アーヘンの和約
Europe 1748-1766 en.png
アーヘンの和約締結後のヨーロッパ(1748年 - 1766年)
通称・略称 第二次アーヘン和約
起草 1748年4月24日
署名 1748年10月18日
署名場所 アーヘン
締約国 イギリス、フランス、オランダ、ボヘミア、ハンガリー、スペイン、モデナ、ジェノヴァ共和国
主な内容 オーストリア継承戦争講和条約
関連条約 アーヘンの和約 (1668年)
テンプレートを表示

アーヘンの和約(アーヘンのわやく、西: Tratado de Aquisgrán, : Traité d'Aix-la-Chapelle, : Frieden von Aachen, : Treaty of Aix-la-Chapelle, : Vrede van Aken, : Trattato di Aquisgrana)は、ドイツアーヘン(エクス=ラ=シャペル)で1748年に結ばれたオーストリア継承戦争講和条約

第二次アーヘン和約とも称される(第一次は1668年の和約)。

締結の経緯

1748年4月24日、オーストリア継承戦争を終結させるためにアーヘンで講和会議が開催された[1]

4月30日から5月21日にかけて、予備条約がイギリス、フランス、オランダの間で合意され、ボヘミア女王兼ハンガリー女王マリア・テレジア、スペイン王フェルナンド6世モデナ公フランチェスコ3世・デステジェノヴァ共和国もそれに同意した[1]。条約は最終的には10月18日に締結された[1]

サルデーニャ王カルロ・エマヌエーレ3世は予備条約には同意したが、最終条約にはヴォルムス条約英語版が保証されないとして同意しなかった[1]

内容

条約の表紙
  • 占領地の返還[1]ニューイングランド植民地軍が占領したロワイヤル島(現ケープ・ブレトン島)のルイブール要塞がフランスに返還された。またマドラスがフランスからイギリスに、防壁条約で定められた要塞都市がフランスからオランダに返還された[1]
  • スペインのフェリペ王子パルマ公国・ピアチェンツァ公国グアスタッラ公国を獲得する[1]
  • モデナ公とジェノヴァ共和国はその地位を回復する[1]
  • 1713年3月16日に締結されたイギリスのアシエント契約が更新される[1]
  • 1718年の条約で定められたプロテスタントによるイギリス王位継承の条項を更新する[1]
  • 神聖ローマ皇帝フランツ1世の承認[1]
  • 国事詔書の承認。すなわち、マリア・テレジアハプスブルク家相続権を容認する[1]
  • 和約締結を祝う1749年春の花火大会。花火大会の準備として、ヘンデル王宮の花火の音楽の作曲を依頼された。

    スペインはアシエントの条項に異議を唱え、1750年10月5日にイギリスとマドリード条約を結びなおした[1]。条約により、イギリスは10万ポンドの獲得を代償にアシエントの請求を放棄した[1]

    脚注

    1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Aix-la-Chapelle, Congresses of" . Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.

    関連項目