おろかもの之碑
おろかもの之碑の位置(群馬県内)
おろかもの之碑
群馬県における
「おろかもの之碑」の位置

おろかもの之碑(おろかもののひ)は、群馬県吾妻郡中之条町にある石碑である[1][2][3][4]太平洋戦争侵略戦争遂行に協力したとして公職を追放された吾妻郡内の地方指導者たちによって、1961年昭和36年)に建立された[1][2][5][6]。上からの指示をただ愚直に遂行した自分たちは「おろかもの」であったとして「再びこの過ちを侵すことなきを願い」建立されたが[2][6][7]、碑の特異な名称もあって賛否を巻き起こした[2][8][9][10]

概要

群馬県吾妻郡中之条町の林昌寺の門前に立つ[9][11]、縦43[3](1.3メートル[12])、横2尺5寸[3](70センチメートル[5][12])の仙台石で作られた石碑である[5][12]。碑の裏面には建立の趣旨と、建立した「あづま会」の会員82名[注釈 1]の氏名が刻まれている[5][12][15]

建立したあづま会は、太平洋戦争中に大政翼賛会大日本翼賛壮年団在郷軍人会などの吾妻郡内の組織の指導者を務めたために1947年昭和22年)に公職を追放された者の親睦組織である[3][7][16][17]。あづま会は、自分たちの経験が風化することを恐れ、追放解除から10年を記念して1961年(昭和36年)12月8日にこの碑を建立した[5][6][7][18]。彼らは、戦争中に町村長などを務めていたためにそうした組織の要職を委嘱された者であったが[15]、自分たちは与えられた役職をただ愚直に遂行した「おろかもの」であったとして、「おろかものの実在を後世に伝え、再びこの過ちを侵すことなきを願い」、碑は「おろかもの之碑」と名付けられた[2][6][7]

おろかもの之碑は当初同町内の大国魂神社(英霊殿)脇に建立されたが[1][9][10][19]、「おろかもの」の語が「英霊を侮辱するもの」として地元の遺族会などからの強硬な抗議によって移転を余儀なくされ、現在地に移転した[2][10][20]

建立当初から、その特異な名称もあって全国に報道され賛否両論を巻き起こし[2][8][9][10]、その後も建立者の思惑を超えて、様々な立場からの評価がなされている[2][21]保阪正康は、地元での建立者たちへの批判的な空気と碑への無関心をあげて、「その碑の存在をなんらかの形で知った第三者が、勝手にイメージを増幅して、反戦、非戦の機縁としているだけではないか」と指摘している[22]

碑文

碑は、浅間焼石の土台の上に据えられた[3][5][12][23]縦43[3](1.3メートル[12])、横2尺5寸[3](70センチメートル[5][12])の仙台石[5][12]、表に「おろかもの之碑」と大書され[3][9][12]、裏面に以下の建立の趣旨とともにあづま会会員82名の氏名が刻まれている[5][15][12]。碑銘の揮毫は参議院議員木暮武太夫[5][24]、撰文は群馬県議会図書室長だった萩原進[5][17][25]。ともに公職追放の経験者である[5]

昭和十二年七月七日ノ支那事変ハツイニ昭和十六年十二月八日大東亜戦争トナル日本ノ運命ヲ決スル危機ニ際シ我々ハ当時ノ職務上或イハ一方的委嘱状ニヨツテ一律ニソレゾレ大政翼賛会翼賛壮年団在郷軍人分会ノ郡町村責任者トナツタガ敗戦後占領政策ニヨリ其ノ職ニ在ツタ者ハスベテ戦争犯罪人トシテ昭和二十二年二月ヨリ一切ノ公職カラ追放サレタ本意ナキ罪人ハ互ニソノ愚直ヲ笑イ合ツタ昭和二十六年八月全員解除サレルヤあづま会ヲ設立シテ今日モナオ旧交ヲ持シ郷土吾妻ノタメニ聊ノ報恩ヲ期シテイル創立十周年ニ際シおろかものノ実在ヲ後世ニ伝エ再ビコノ過チヲ侵スコトナキヲ願イ卑名ヲ下記ニ列ネテ碑ヲ建テル

昭和三十六年十二月八日
あづま会建之[11]

沿革

建立の経緯

1947年昭和22年)、公職追放令が改正されて対象が拡大し、太平洋戦争中に大政翼賛会大日本翼賛壮年団在郷軍人会で支部長・分会長などを務めた地方指導者が、侵略戦争遂行に協力した戦争犯罪人として公職を追放された[7][15][26]群馬県吾妻郡内の14町村では86名が対象となった[15]。こうした者たちは1951年(昭和26年)には追放が解除されたが[6][15][26]、吾妻郡内の公職追放者は解除後、地元紙西毛新聞社社長の富沢碧山[注釈 2]の呼びかけで[18]「あづま会」という名の親睦組織をつくり、年に数度集まって旧交を温めていた[3][7][18][16]

1961年(昭和36年)、設立10周年を迎えたあづま会は、自分たちの経験を風化させないよう記念碑の建碑を計画した[5][6][7][18]。4月29日に記念碑建立の話が話題に上り[12]、8月15日に再度集まって正式に決定[12]。9月15日に富沢を中心とした碑建設委員会で詳細を詰めると[12][20]、建設は迅速に進んでいった[20]

