イチョウ
Ginkgo Biloba Leaves - Black Background.jpg
イチョウの葉
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 EN.svg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 維管束植物 Tracheophyta
階級なし : 大葉植物 Euphyllophyta
階級なし : 種子植物 Spermatophyta
: 裸子植物門 Gymnospermae
(イチョウ植物門 Ginkgophyta)
: イチョウ綱 Ginkgoopsida
: イチョウ目 Ginkgoales
: イチョウ科 Ginkgoaceae
: イチョウ属 Ginkgo
: イチョウ G. biloba
学名
Ginkgo biloba L. (1771)[1][2]
和名
イチョウ
英名
Ginkgo, Maidenhair Tree
変種栽培品種
黄葉した秋のイチョウ

イチョウ銀杏[3][4]公孫樹[3][4]鴨脚樹[3][4][5]学名Ginkgo biloba)は、裸子植物落葉性の高木である[6]。日本では街路樹や公園樹として観賞用に[6][7][8][9]、また寺院や神社の境内に多く植えられ[6][7][8]、食用[7]、漢方[10][11]、材用[12]としても栽培される。樹木の名としてはほかにギンキョウ(銀杏)[13]ギンナン(銀杏)[4]ギンナンノキ[14]と呼ばれる。ふつう「ギンナン」は後述する種子を指す[9][15]ことが多い。

街路樹など日本では全国的によく見かける樹木であり[9]、特徴的な広葉を持っているが広葉樹[註 1]ではなく[16]、裸子植物ではあるが針葉樹ではない[16]

世界で最古の現生樹種の一つである[10]。イチョウ類は地史的にはペルム紀に出現し[17][18]中生代(特にジュラ紀[19])まで全世界的に繁茂した[7][18][20]。世界各地で葉の化石が発見され、日本では新第三紀漸新世[18]山口県の大嶺炭田からバイエラ属 Baiera[21]、北海道からイチョウ属の Ginkgo adiantoides Heer. などの化石が発見されている[22]。しかし新生代に入ると各地で姿を消し日本でも約100年前に絶滅したため[17]、本種イチョウが唯一現存する種である[18]。現在イチョウは、「生きている化石[23]として国際自然保護連合 (IUCN)のレッドリスト絶滅危惧種 (Endangered)に指定されている[1]

種子(あるいはそのうち内種皮および胚珠)を銀杏(ぎんなん)というが、しばしばこれは「イチョウの“実”」と呼ばれ、食用として流通している[3][9][24]。銀杏は、中毒を起こし得るもので死亡例も報告されており、摂取にあたっては一定の配慮を要する(詳しくは後述)。

名称・呼称

「イチョウ」

中国語で、葉の形をアヒルの足に見立てて鴨脚と呼ぶので、そこから転じたとする説がある[3][14][20]。加納 (2008)では、「鴨脚」の中世漢語 ia-kiauの訛りであるとされる[24][25]。しかし、室町時代の国語辞典『下学集』では、「銀杏」の文字に「イチヤウ」および「ギンキヤウ」と振り、その異名に挙げる「鴨脚」には「アフキヤク」と振られており、イチヤウはあくまでも銀杏の音としてギンキヤウと併記され、鴨脚の音とはされていない[26]。なお、鴨脚の名は中国では11世紀の梅堯臣1002年 - 1060年)や欧陽脩1007年 - 1072年)の詩に見られ、その種子は「鴨脚子」と呼ばれていた[27]

それに対し、「イチョウ」の語は「銀杏」の代の近古音唐音)が転じたものとする説もある[3][13]1481年頃に成立した一条兼良の『尺素往来』や1486年の『類集文字抄』、1492年頃の『新撰類聚往来』にも「鴨脚」はなく、「銀杏」に「イチヤウ」とのみ振られており、これを支持する[26][27]。「いちょう」の歴史的仮名遣は「いちやう」であるが、もとは「いてふ」とする例が多かった[4]。この「いてふ」という仮名は「一葉」に当てたからだとされる[3]。1450年頃に成立した『長倉追罰記』には幔幕に描かれた家紋について「大石の源左衛門はいてうの木」と表記される[27]

「ギンナン」

種子は銀杏(ギンナン)と呼ばれるが、11世紀前半に上記「鴨脚子」から入貢のため改称され、用いられるようになったと考えられる[27]。明代李時珍著『本草綱目』に記載されている「銀杏」は、銀杏の初出が呉端の『日用本草』(1329年)であるとする[28]。漢名の「銀杏」は種子が白いためである[24]。「銀杏」の中世漢語iən-hiəngであり[25]、銀杏の唐音である『ギンアン』が転訛し(連声)、ギンナンと呼ばれるようになったものと考えられる[13][24]

学名