ウグイス
Cettia diphone.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ウグイス科 Cettiidae
: ウグイス属 Horornis
: ウグイス H. diphone
学名
Horornis diphone
(Kittlitz1830)
シノニム

Cettia diphone
(Kittlitz1830)[2]
Horeites diphone
(Kittlitz1830)

和名
ウグイス(鶯)
英名
Japanese Bush Warbler
Japanese Nightingale
亜種

詳細は本文参照

ウグイス(鶯、学名: Horornis diphone)は、スズメ目ウグイス科ウグイス属の1種である[3]

「ホーホケキョ」と大きな声でさえずる。日本三鳴鳥の1つ。山梨県福岡県の県鳥であり、日本の多数の市町村などの自治体指定の鳥である。

特徴

分布

種の範囲の定義により、分布域は多少変化するが、大まかにいって東アジアに生息する。

現代的な分類でのウグイス(マンシュウウグイスを含みチョウセンウグイスを含まない)は、日本南西諸島を含む)、サハリン、東部・中部中国で繁殖し、南部・東南部中国、台湾東南アジアで越冬する[4]

伝統的な(2000年代までの)分類に基づく場合、「広義の (sensu lato) ウグイス」(チョウセンウグイスも含む)の繁殖地には南東シベリア中国東北部朝鮮半島が加わる。「狭義の (sensu stricto) ウグイス」(マンシュウウグイスも含まない)は、日本(南西諸島を含む)とサハリンのみで繁殖し、南部・東南部中国、台湾で越冬する[5]

ハワイ諸島にも分布するが、これは日本から移入されたものである。

日本ではほぼ全国に分布する留鳥。ただし寒冷地の個体は冬季に暖地へ移動する。平地から高山帯ハイマツ帯に至るまで生息するように、環境適応能力は広い。の多い林下や藪を好むが[6]、さえずりの最中に開けた場所に姿を現すこともある[7]。英名の「Bush Warbler」は藪でさえずる鳥を意味している。警戒心が強く、声が聞こえても姿が見えないことが多い[8][9][10]

形態

体長はオスが16 cm、メスが14 cmで、スズメとほぼ同じ大きさ[7][11]翼開長はオスが21 cm、メスが18 cm[7]。体色は、背中がオリーブ褐色で、腹面は白色、全体的に地味である。雌雄同色[11][12]

ウグイスの長径は1.8 cm、ホトトギスの卵の長径は2.2 cmで、色はほぼ同じで、ホトトギス托卵対象となる[12][13]