いちばん星
ジャンル ドラマ
原作 結城亮一
脚本 宮内婦貴子
出演者 高瀬春奈五大路子
伴淳三郎
富田恵子
木内みどり
柳生博
津川雅彦
ナレーター 三国一朗
時代設定 明治時代〜昭和時代
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年4月4日 - 10月1日
放送時間 15分
回数 156[1]
テンプレートを表示

いちばん星』(いちばんぼし)は、1977年昭和52年)4月4日から同年10月1日まで放送されたNHK朝の連続テレビ小説第19作目。

特徴

昭和の流行歌手第1号となった佐藤千夜子の半生をフィクションを交えて描いた。NHKには全話のビデオテープが現存するが、第1話と最終話以外は家庭用VTRで録画されたものである。完全版・総集編共にDVDは未発売。

連続テレビ小説として、実在する人物の生涯、半生をモデルにするのは『おはなはん』の前例があり、その後も複数制作されているが、放送時点で故人となっていた人物が主人公のモデルとして扱われたのは当時としては異例であった(2011年度下半期の『カーネーション』以降、実在人物が主人公のモデルとなった作品はいずれも放送時点で故人となった人物がモデルとして取り上げられている〈2019年度下半期の『スカーレット』における神山清子[2]のように、主人公の「モデルではなく、生き様を参考にした[3]」とされる人物は除く〉)。

スタッフ