ひたちなかし
ひたちなか市
Hitachi Seaside Park 2018.jpg
国営ひたち海浜公園・みはらしの丘に咲くネモフィラ
Hitachinaka Ibaraki chapter.JPG Hitachinaka Ibaraki chapter.JPG
ひたちなか市旗
1994年11月1日制定
ひたちなか市章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
市町村コード 08221-0
法人番号 7000020082210 ウィキデータを編集
面積 99.96km2
総人口 154,632[編集]
推計人口、2020年6月1日)
人口密度 1,547人/km2
隣接自治体 水戸市那珂市東茨城郡大洗町那珂郡東海村
市の木 イチョウ
市の花 ハマギク
市の鳥 ウグイス
ひたちなか市役所
市長 大谷明
所在地 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川二丁目10番1号
北緯36度23分48.1秒東経140度32分4.8秒
ひたちなか市役所
外部リンク 公式ウェブサイト

ひたちなか市位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項 市外局番 : 029(市内全域)
 表示 ウィキプロジェクト

ひたちなか市(ひたちなかし)は、茨城県の県北(けんぽく)地域の南端に位置する[1]1994年平成6年)11月1日勝田市那珂湊市が合併して発足した。

概要

旧勝田市は日立製作所企業城下町として発展した工業都市であり、市民の多くが日立製作所と関連企業に勤め、現在でもその割合は高い。水戸市のベッドタウンでもあり、郊外型店舗が進出している。また、北関東自動車道の起点である茨城港常陸那珂港区の整備が進んでいる。

旧那珂湊市は水産業を主な産業とし、また、観光資源としては平磯海水浴場・姥の懐(うばのふところ)マリンプールの他に阿字ヶ浦という有名海水浴場を持つ。かつてはサーファーが多く集まり賑わったが、最近は茨城港の開発の結果、阿字ヶ浦は海岸が侵食傾向にあり、毎年砂を補充している。

ひたちなか地区にある国営ひたち海浜公園を軸に、2000年よりROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロックインジャパン・フェスティバル)などの音楽イベントも多く行われている。

地理

茨城県の中央部からやや北東、水戸市の東隣に位置する。南部の那珂川周辺および東部の太平洋沿岸の低地地区と、那珂台地と呼ばれる平坦な台地地区から成り、全域が関東平野に属する。

  • 河川:那珂川、中丸川
  • 海浜:平磯海岸、磯崎海岸、阿字ヶ浦海岸

市名の由来

旧国名の「常陸」の中心に位置することと、かつて那珂郡に属していた地域であることにちなむ[2]

平成の大合併における勝田市と那珂湊市の合併協議当時、漢字表記の「常陸那珂市」、二つ合わせた「勝田湊市」、人口の多い「勝田市」の案、また「いばらき市」「なか市」なども候補に挙げられた[3]が、つくば市に続く茨城県では2番目のひらがな市名に落ち着いた[2]

隣接している自治体