キリスト教
Golden Christian Cross.svg
Jesus-Christ-from-Hagia-Sophia.jpg
国・地域 世界の旗 世界的に信仰される
信者数 約23億人[1]
成立年 1世紀[2]
創始者 ナザレのイエス[3]
信仰対象 三位一体
聖典 旧約聖書/ヘブライ語聖書[3]
新約聖書[3]
母体 ユダヤ教[2][4]
宗派 キリスト教諸教派の一覧
主な指導者 教皇カトリック教会
聖地 イスラエルの旗 イスラエルエルサレム
バチカンの旗 バチカン
発祥地 パレスチナ[2]
教義
備考 世界宗教のひとつ
テンプレートを表示

キリスト教(キリストきょう、基督教、ギリシア語: Χριστιανισμόςラテン語: Religio Christiana英語: Christianity)は、ナザレのイエスキリスト(救い主)として信じる宗教[5][6]イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる[6]。その多く(カトリック教会[7]聖公会[8]プロテスタント[9][10][11][12]正教会[13]東方諸教会[14]など)は「父なる神[15]と「その子キリスト[16]と「聖霊」を唯一の神(三位一体至聖三者)として信仰する。

世界における信者数は23億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い[1]

概要

キリスト教は、イエス・キリスト[『イエス』はヤハウェ(ヤフア)が救うという意味で、『キリスト』は油注がれたという意味]を旧約聖書で預言された罪のない人間であると受け入れる宗教であり、自らをキリスト教徒と呼ぶすべての人々を包含するものである[17]。キリスト教には、その歴史的経緯から様々な教派教団、組織、信条が存在している[17][18]。キリスト教は普遍的な宗教(世界宗教)であり[19]、特定の民族や人種あるいは限定された身分や社会階層のためのものではなく、すべての人に向けられたものである[17][20]。実際、キリスト教は、異なる文化・多くの民族の様々な人々に広く受け入れられて、政治構造や社会状況および科学知識や哲学思想、世界観の歴史的な変化、移り変わりがあった地域で何世紀にもわたって教団や組織を維持してきた[17]

日本でも多く使われる西暦が、救世主とされるナザレのイエスの生まれたとされた年を元年(紀元)としているように、キリスト教は中世[21]ー近代から推移してきた現代文明の根幹の形成に関与している。

中世における国教化されたキリスト教は宗教の自由を認めなかったため、異教との戦いによって支配域を拡大し、土着の宗教に変えてキリストの福音を説いた[22]。異教・異端であるかどうかの判別の基準としては、三位一体の教義が確立していること、イエスの復活信仰が確立していること、ナザレのイエスの死を通しての贖罪信仰が確立していること、主イエスが旧約のキリストであるとの信仰が確立していること等が規定されている。[23]そうしたキリスト信仰に加え、聖書全体を神よりの霊感を受けて書かれた神の言葉として絶対的に受け止めることもある[24]。 また、異教との対話時にもキリスト者本人に、聖霊による神の言葉が具体的に顕現することが言われている福音書もある[25][26]。福音書が作られた当時、聖霊は世の終わりに神から与えられると信じられていた救いの霊とされている[27]聖霊現象と深いかかわりのあるイエス派運動成立の上で、黙示思想はその重要な背景として存在した[28]

キリスト教は、「旧約聖書」[29]を聖典としていることから、ヤハウェ (ヤフア)による天地創造から始まり、原罪とその救済が教義の中心にある。「旧約聖書」という呼び方はキリスト教において「新約聖書」と対応して名づけたもので、ユダヤ教の聖典[30]の名称を旧(ふる)い約束の意味に変えて用いているものである[31]

歴史

古代

キリスト教はユダヤ教の預言と律法を引き継ぐ[4]。イエスの死後、弟子たちはイエスの教えを当時のローマ世界へと広めていった[32]

