表参道を舞台に、シラケ世代とは真反対の若者たちの熱いエネルギーのほとばしる姿を描く[2][3][6][7]。原宿は当時、日本で最もファッショナブルな街といわれ[8]、にわかに注目を集めはじめていた[9][10][11]。主人公・八田広介(郷ひろみ)は、高級紳士服店の社長(高橋昌也)の息子だが父と衝突して独立[8]。生活費を節約し、ファッション雑誌を読んで一流デザイナーを目指しているというトレンディドラマの先駆けのような設定[5][11]

キャスト

  • 郷ひろみ(八田広介・主人公) 
  • 西城秀樹(畠山竜也・大学生、酒屋の息子)
  • 桜田淳子(黒沢明子・畠山竜也の恋人)
  • 高橋昌也(八田洋介・八田広介の父)
  • 黒柳徹子(畠山春子・畠山竜也の母)
  • 三田佳子(黒沢令子・黒沢明子の姉・八田広介の父の愛人、ブティック主人)[6]
  • 大和田伸也(郷太、ブティック主任)[6][12]
  • 田中邦衛(八田雄二郎・八田広介の叔父、住所不定)[6]
  • 玉川良一(畠山竜也の祖父)[6]
  • 森本レオ(志郎・畠山竜也の酒屋の住み込み従業員)[6]
  • 品川隆二(吉之助、縫製工場の主人)[6]
  • シェリー(正子・志郎の恋人、縫製工場の従業員)[6]
  • せんだみつお(海老蔵・コーヒーショップのバーテン)[6]
  • 黒沢洋子(コーヒーショップのウェイトレス)[6]
  • 浅田美代子(庄司洋子、第10話からの出演)[12]
  • 長門裕之(鶴岡武造、質屋の主人)[6]
  • 黒沢久雄(黒川邦彦)
  • 常田富士男(花本勝、修の父)[6][12]
  • 山田パンダ(花本修)[12]
  • 製作

    企画

    企画はTBSで12年間、歌謡番組を担当していたプロデューサー今里照彦[3]。今里にとっては初めて手掛けるドラマで[3]、今里が新御三家花の高一トリオの中では一番、俳優としての素質が高いと評価していた郷ひろみ西城秀樹桜田淳子の3人をメインキャストに抜擢した[3][8]。3人ともかなり先までスケジュールが埋まっていたため、3人のスケジュール調整に1年を要した[3]。歌謡畑から転向した今里が「今までと違うホームドラマをやってみたい」と企図した[3]。アイドルファンの心理を煽るため、「桜田淳子を巡って、郷ひろみと西城秀樹が競い、それぞれ青いラブシーンを繰り広げる設定にしたい」と話した[3]。また今里は経歴を活かし、付き合いのある吉田拓郎主題歌を依頼[3]。また拓郎らフォークシンガーの溜まり場だった原宿表参道スナック[13][14]『ペニーレイン』を毎回登場させると告知していたが[3][6]、実際に同店が撮影に使われたかは映像の照合もできないため分からない[14]。放送開始1ヵ月前に今里は、野口五郎小室等井上陽水もゲストとしてキャスティング予定と話していた[3]。演出の堀川敦厚は「TBSの金曜8時は裏番組に『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)があって、それまで何をやってもダメ。それなら、売れているアイドル歌手を集めようという発想になったんです」と話している[11]。この"売れっ子アイドル歌手を集めてドラマを作る""(テレビ出演を拒否する)現役ミュージシャンをテレビに引っ張り出す"といった着想は先駆的で、以降のドラマやアイドル映画、『ザ・ベストテン』のような音楽番組にも影響を与えたのかも知れない[11][注 1]。これを実現させたのは音楽系の事務所と強いパイプがあった今里の尽力だったいう[11]。第一回放送まで1ヵ月も切った1975年5月の文献にタイトルの『あこがれ共同隊』が仮題と書かれたものがある[4]

