はやかけん
現地表記 はやかけん
導入 2009年
規格
通貨 日本円 (最高チャージ金額20,000円)
プリペイド機能 あり
有効期限 10年
自動チャージ なし
取扱事業者
  • 福岡市交通局(福岡市営地下鉄)
販売場所
  • 自動券売機
はやかけんが使える自動改札機
姪浜駅
はやかけん対応の自動券売機
藤崎駅

はやかけんは、福岡市交通局(福岡市地下鉄)が2009年(平成21年)3月7日から導入したサイバネ規格ICカード乗車券である。福岡市の登録商標(第5175032号ほか)である。

2017年(平成29年)9月1日に発行枚数が100万枚を突破した[1]

概要

「タッチ&ゴー」の動き

地下鉄での利用、将来的に他IC乗車券との相互利用を開始すると同時に導入する電子マネー機能など、=速くて =優しくて(環境や人に) =快適な けん=券(カード) であることを、「速いから」という意味の博多弁「速かけん」にかけた名称であると発表している[2]。全国相互利用サービス対応のICカード乗車券としては唯一ひらがな表記となっている。

「はやかけん」自体のキャラクターは特になく、カードには「はやかけん」の文字とともに、福岡市地下鉄のキャラクター「ちかまる」のイラストがデザインされている。

カードの裏面の右下に記載の番号は「FC」で始まる15桁の英数字であるが、この「FC」は福岡市営地下鉄のアルファベット表記「Fukuoka Chikatetsu(Citysubway)」の頭文字を採ったものである。

沿革