イエスの復活信仰の確立

  • 50年ころパウロテサロニケ人への第一の手紙を記し[35]、生ける真のによって、死んだはずのナザレのイエスが死者たちの中から起こされたことを表明した[36]テサロニケの信者はイエスは死んでから蘇ったという復活信仰を始めた。
  • 54年ころパウロはコリント人への第一の手紙を記し[37]、神によって、死者たちの中から三日目にナザレのイエスが復活したことを表明した[38][39]。コリントの信者はイエスは死んでから蘇ったという復活信仰を始めた。
  • 70年ころ無名の著者はマルコによる福音書を記し[40]、ナザレのイエスの死後女性信者たちに何らかの事象が起きたことを表明する[41]。空になった墓を見たという記述以降は、後代の加筆であるとされている[42]。南シリアの信者はこれより、イエスの生涯を福音的視座をもって眺めることとなる。[43]
  • 80年代、無名の著者はマタイ福音書を記し[44]、死人の中からナザレのイエスが起こされたことを表明した[45]。西シリアの信者は 死人の中からナザレのイエスが起こされたという信仰を始めた。
  • 80年代、無名の著者はルカ福音書を記す
    • 50年ころパウロはテサロニケ人への第一の手紙を記し、来たらんとしている神の怒りからイエスが救い出してくれることを表明した[47]。テサロニケの信者は神の怒りからイエスが救い出してくれるという信仰を始めた。
    • 54年ころパウロはコリント人への第一の手紙を記し、イエスは神の御子であり、イエスは私たちの罪のために死んだということを表明した[48]。コリントの信者はイエスは神の御子であり、イエスは私たちの罪のために死んだという贖罪信仰を始めた。また、パウロはコリント人への第一の手紙を記し、アダムにおいてすべての者が死ぬように、そのようにキリストにおいてもまた、すべての者が生きるようにさせられるということを表明した。コリントの信者はイエスによってアダムの罪による自分たちの死が神の御子により蘇りに転換したという信仰を始めた[49]
    • 80年代、無名の著者はマタイ福音書を記し[50]、イエスはヨセフの子ではなく、聖霊によって身ごもった神の御子であることを表明した[51]。そしてかれの民をもろもろの罪から救うことを表明した[52]。西シリアの信者は イエスはヨセフの子ではなく、聖霊によって身ごもった神の御子であるという信仰を始めた。そしてかれの民をもろもろの罪から救うという信仰を始めた。また、マタイ福音書の記者は、山上の垂訓の中に主の祈りを記した[53]。これにより西シリアの信者は 信仰の行としての毎日の祈りの中で怒りの神とは異なる父なる神の信仰を始めることとなる。信者は個人として主なるイエス・キリストとの関係を深めることとなり、イエスの死を通しての贖罪信仰を深めることとなる。
    • 80年代、無名の著者はルカ福音書を記す
      • 50年ころパウロはテサロニケ人への第一の手紙を記し、イエスは主としてすぐに来臨してくることを表明した[55]。テサロニケの信者はナザレのイエスは主イエス・キリストであるという信仰を始めた。
      • 54年ころパウロはコリント人への第一の手紙を記し、イエスは私たちの主なるキリストであるということを表明した[56]。コリントの信者はイエスは私たちの主なるイエス・キリストであるというキリスト信仰を始めた。
      • 80年代、無名の著者はマタイ福音書を記し[57]、ナザレのイエスの父ヨセフは、アブラハムダビデの子孫であり、ヨセフの子であるナザレのイエスは予言されていたキリストであることを表明した[58][59]。西シリアの信者は、イエスはヨセフの子であり、予言されていたキリストであるという信仰を始めた。
      • 80年代、無名の著者はルカ福音書を記す[60]
      • 90年代、無名の著者は使徒行伝を記し
        • 50年ころパウロはテサロニケ人への第一の手紙を記し、自らの終末観を表明した[63]。この終末観は初期キリスト教の預言者の言葉である可能性大であるとされている[64]。テサロニケの信者は下記の予測についての終末信仰を始めた。
        • パウロが生きているうちに主の来臨がおきる。
        • パウロが生きているうちに合図の声とともに主が天から下ってくる。
        • パウロが生きているうちにキリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえる。
        • パウロが生きているうちによみがえった死人や眠っていた人たちが天に上げられる。
        • パウロは生きたままで空中で主に会うことになり、そののちはいつも主と共にいることになる[65]
        • 54年ころパウロはコリント人への第一の手紙を記し、自らの終末観を表明した[66]。コリントの信者は再臨の時までパウロが生き残ることと、不死なる体に変化する世の終わりが近づいてきているという終末信仰を始めた[67]
        • 95年から96年ごろ、著者は不明であるが、ヨハネの黙示録が著され
          • 60年代、ヤコブ、ペトロ、パウロが死ぬ。
          • 66年から70年、第一次ユダヤ戦争の結果としてエルサレム神殿が崩壊したころ、ユダヤ教からキリスト教が自立した。
          • 4世紀以降神学論争が激しくなり、教会が分裂をするようになる。暴力を用いる過激な教派が生まれてくる。
          • 325年、キリスト教徒の暴力抗争を解決するため、ローマ皇帝コンスタンティヌスニカイア公会議を開いた。それとともに、キリスト教の勢力を利用してローマ帝国の求心力低下の課題解決に図ることもコンスタンティヌスは意図していた。
          • 325年、キリスト教徒の暴力抗争を解決するため、アリウス派異端の教派とされ追放された。
          • 380年テオドシウス帝はキリスト教をローマ帝国の国教と宣言した。
          • 392年、国教となったキリスト教以外の宗教、およびキリスト教の異端教派の信仰活動が帝国内において禁止される[71]
          • 431年エフェソス公会議において、ネストリウス派が異端の教派とされて追放された。
          • 451年カルケドン公会議において単性論が異端の教義とされた。しかし、シリアやエジプトを中心に単性論を支持する教会が多くあったため、各教会で対立司教が立つほどの分裂が生じた。

