カレッジラテン語: collegium)とは、教育機関またはその一部である。カレッジは、学位を授与する第3次教育機関、カレッジ制大学や連邦大学の一部、職業教育機関、中等教育学校などがある。

現在の日本では、短期大学専門学校高等専門学校の多くと単科大学女子大学・比較的小規模の総合大学の一部で、その英名として用いられる他、これらを模倣した教育講座の名称に用いられている。

語源

「カレッジ」という言葉は、ラテン語の動詞「lego, legere, legi, lectum拾い集める)」に、前置詞「cum共に)」を加えたもので、「一緒に選ばれた」という意味である[1]古代ローマでは「collegium」とは、「判事、プラエトル護民官、司祭、卜占官からなる団体、ギルド、同僚関係で結ばれた企業、政治クラブ、貿易ギルド」のことだった[2]。このように、カレッジは法人や法人組織の一形態であり、法法的契約を締結し、訴訟を提起したり、訴えられたりする能力を持っていた。中世のイングランドには、聖職者のカレッジがあったが、現代に残っているのは、イングランド王立外科医師会、ロンドンの紋章院(紋章法を施行する紋章師の組織)、選挙人団(代表者を選出する)などで、特定の機能を果たすために「共通して選ばれた」人のグループで、君主や創始者などの権力者によって任命された。例えば、イートン・カレッジは、1440年ヘンリー6世特許状により、「フェロー、司祭、書記官、聖職者、聖職者、貧乏奨学生、年老いた貧乏人」からなるカレッジを設立するために設立されたもので、1人のマスターまたはガバナーを擁し、これらの奨学生およびイングランドのどこからでもこの地に来る可能性のある者に、文字の知識、特に文法の知識を無報酬で指導することを任務としている[3]

概要

高等教育

高等教育の中では、以下のことを指す[4]

  • ケンブリッジ大学キングス・カレッジなどのカレッジ制大学や、ロンドン大学キングス・カレッジなどの連邦大学の一部。
  • リベラル・アーツ・カレッジウィリアムズ大学Williams College)やアマースト大学Amherst College)のような学部教育を中心とした独立した高等教育機関。
  • 北京大学の元培学院のように、学士課程がリベラル・アーツのモデルに則っていない大学のリベラル・アーツ部門。
  • 教師養成カレッジ、美術大学などの高等教育機関のように、専門的な訓練を提供している機関。
  • シックス・フォーム・カレッジや継続教育は、イングランドウェールズ北アイルランドベリーズカリブ海地域マルタノルウェーブルネイ、または南部アフリカ、とりわけ、16歳から19歳の学生は、通常、一般教育修了上級レベル商業技術教育委員会、または国際バカロレア、または義務教育修了試験(GCSE)などの資格を勉学する教育機関である。シンガポールインドでは短期大学Junior College)と呼ばれている。パリ市の自治体では、リセの英語名として「シックス・フォーム・カレッジ」という言葉を使っている[5]

    中等教育

    国の教育制度によっては、中等教育学校が「カレッジ」と呼ばれたり、「カレッジ」が肩書きの一部に含まれていたりする場合がある。

    オーストラリアでは、「カレッジ」という用語は、私立または独立した(非政府の)初等教育機関、特に州立学校とは異なる中等教育機関に適用される。メルボルン・グラマー・スクール(Melbourne Grammar School)、クランブルック・スクール(Cranbrook School)、パラマタ・キングス・スクール(The King's School, Parramatta)はカレッジとみなされている。

    また、最近では、政府系中等教育学校の名称を「カレッジ」と改称したり、創設したりする傾向がある。ビクトリア州では、一部の州立高等学校が「セカンダリー・カレッジ」と呼ばれているが、メルボルンにある男子生徒を対象とした公立中等教育学校の代表格であるメルボルン高等学校(Melbourne High School)は、現在でもその名称を継続している。西オーストラリア州南オーストラリア州ノーザンテリトリーでは、1990年代後半以降に建設されたすべての州立高等学校の名前に「カレッジ」が使われている。ニューサウスウェールズ州では、一部の高等学校、特に合併によってできた複数のキャンパスを持つ学校は、「セカンダリー・カレッジ(Secondary College)」と呼ばれている。クイーンズランド州では、小学生と高校生を受け入れる新しい学校の一部は「ステート・カレッジ(State College)」と呼ばれているが、中等教育のみを行う州立学校は「ステート・ハイスクール(State High School)」と呼ばれている。タスマニア州オーストラリア首都特別地域では、「カレッジ」とは高校の最後の2年間(11年生と12年生)と、その教育機関のことを指す。ここでいう「カレッジ」とは、高等学校の他の学年とは独立した制度であり、「Matriculation College」の短縮版のような表現になっている。

    カナダの多くの都市では、政府が運営する多くの中等教育機関が「Collegiates」または「Collegiate Institutes」と呼ばれているが、これは「College」という言葉の複雑な形をしており、通常の「中等教育後(Post-Secondary)」という意味合いを避けている。これは、中等教育機関が伝統的に職業的な科目や能力レベルよりも学問的なことに重点を置いてきたからである。私立の中等教育学校(アッパー・カナダ・カレッジ、バンクーバー・カレッジなど)の中には、「カレッジ」という言葉を名前に使用しているところもある[6]。国内には、中等教育学校、特にセパレート・スクールの中にある中等教育学校では、「College」または「Collegiate」という言葉を名前に使う場合もある[7]

    ニュージーランドでは、「カレッジ」という言葉は通常、13歳から17歳までの中等教育機関を指し、「カレッジ」は特に私立学校や統合された学校の名称の一部として使われていり。「ハイスクール(High School)」は南島でより一般的であるのに対し、「カレッジ」は北島で最も頻繁に使用されている。

    オランダでは「カレッジ」は高等職業教育機関に相当する。科学的志向の大学とは異なり、明確な職業観を持った職業訓練を志向している[8]

    南アフリカでは、数々の中等教育学校、特に英公立学校モデルの私立学校では、学校名に「カレッジ」が入っている。そのため、南アフリカのエリート7校のうち、6校以上の高校が「カレッジ」と名乗っている。典型的な例としては、セント・ジョンズ・カレッジが挙げられる。

    その他

    教育機関だけでなく、「カレッジ」はその語源に倣って、法令や規制の下に設立された正式な仲間のグループを指すこともあり、多くの場合、王室の憲章の下に設立される。例としては、選挙人団紋章院などが挙げられる。その他のカレッジ機関には、特に医学や関連専門職の専門職団体がある。イギリスでは、英国看護協会(Royal College of Nursing)や内科医師会(Royal College of Physicians)などがある。アメリカ合衆国の例としては、アメリカ内科学会(American College of Physicians)、 アメリカ外科学会(American College of Surgeons)、 アメリカ歯科審美学会(American College of Dentists)などがある。オーストラリアの例としては、オーストラリア家庭医学会(Royal Australian College of General Practitioners)がある。

国別のカレッジ

日本