エアーセントラル
Air CENTRAL
All Nippon Airways Logo.svg
IATA
NV
ICAO
CRF
コールサイン
AIR CENTRAL[1]
設立 1988年5月12日
ハブ空港 中部国際空港
マイレージサービス ANA Mileage Club
親会社 全日本空輸
就航地 11都市(2009年4月現在)
「運送の共同引受」により全便をANA / NH便として運航
本拠地 愛知県常滑市セントレア1-1
代表者 代表取締役社長 美土路純一
外部リンク http://www.air-central.co.jp/ [リンク切れ]
テンプレートを表示
エアーセントラル株式会社
Air CENTRAL Co., Ltd.
All Nippon Airways Logo.svg
中日本エアラインサービスのフォッカー50
中日本エアラインサービスのフォッカー50
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
479-0881
愛知県常滑市セントレア1-1
設立 1988年5月12日
業種 空運業
代表者 代表取締役社長 美土路純一
資本金 5,000万円
従業員数 185人
主要株主 全日本空輸 100%
(2009年3月31日時点)
外部リンク http://www.air-central.co.jp/ [リンク切れ]
特記事項:全日本空輸の子会社。2009年3月期全日本空輸有価証券報告書により確認。
テンプレートを表示

エアーセントラル株式会社英語:Air CENTRAL Co., Ltd.)は、かつて存在した全日本空輸(ANA)グループの航空会社。旧称中日本エアラインサービス中部国際空港をベースに、運送の共同引受にてANA便名でターボプロップ機を運航していた。

貨物搭載は実施していなかった

2010年10月、同じANAの子会社であるエアーニッポンネットワークに、エアーネクストとともに合併されANAウイングスに再編された[2]

歴史

  • 1988年5月12日 - 名古屋鉄道とANAの合弁会社中日本エアラインサービス(なかにほんエアラインサービス)として設立。
  • 2004年11月1日 - ANAの出資比率が55%となり同社の連結子会社となったことで、正式にANAグループ構成企業の一員となる。
  • 2005年2月17日 - 中部国際空港開港に合わせ、現社名に変更。ANA便名での運航を開始。
  • 2007年3月13日 - エアーセントラルが運航する大阪国際空港高知龍馬空港行きのボンバルディアDHC-8-400 (Q400) 型で前輪タイヤが降りず、緊急胴体着陸する事故が発生。この事故による死傷者はなし。なお、国土交通省は即日、同型機の運航停止と緊急点検を指示した。
  • 2009年2月1日 - この日の仙台空港発中部国際空港行きの運航をもって中日本エアラインサービス時代から運航されていたフォッカー50が完全退役[3]
  • 2009年2月 - 資本構成を変更し、全日本空輸の100%完全子会社化。
  • 2010年9月時点での機材

    • DHC-8-400 (Q400) - 2005年度より導入、エアーニッポンネットワークとの共通事業機材[4]

    過去に運航された機材

    主な就航路線

    ※全てANA便として運航 出典:ANA時刻表(2009年4月1日 - 2009年5月1日)

    DHC-8-400で運航の路線は、時期によってはエアーニッポンネットワークにて運航される場合があった。逆に上記以外の路線にも就航する場合もあった。

    塗装

    中日本エアラインサービス当時の搭乗券(2003年)

    ANAトリトンブルーの基本塗装をベースに、フォッカー50型機にはエンジンカウルに「AIR CENTRAL」のオペレーター名が追加されていた。DHC-8-Q400型機は、エアーニッポンネットワークとの共用機材であり[4]、ANA基本塗装のみの機体と、エンジンカウルにA-netとAir Centralのサブタイトルが入った機体が存在した。 中日本エアラインサービス時代は白地に、垂直尾翼からコックピット上部にかけてとレドーム、更に機体腹部が名鉄を思わせる赤に塗装されており(垂直尾翼には「N」をもじったロゴが白で記されている)、「赤鼻のポチ」と呼ばれた。またコックピットの窓の下にANAと似たフォントで青字の「NAL」のロゴが記入されていた。

    脚注

    [脚注の使い方]
    1. ^ 中日本エアラインサービス時代は"ALICE AIR"(アリスエア)を使用していた。
    2. ^ 連結子会社の合併に関するお知らせ - 全日本空輸公式サイト
    3. ^ 本来は前日1月31日の仙台発中部行きをもって退役する予定であったが、同便は悪天候で欠航したために臨時便として運航された。
    4. ^ a b 『日本の旅客機2007-2008』(2007年、イカロス出版、ISBN 978-4-87149-979-8)88p

    外部リンク