          このように国教となったキリスト教は、キリスト教以外の宗教、およびキリスト教の異端教派の異端説を切り捨てることにより、キリスト教における一神教的世界観での正統派信仰を確立した。ここより、キリスト教の信者は正統派信仰を始めることとなる。

          古代異教由来の事物の取り込みと一神教の変容

          正統派とされるキリスト教では、多神教世界に布教する際、他の宗教の神殿の場所に教会を建立することを奨励した。この結果、多く女神の神殿が聖母マリアに捧げられる教会に変えられた。そのような女神の例としてミネルウァイシスなどがある。時には異教の神像をそのまま流用することもあった。その例として、イシスとオシリスの像をマリアとイエスの聖母子像へ転用したことなどが指摘される。

          中世

          近世

          • キリスト教のメッセージは、イエス・キリストが旧約聖書に預言された救いであると教えている。新約聖書ではパウロは次のように述べる:「時が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法のもとに生まれた者としてお遣わしになりました。それは、律法の支配下にある者を購い出して、わたしたちを神の子となさるためでした」(ガラテヤ4,4-5)。イエスは神がいかなる方であるかをまったく新し方法で、それまでのイスラエル人の理解をより深く掘り下げて示したのであり、イエスは神ヤハウェ (ヤフア)を自分の父として示した、という[72]

            キリスト教の中心メッセージは「神の国」の教えである(マルコ1,15)。イエスはこの象徴的な表現を豊かな内容で満たした。「神の国」は、人間の歴史の中に、そして歴史の終りにおいても神が現存なさることを教えている。また、「神の国」は、神が人間と一つになってくれたことも教えている。

            教義

            プロテスタントにおける教義が全宗派にだいたい共通している。[73][74]

            おとめマリアより生まれたイエス

            • ナザレのイエスは、処女マリア
              • 罪がないナザレのイエスは死刑になったが、死んでから三日たってからまた生き返った、と信じる
                • ナザレのイエスはみんなの見ている前で、天に昇って行った、と信じる。聖書に書いてある通りである。
                • ナザレのイエスは再び天から降りてきて、最後の審判の時に、今現在生きている者と、すでに死んだ者とをさばくと信じる。
                • すでに死んだ人でも生き返ると信じる。イエスを救い主と信じる人は、神の国が到来したら、新しい命がもらえると信じる。

