新幹線N700系電車 > のぞみ34号重大インシデント
のぞみ (列車) > のぞみ34号重大インシデント
のぞみ34号重大インシデント
発生日 2017年12月11日
発生時刻 17時3分頃に発覚
日本の旗 日本
場所 名古屋駅
愛知県名古屋市中村区
路線 東海道山陽新幹線
運行者 西日本旅客鉄道東海旅客鉄道
事故種類 重大インシデント
原因 台車の亀裂
統計
死者 なし
負傷者 なし
その他の損害 12月17日までJR東海東海道新幹線名古屋駅14番線が閉鎖
テンプレートを表示

のぞみ34号重大インシデントでは、2017年(平成29年)12月11日東海道山陽新幹線のぞみ34号のN700系車両で発生した重大インシデントについて詳説する。

概要

2017年12月11日、「のぞみ34号」(博多駅13時33分発東京駅行き)で運転中のN700系5000番台K5編成(西日本旅客鉄道(JR西日本)博多総合車両所所属、川崎重工業製)は定刻通り博多駅を発車した。 発車直後の13時35分、客室乗務車掌が13号車のデッキで甲高い音を感じた[1]。 車掌長が客室乗務車掌とともに当該音を確認したが、通常と変わりがないと感じた[1]。 その後、小倉駅から広島駅間を走行中に客室乗務車掌とチーフパーサー、パーサーAが 7号車・8号車の近くで鉄を焼いたような臭気を感じ、車掌長とともに確認したが車掌長は「そういえば臭気がするな」といった認識であった[1]。 同駅間で客室乗務車掌は、またもや13号車のデッキで甲高い音を感じている[1]。 14時18分に車掌長は運用指令員に、7号車・8号車から臭気がする旨を報告した[1]。 運用指令員は車掌長に対し、他に異常な音がないか及び旅客からの申告の有無を尋ねた[1]。 それに対し車掌長は、他に異常な音はない旨、旅客からの申告もない旨を報告した[1]。 14時26分、運用指令員は車掌長に対し、7号車・8号車から臭気があることを再度確認した上で、他に気がかり事がないかを確認すると車掌長は「ない」と答えた[1]。 14時29分、客室乗務車掌は11号車の車販準備室の前の通路において、焦げのような臭気を感じた[1]。 広島駅到着直前の14時30分に運用指令は、岡山支所の車両保守担当当直に対し、車内で臭気がある旨を伝達し、車両保守の担当社員の乗車を手配した[1]。 その後、岡山駅でJR西日本・博多総合車両所岡山支所の車両保守の係員が添乗して確認したところ、編成の一部でモーターの異音を認識、係員が「次の駅で列車を止めて点検したらどうか」と提案したものの、東京・新幹線総合指令所の輸送指令が「運行に影響なし」と判断し、そのまま運転を続行した。

その後、新大阪駅で乗務員が東海旅客鉄道(JR東海)の乗務員に交代し、JR東海の輸送指令が「念のため」と異臭の確認指示を出したところ、車掌京都駅を過ぎたところで異臭を報告したため、名古屋駅14番線ホームに到着後、JR東海・名古屋車両所の係員が床下の点検を行った(17時3分ごろ)。その結果、13号車(東京駅側から4両目、車両番号785-5505)東京寄りの台車周辺(歯車箱付近)に油漏れを発見。当該編成は名古屋駅での運転中止を決定、乗客は全員、後続便に振り替えた[2]

その後、さらに車両を調べたところ、13号車東京寄りの動力台車にある「WN継手三菱電機製)」が焦げたように変色し、ギアボックス(新日鉄住金製)には油が付着、また台車の枠組み部分(JFEスチール製鋼材)に亀裂が発見された[3][4]

12月12日、JTSB(国土交通省運輸安全委員会)は、脱線事故に繋がる危険性があると判断。この案件を新幹線鉄道としては史上初の「重大インシデント」として認定した[5][6][7][8]

車両の回送

この事故を受けて閉鎖された名古屋駅14番線を再開させるには、車両を3 km西にあるJR東海・名古屋車両所回送しなければならないが、亀裂の入った台車のまま3 kmの距離を回送させると脱線の危険があることから、JR東海は、名古屋駅にて以下の工程で3日間かけて台車を交換した上で回送することとした[9]