    キャスティング

    放送当時の文献に誰が主役か書かれた文献は見つからないが、3人の中で郷ひろみの出演シーンが多いため[8]、郷が主役といえる[8][11]。郷は「本格的な芝居は初めて」と話し[6]、歌番組出演時とは違い、前髪を上げて両サイドをチックで固め、リーゼント風の男っぽい髪型に変えた[6][8]。リハーサルが毎週木曜・金曜日にあり、本番収録は月曜・火曜の二日間[8][16][17]脇役にベテラン俳優が多いため、郷は責任感からリハーサル、本番収録日も申し訳なくセットを抜けず、その4日は歌番組に出演しなかった[8](収録が早く終わる日は『歌のグランプリ』等に出演)[18]。郷ひろみ扮する八田広介は20歳。主演格の3人は実年齢に合わせている。三代続いた高級紳士服の老舗『ロンドン屋』の息子だが、中学時代に母を自殺に追いやった父を許せず、家を飛び出し原宿の裁縫工として働く[8][9]。西城扮する畠山竜也は20歳の大学生で酒屋の息子[8]。病に倒れたマラソンランナーの父の遺志を継ぎ、マラソンに青春の全てをかける[9][8]。西城は「人に言えない暗い影を背負った短い人生なんて、やったことないしとても難しい」などと話した[6]。郷と西城は元々仲が良かったが[8]、本ドラマの共演でさらに親しくなったという[8]。畠山竜也の恋人・黒沢明子を演じる桜田は17歳[5]。原宿でコーヒーショップブティックを経営する黒沢令子を演じる三田佳子の妹だが異母姉妹[8]。第7話で竜也が死んだ後は広介に励まされ、恋人関係となる[5][8]。桜田は「いい役でウレシイんだけど、同時にコワイの。だって秀樹クンとひろみクンのファンってコワイでしょ!」など話した[6][8]。桜田は郷や秀樹より年下だが〇〇クンと呼ぶ[6]フォーク/ニューミュージック系のスターが大挙出演したというネット情報があるが、当時の文献で確実に出演したと確認できるのは山田パンダ吉田拓郎だけである[14]

    第1話には山口百恵ゲスト出演[1][11][18]。百恵は「いつも仲良くしてる3人が出てるんだもん。応援しなくっちゃネ」と話し[18]、3人は「100人力の助っ人で心強い!」と大歓迎した[18]。不完全ながら不可能と思われた「新御三家」と「高2トリオ(当時)」の合体が実現した[11]。百恵は主演の『赤い疑惑』が控えてなければ、レギュラー出演する可能性もあったという[11]

    撮影

    TBSテレビ最大のGスタジオに縫製工場、三田佳子の経営するコーヒーショップとブティック、郷ひろみと森本レオが同居する酒屋の二階の部屋などのセットがベニヤ板で作られ、セットの迷路状態[8][18]。Gスタジオは歌謡番組でも使われるスタジオ[8]。人気者の競演に収録日にはガードマンが厳しく警戒にあたった[8]

    また舞台である原宿近辺でもロケが行われた[17]。第1話(1975年6月6日放送)のファーストシーンは郷と西城、桜田の3人の出会いの場面で[8]、早朝の神宮外苑を自転車に乗った桜田が号令をかけ、その前を西城が走り、横丁からマネキン人形を抱えた郷が飛び出し、郷と桜田がぶつかり、マネキンが壊れ、郷と西城がケンカになる[4][8][18][17]。このシーンは郷と西城が実際に殴り合いをやり[19]、桜田がビックリするほど[19]。郷も西城も「小さいときからけんかはよくやったから、これぐらいはどうってことないよ」などと話した[19]