                聖書は神の言葉だと信じる

                指導者が聖霊に満たされて語る言葉は、神の言葉とされているので、聖霊に満たされて書かれた聖書は、神の言葉である。[77]

                教えの源泉(特徴)

                キリスト教における教えの源泉は、教派によって共通するものと異なるものとがある。全教派(カトリック教会聖公会プロテスタント正教会非カルケドン派アナバプテスト)に共通する教えは聖書旧約聖書新約聖書)である。しかしながら、聖書以外に教えの源泉を認めるかどうかについては教派ごとに違いがある。

                正教会[78][79]・非カルケドン派[80]・カトリック教会[81]・聖公会[82][83]聖伝(「聖伝」とは言わず「伝統」とのみ言う場合もある)を認める。カトリック教会では、聖書と聖伝が教えの共通の源泉であるとされ、聖伝は「(聖書と)同じ謙遜と敬意をもって尊敬されるべきもの」とされる[84]。正教会でも「聖書と聖伝」と述べられることはあるが[85]、むしろ「聖伝がただ一つの源泉であり、聖伝の中に聖書が含まれるのであり、分離や対比は両者の価値を減じる」とし、「聖伝の中に聖書」[79]という捉え方もされる[86][87]

                聖伝を認める教会の場合、教会の中にある全てのものが聖伝とされるのではない。カトリック教会では使徒たちに由来する聖伝と、神学・おきて・典礼・信心上の「諸伝承」が区別される[88]。諸伝承の中から異なる場所、異なる時代にも適応した表現を大伝承(聖伝)が受け取り、その大伝承に照合され、教会の教導権の指導のもとで、諸伝承は維持・修正・放棄される[88]。正教会では、「天上の永遠なる神の国に属する真の『聖伝』と、地上の人間的な暫定的な単なる伝統」が区別される[89]

                一方、プロテスタントには、聖伝(伝統・伝承)を認める者と認めない者とがいる(「プロテスタント」は様々な教派の総称であり、内実は様々である)[90][91]。後者を表す宗教改革の原則の一つに「聖書のみ」がある[92][93]。ただし、聖書に優越する、あるいは並び立つ、ないし聖書を包含するといった意味での聖伝(伝統)を認めないプロテスタントであっても、「宗教改革の伝統」「改革派教会の伝統」といった用語がプロテスタントで使われる場合はある[94][95]

                教えの源泉の、教派別対照表
                西方教会 東方教会
                カトリック教会 聖公会 プロテスタント[96] 正教会
                聖書聖伝において解釈・理解されるべきである 聖書と伝統を大切にする 聖書のみ
                ◆ 聖書のほかに、伝統も認める
                以上二類型の混在
                聖伝の中に聖書が含まれ、聖書は聖伝の中で第一の位置を占める

                ニカイア・コンスタンティノポリス信条の位置付け

                ニカイア・コンスタンティノポリス信条は、381年に、第1コンスタンティノポリス公会議で定められたキリスト教の信条(教えを要約した定型文[98])である[99]東方教会西方教会のいずれでも、最も広く普遍的に、共通して使われる信条である[98][100][101]。「ニカイア信条[98]」「ニケヤ信経[102]」「ニケア信条[103]」「信経[101]」とも呼ばれる。一方、西方教会では広く使われている使徒信条は、東方教会はその内容は否定しないものの、信条としては使っていない[101][104]。このため、東西教会の両方に言及する本記事では、ニカイア・コンスタンティノポリス信条を骨格としつつも、必要な箇所では使徒信条の内容も必要に応じて補足して、信仰内容を詳述する。

                なお、西方教会の一角を占めるプロテスタント諸教派の間では信条の使用に差異があり、ルーテル教会[105]改革派教会[106]メソジスト[107]はニカイア・コンスタンティノポリス信条を使用するが、バプテスト教会では信条の使用自体に議論が発生する[108][109]。しかしバプテスト教会内にも、信条の強制は否定するものの、その使用の意義は認める見解も存在する[109]