あづま会の会員の多くは、当時町村長などを務めていたために委嘱状によって一方的に要職を押し付けられた者であったが、それでも国策に従って与えられた職責を果たそうと努めた者たちだった[15]。こうした経緯から碑の名称を決める段階で「戦犯の碑」[18]「受難の碑」[18][27]「不本意の碑」などの案が上がったが[27]、吾妻郡出身で群馬県立図書館長だった萩原進[注釈 3]の命名で「おろかもの之碑」と決まった[18][19][28]。費用は82名の会員が一人1,000円ずつ出し合った[注釈 4][5][18]

おろかもの之碑は日清戦争以来のこの地域の戦死者を祀る英霊殿と呼ばれた同郡中之条町の大国魂神社の境内に建立された[1][5][6][9][19]。自分たちが「おろかもの」であったことの一番の被害者は戦争に駆り出されて死んだ戦没者たちだとの考えからであった[6][9]。同年12月8日の開戦記念日に除幕式が行われた[1][5][15][19]

移転

除幕式の様子は、全国に向けて、テレビやラジオ、新聞で[4][20]、「地方指導者の痛烈な戦争責任感の表明」として報じられた[2]。しかし、その反応は賛否両論であった[2][15]

あづま会のもとには、「あのような戦争がないよう、私たちはおろかものだったというところからスタートしていくべきです」という戦争未亡人からの手紙や[24]、「祝愚者の碑、ラジオで聞き感激」といった声が届いた[29]

一方、「当時の全日本人が反戦者以外、”おろかもの”と言うことになります。生き残った者は、好き放題な理屈を言えますが、死んだものまで”おろかもの”扱いにされるのは気の毒です」「戦争中は、全国民の90%以上が国に協力した筈だ。(中略)まじめに協力したものこそ忠良なる国民ではないか」などといった批判的な意見も寄せられた[29]。強硬に反発したのは神社本庁[20]地元の吾妻郡遺族会であった[5][6][9][20][24]。遺族会は「おろかもの」などという碑を大国魂神社に建立したのは英霊に対する冒涜であるとして[6][9][30]移転を迫った[30]。あづま会の関係者らは、「おろかもの」とは戦死者のことではなく自分たちのことであり、自分たちが「おろかもの」であったために戦争で死なせてしまったという反省の碑であると説明し、誤解であると訴えた[6][9]。しかし、遺族会は納得せず[6][9]、土地所有者である町長に撤去の要望書を提出[30]。町長が仲裁に入る事態となった[30]

林昌寺(「萬國戦死者供養塔」はおろかもの之碑とは別[12]
ウィキメディア・コモンズには、林昌寺に関するカテゴリがあります。

この事態を受けてあづま会内部でも議論となり、「正式の手続きを踏んで建設したもので、遺族会からとやかくいわれるすじはない」[30]「我々自身のおろかさを反省するもので、抗議は筋違いだ」などとする意見も出たが[20]、最終的には「わしらがもう一度おろか者になればいいんじゃ」の声で移転を決めた[2][20]。あづま会会長が檀家総代を務める[20]林昌寺に頼み込み[20][31]、その門前に自らリヤカーを引いて[20]移転した[9][20]。あづま会は、1963年昭和38年)2月11日に移転祝いを行った[31]

脚注

[
  1. ^ 碑に氏名が刻まれているあづま会会員の人数については、82名とするもののほか、81名[1][13]、83名[6]、85名[2][14]とする資料もある。
  2. ^ 富沢自身は公職追放にはなっていない[18]
  3. ^ 萩原自身はあづま会の会員ではない[18]
  4. ^ 費用負担を断り名が刻まれなかった会員も4名いたという[18]

出典

  1. ^ a b c d e f 『金石文化』 1961, p. 32.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 小田ほか 1973, p. 381.
  3. ^ a b c d e f g h i 佐々木 1976, p. 434.
  4. ^ a b 保阪 1982, p. 359.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 関 1983, p. 281.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 藤井 2017.
  7. ^ a b c d e f g 陣野 1992, p. 218.
  8. ^ a b 関 1983, pp. 281-282.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 陣野 1992, p. 219.
  10. ^ a b c d 『上州風』 2001, p. 37.
  11. ^ a b 『上州風』 2001, p. 36.
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n 保阪 1982, p. 360.
  13. ^ 『上州風』 2001, p. 48.
  14. ^ 佐々木 1976, p. 433.
  15. ^ a b c d e f g h i 『新週刊』 1961, p. 92.
  16. ^ a b 保阪 1982, p. 363.
  17. ^ a b 『上州風』 2001, p. 39.
  18. ^ a b c d e f g h i j k 『新週刊』 1961, p. 93.
  19. ^ a b c d 保阪 1982, p. 364.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l 佐々木 1976, p. 435.
  21. ^ 佐々木 1976, p. 440.
  22. ^ 保阪 1982, p. 371.
  23. ^ 『上州風』 2001, p. 44.
  24. ^ a b c 保阪 1982, p. 366.
  25. ^ 保阪 1982, pp. 364-365.
  26. ^ a b 保阪 1982, p. 361.
  27. ^ a b 佐々木 1976, p. 438.
  28. ^ 陣野 1992, pp. 218-219.
  29. ^ a b 佐々木 1976, p. 437.
  30. ^ a b c d e 関 1983, p. 282.
  31. ^ a b 保阪 1982, p. 367.

参考文献