    西城が死ぬ第7話(1975年7月18日放送)のロケは1975年6月24日[20][21]不治の病に冒され療養中に自身の死期を悟り、死ぬ前に大好きなマラソンをやって死にたいと病院を抜け出し、オリンピック出場寸前に死んだ父の形見のランニングウェアを着て思い出の神宮外苑へ飛び出し、絵画館前に差し掛かったとき、ついに力尽きて池の中に落ちるというやや強引な設定だった[11][16][20][22]。死ぬ直前に西城が聖火ランナーになって聖火台まで駆け上がるシーンがフラッシュバックのように現れるが[16]、実際にこのシーンも競技場の階段を使って撮影された[16]。西城を死ぬ設定にしたのは、西城はこの年の夏に富士山麓の野外ライヴや大阪球場ライヴを含む全国縦断コンサートツアー(『ブロウアップ ヒデキ』として映像化)があってドラマのスケジュールが取れなくなり[22]、死んで降板することが決まったため[22]。西城自身が「水の中で死にたい」と考案[22]、神宮外苑の池に入ることになった[22]。池には空き缶ゴミくずがプカプカで、かなりの汚水[16][22]。底もヌルヌルし、アメンボがいっぱいで、西城はアメンボを見ると鳥肌が立つというアメンボ嫌い[16][22]。自分から水の中でと言ったため引くに引けず[22]。後から駆け付けた恋人役の桜田も汚水池の中の西城の遺体を抱きかかえ号泣するという、巻き添えを喰らう気の毒な撮影になった[11][20][21]。ロケ当日ファンが押し寄せては撮影にならないと早朝6時からのロケにしたが[22]、西城のファンがドッと押し寄せ現場は大混乱に陥った[20]。西城ファンが「ヒデキ!死んじゃイヤ!」「なんでヒデキを殺すの。ディレクターこそ死ね!」などと泣き叫び[20]、「ヒデキを殺すなんてとんでもない!」などと撮影スタッフに詰め寄り、お手上げ状態に陥り、西城自らファンをなだめて回った[20]。撮影ではディレクターが本番でOKを出したのに西城が演技に納得がいかないと、取り直しを要求し、結局西城は1時間池に浸かった[16]。当時のマスメディアから「歌手とは思えない体当たり演技」と褒められた記事があることから[22]、当時の歌手は芝居を本気で演らないと思われていたものと見られる。この撮影に立ち会った堀川敦厚は、桜田の演技に対して「池の中から西城君を抱き起こして叫ぶシーンが、とても鮮やかだった記憶がある。もともと器用な子だけど、恋人の死に向き合う局面で、女優として何かを乗り越えたんじゃないかな」と話している[11]。また桜田が死んだ西城を抱き抱えるシーンでは、桜田が人差し指を自分の唇にあてたあと、西城の唇にあてるシーンもあり、桜田は「西城さんのファンが怖い」と怖気づいたが、ディレクターに強要され、見学の西城のファンに「ファンの方ごめんなさいネ」とお詫びして間接キスをした[16]。収録を終えた西城は「あんまり騒ぎがすごいんで、おちおち死んでもいられなかったよ。呼吸も乱れて動悸がして困りました」などと話した[20]

    主題歌を担当し、出演も告知されていた吉田拓郎[14]、第8話(7月25日放送回)にゲスト出演[14]。当時の拓郎はフォーライフ・レコードの設立につま恋コンサートと芸能界一ともいえる時の人だったが[14]、テレビ嫌いで通っていたため、久しぶりのテレビ出演に注目度も高かった[14]。設定は原宿ペニーレーンで、店員役の山田パンダに「飲み代ツケにしろ」などと迫り、さんざん飲んだ挙句、勘定も払わず店を出るという実生活に近いもの[14]。撮影はペニーレーン設定のTBSのスタジオで収録された[14]

    主題歌を歌った山田パンダも、原宿ペニーレーンのマスター役でレギュラー出演[2]1970年代後半から、武田鉄矢泉谷しげる長渕剛といったニューミュージック系のミュージシャンが本格的に俳優業に進出するが、その先駆け的ドラマでもある。

    視聴率

    初回視聴率は7.6%と振るわず[23]。ヤングアイドル歌手(原文ママ)を起用したが予想外の低視聴率にTBSは「まだスタートしたばかり、勝負はこれからですよ」と強気だったが[23]裏番組の『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)を打ち負かすには至らず[11]。当初の放送予定回数は全26回だったが、視聴率の低迷により、全17回に短縮された[11]。しかし、演出・堀川敦厚らが果たせなかった「金曜20時戦争」の悲願は、1979年に始まった『3年B組金八先生』によって達成される。それは同時に「新御三家」や「高2トリオ(当時)」から、アイドルの主流が「たのきんトリオ」ら「80年代組」に移行したことの象徴でもあった[11]