オックスフォード大学
University of Oxford
OxfordBuilding.JPG
オックスフォード大学
種別 古代の大学
設立年 11世紀
所在地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドオックスフォード
サイード・ビジネス・スクール (経営大学院)
公式サイト http://www.ox.ac.uk/
Coat of arms of the University of Oxford.svg
紋章
テンプレートを表示

オックスフォード大学(University of Oxford)は、イギリス大学都市オックスフォードに所在する総合大学である。11世紀の末に大学の礎が築かれていることから、現存する大学としては世界で3番目に古く、英語圏では最古の大学である。英国内の大学ランキングでは2位に選ばれ、各種の世界大学ランキングで1位の大学に選ばれるなど(例えば「タイムスハイヤーエデュケーション」では、2017年から5年連続で1位))[1]ハーバード大学ケンブリッジ大学スタンフォード大学などと並び、常にトップレベルの優秀な大学として評価される世界有数の名門大学である。

多くの指導的政治家学者を輩出している。2019年時点で、政治家では28人のイギリス首相[2](現首相ボリス・ジョンソンのほかテリーザ・メイデーヴィッド・キャメロントニー・ブレアマーガレット・サッチャーら)など30人以上の各国元首らがオックスフォード大学出身である。さらに、55人のノーベル賞受賞者[2]、150人以上のオリンピックメダリストなどを輩出している。また、王族の大学としても有名であり、6人のイギリス国王が学び、日本からも今上天皇皇后雅子秋篠宮文仁親王らの皇族が留学している。

学生数(2019年時点)は、学部生が1万1930人、大学院生が1万1813人で、160カ国・地域からの留学生が4割を占める[2]

オックスブリッジ」として並び称されるケンブリッジ大学の形成は、この大学に所属していた多くの教師と学生が1209年ケンブリッジに移住したことに端を発する[3]。両校とも英語圏古代の大学欧州内の中世大学群に属し、イギリス伝統のカレッジ制を特徴とする大学である。入学式と卒業式はラテン語で行われる[2]

概要

大学運営の最高責任者は総長(Vice-Chancellor)[4]であり、2019年時点の総長はルイーズ・リチャードソン[2]名誉総長(Chancellor)と呼ばれる職位は終身の名誉職であり、2016年時点の名誉総長は香港総督を務めたクリストファー・パッテン。副総長(英称; Pro Vice-Chancellor)は5名の大学運営・学生担当教師と7名のカレッジの学長の計12名が務める。

設置形態は、英語圏では公立大学であると認識されている。法的根拠がイギリス国王の勅許状により設立された自治団体であること、大学財政審議会(UFC)を通じて国家から国庫補助金の配分を受けており、大学規模や文科・理科の配分比率がUFCにより決定されていること、法的性質が明らかに違うバッキンガム大学などの私立大学が近年新設されたことによる。ただし、自然発生的な創立の歴史や高度な大学自治、独自の財産と安定収入のあるカレッジの存在、日本でいう国公立大学とは解釈が異なる。

オクスフォード大学と表記されることもある[5]

歴史

オックスフォード大学の創立時期はよく解明されていない。大学としての正式な創立年は1167年と言われているが、全ての施設が一気に構築されたのではなく、長い年月をかけて徐々に形成されたものと考えられている。最古の記録として、1096年にオックスフォードで講義が行われていたという公式の記録が存在しており、少なくともこの時期に大学の前身となる教育施設が築かれていたことは確かであると考えられる。