この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はソアレス第二姓(父方の)はマルチンスです。
アドリアーノ・マルチンス
基本情報
本名 アドリアーノ・ソアレス・マルチンス
(Adriano Soares Martins)
通称 神の子の家庭教師
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1982-12-16) 1982年12月16日(37歳)
出身地 アマゾナス州マナウス
所属 シュートボクセ・アカデミー
KRAZY BEE
→トップライフ・アマゾナス
アメリカン・トップチーム
身長 179cm
体重 70kg
リーチ 183cm
階級 ライト級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

アドリアーノ・マルチンスAdriano Martins1982年12月16日 - )は、ブラジル男性総合格闘家アマゾナス州マナウス出身。トップライフ・アマゾナス所属。第2代Jungle Fightライト級王者。アドリアーノ・マルティンスとも表記される。

山本"KID"徳郁が所属するKRAZY BEEの柔術コーチを務めていた。神の子(KID)に柔術を教えていることから、DREAMでは「神の子の家庭教師」と紹介された。

来歴

17歳の時よりカリオカ・チーム柔術でブラジリアン柔術を学び始め、のちにシュートボクセ・アカデミーに移籍した。

2004年3月7日、地元マナウスでのGladiator of the Jungle 1のトーナメントで総合格闘技デビューし、優勝を果たした。

2004年6月20日、Amazon Fightに出場し、グレイゾン・チバウに判定負け。

2004年7月、世界柔術選手権の紫帯アブソルート(無差別)級で優勝を果たした。

2006年7月、世界柔術選手権の黒帯レーヴィ (-73kg) 級に出場し、3位に入賞した。

2008年5月に来日、KRAZY BEEの柔術コーチに就任。また、愛知県で行われたドゥマウ柔術インターナショナルカップの黒帯メイオペサード級に出場、共にコーチを務めるベッチーニョ・ヴィタウに決勝で敗れている。

2008年9月23日、DREAM初参戦となったDREAM.6中村K太郎と対戦し、1-2の判定負け。

2013年1月12日、Strikeforce: Marquardt vs. Saffiedineジョルジ・グージェウと対戦し、判定勝ち。

UFC

2013年11月9日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Belfort vs. Hendersonダロン・クルックシャンクと対戦し、ストレートアームバーで勝利。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年1月25日、UFC on FOX 10でライト級ランキング8位のドナルド・セラーニと対戦し、右ハイキックでKO負け。

2013年11月9日、The Ultimate Fighter 19 Finaleでフアン・マヌエル・プイグと対戦し、KO勝利。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年2月22日、UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mirでライト級ランキング14位のルスタム・ハビロフと対戦し、2-1の判定勝ち。

2015年10月3日、UFC 192でイスラム・マカチェフと対戦し、右フックでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

