Uppsala University
Uppsala universitet
ラテン語: Universitas Regia Upsaliensis
モットー Gratiae veritas naturae
(ラテン語:恩寵と自然の真理)
モットー (英語) Truth through the grace of God and through nature
(神の恩寵と自然を通じた真理)
種別 公立
設立年 1477
予算 SEK5.9 billion[1]
学長 Prof. Eva Åkesson[2]
教員数
1,841
職員数
6,505[1]
学生総数 23,886[1]
学部生 18,733[1]
大学院生 5,153[1]
博士課程在籍者
2,427[1]
所在地 スウェーデン
ウプサラ
スクールカラー           栗色、白
コインブラ・グループ
EUA
Matariki Network of Universities
公式サイト www.uu.se
テンプレートを表示

ウプサラ大学スウェーデン語: Uppsala universitet英語: Uppsala University)は、スウェーデンウプサラにある、1477年に創設された北欧最古の大学ヨーロッパの最も権威ある高等教育・研究機関の一つであり[3]、15人の大学関係者(卒業生・教員等)がノーベル賞を受賞している[4]。 大学間及び産学協力に積極的であり、ヨーロッパやアメリカアジアなど、世界の1,000以上の大学と約3,000にのぼる共同研究を行なっており、毎年、約5,000の学術出版物が発行されている[5]

数多くの分野で世界最先端の研究を実施しており、ウプサラ生物医学センター(BMC:The Uppsala Biomedical Centre)は、生命科学に関するヨーロッパ最大の拠点の一つであり、オングストローム研究所(Ångström Laboratory)は、材料科学に関するヨーロッパ最先端研究所の一つである[6]。また、卒業生でもある第二代国連事務総長ダグ・ハマーショルドの名を冠した図書館を設置し[7]、平和と紛争研究において世界的拠点の一つである研究所を擁している[8]

主な出身者