戦績

総合格闘技 戦績
37 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
28 13 3 12 0 0 0
9 3 0 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ケイジャン・ジョンソン 3R 0:49 KO(右フック) UFC 215: Nunes vs. Shevchenko 2 2017年9月9日
× レオナルド・サントス 5分3R終了 判定1-2 UFC 204: Bisping vs. Henderson 2 2016年10月8日
イスラム・マカチェフ 1R 1:46 TKO(右フック) UFC 192: Cormier vs. Gustafsson 2015年10月3日
ルスタム・ハビロフ 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mir 2015年2月22日
フアン・マヌエル・プイグ 1R 2:21 KO(右フック) The Ultimate Fighter 19 Finale 2014年7月6日
× ドナルド・セラーニ 1R 4:40 KO(右ハイキック) UFC on FOX 10 : Henderson vs. Thomson 2014年1月25日
ダロン・クルックシャンク 2R 2:49 ストレートアームバー UFC Fight Night: Belfort vs. Henderson 2013年11月9日
ジョルジ・グージェウ 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Marquardt vs. Saffiedine 2013年1月12日
ジミー・ドナヒュー 1R 1:02 TKO(パンチ連打) Jungle Fight 37
【Jungle Fightライト級タイトルマッチ】
2012年3月31日
ネイウソン・ゴメス 1R 1:21 TKO(パンチ連打) Jungle Fight 34
【Jungle Fightライト級王座決定戦】
2011年11月26日
マルシオ・エンリケ・カスタンヘイラ 1R フロントチョーク Mr. Cage 6 2011年9月30日
ジエゴ・ブラガ 5分5R終了 判定3-0 WFE 10: Platinum
【WFEライト級王座決定戦】
2011年9月16日
× フランシスコ・トリナウド 5分3R終了 判定0-2 Jungle Fight 30
【Jungle Fightライト級タイトルマッチ】
2011年7月30日
ジャミウ・シウヴェイラ 2R 2:19 TKO(パンチ連打) Mr. Cage 5 2011年4月29日
ホニウド・アウグスト 1R 2:54 TKO(パンチ連打) Jungle Fight 27
【Jungle Fightライト級王座決定戦】
2011年4月21日
ニルソン・アスンソン 1R TKO(コーナーストップ) Jungle Fight 26 2011年4月2日
ホニス・トーヘス 5分3R終了 判定3-0 Amazon Show Combat 2010年9月9日
ペドロ・イリエ 5分3R終了 判定2-1 Max Fight 7: Rally Brazil 2010年7月24日
ディラン・クレイ 5分3R終了 判定3-0 VTC: Brazil vs. USA 2010年3月6日
× ジャミウ・シウヴェイラ 5分3R終了 判定1-2 VF 1: Vision Fight 2009年12月20日
ダニエウ・トリンダージ 5分3R終了 判定3-0 Roraima Show Fight 5 2009年7月12日
ルイス・サッポ 5分3R終了 判定2-1 Hero's The Jungle 3 2009年5月9日
× 中村K太郎 2R(10分/5分)終了 判定1-2 DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 2008年9月23日
× ホニス・トーヘス 2R KO(パンチ連打) Hero's the Jungle 2 2008年4月7日
ジエゴ・ブラガ 5分3R終了 判定3-0 Amazon Challenge 2 2008年3月1日
ミシェウ・バストス 1R 4:24 TKO Hero's the Jungle 2007年10月13日
ジュリアン・ソアレス 3R 1:19 KO Cassino Fight 4 2007年9月15日
ルシアノ・アゼベド 5分3R終了 判定2-1 Cassino Fight 3 2007年4月21日
スティーブ・レイナ 2R 0:35 チョークスリーパー Jungle Fight 6 2006年4月29日
ダニエウ・トリンダージ 2R KO(膝蹴り) Roraima Kombat 2006年4月8日
ジョルジ・クレイ 3R 1:40 TKO(パンチ連打) Amazon Ultimate Fight 2005年6月4日
ダニエウ・トリンダージ 2R KO Roraima Combat 1 2005年4月8日
× グレイゾン・チバウ 5分3R終了 判定0-3 Amazon Fight 2004年6月20日
× ボリス・ジョンストンプ 5分3R終了 判定 Jungle Fight 2 2004年5月15日
エリッキ・カルドーゾ 10分1R終了 判定3-0 Gladiator of the Jungle 1
【決勝】
2004年3月7日
ホベルト・パト 1R 4:53 KO(パンチ連打) Gladiator of the Jungle 1
【準決勝】
2004年3月7日
ルーカス・ロペス 10分1R終了 判定3-0 Gladiator of the Jungle 1
【1回戦】
2004年3月7日

獲得タイトル

  • 世界柔術選手権 青帯レーヴィ級 優勝(2003年)
  • Gladiator of the Jungle 1 優勝(2004年)
  • 世界柔術選手権 紫帯アブソルート級 優勝(2004年)
  • 世界柔術選手権 黒帯レーヴィ級 3位(2006年)
  • 第2代Jungle Fightライト級王座(2011年)
  • WFEライト級王座(2011年)
  • 第4代Jungle Fightライト級王座(2011年)

表彰

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • 柔道 茶帯
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(2回)

関連項目