                ニカイア・コンスタンティノポリス信条の全文

                ニカイア・コンスタンティノポリス信条教派別対照表
                西方教会 東方教会
                カトリック教会
                (日本カトリック司教協議会認可)
                聖公会
                日本聖公会 祈祷書より)
                プロテスタントの一例[96]日本基督教団
                改革長老教会協議会教会研究所訳)
                正教会
                日本正教会 時課経145頁より[110]
                わたしは[111]信じます。唯一の神、全能の父、天と地、見えるもの、見えないもの、すべてのものの造り主を。

                わたしは信じます。唯一の主イエス・キリストを。 主は神のひとり子、すべてに先立って父より生まれ、神よりの神、光よりの光、 まことの神よりのまことの神、造られることなく生まれ、父と一体。 すべては主によって造られました。主は、わたしたち人類のため、わたしたちの救いのために天からくだり、聖霊によって、おとめマリアよりからだを受け、人となられました。ポンティオ・ピラトのもとで、わたしたちのために十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書にあるとおり三日目に復活し、天に昇り、父の右の座に着いておられます。主は、生者(せいしゃ)と死者を裁くために栄光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。わたしは信じます。主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす唯一の洗礼を認め、死者の復活と来世のいのちを待ち望みます。アーメン。[112]

                わたしたちは[111]、唯一の神、全能の父、天地とすべて見えるものと見えないものの造り主を信じます。また、世々の先に父から生まれた独り子、主イエス・キリストを信じます。主は神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神、造られず、生まれ、父と一体です。すべてのものは主によって造られました。主はわたしたち人類のため、またわたしたちを救うために天から降り、聖霊によっておとめマリヤから肉体を受け、人となり、ポンテオ・ピラトのもとで、わたしたちのために十字架につけられ、苦しみを受け、死んで葬られ、聖書にあるとおり三日目によみがえり、天に昇り、父の右に座しておられます。また、生きている人と死んだ人とを審(さば)くため、光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。また、主なる聖霊を信じます。聖霊は命の与え主、父と子から出られ、父と子とともに拝みあがめられ、預言者によって語られた主です。また、使徒たちからの唯一の聖なる公会を信じます。罪の赦しのための唯一の洗礼を信認し、死者のよみがえりと来世の命を待ち望みます。アーメン。[113]

                わたしたちは、唯一の神、全能の父、天と地と、見えるものと見えないものすべての造り主を信じます。わたしたちは、唯一の主、神の独り子、イエス・キリストを信じます。主はすべての時に先立って、父より生まれ、光よりの光、まことの神よりのまことの神、造られずに生まれ、父と同質であり、すべてのものはこの方によって造られました。主は、わたしたち人間のため、またわたしたちの救いのために、天より降り、聖霊によって、おとめマリアより肉体を取って、人となり、わたしたちのためにポンティオ・ピラトのもとで十字架につけられ、苦しみを受け、葬られ、聖書に従って、三日目によみがえり、天に昇られました。そして父の右に座し、生きている者と死んだ者とをさばくために、栄光をもって再び来られます。その御国は終わることがありません。わたしたちは、主であり、命を与える聖霊を信じます。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、あがめられ、預言者を通して語ってこられました。わたしたちは、唯一の、聖なる、公同の、使徒的教会を信じます。わたしたちは、罪のゆるしのための唯一の洗礼を、信じ告白します。わたしたちは、死人のよみがえりと来るべき世の命を待ち望みます。アーメン[114]

                われしん(ひとつ)(かみ)(ちち)(ぜん)(のう)(しゃ)(てん)()()ゆると()えざる(ばん)(ぶつ)(つく)りし(しゅ)を。(また)(しん)(ひとつ)(しゅ)イイススハリストス・(かみ)(どく)(せい)()(よろづ)()(さき)(ちち)より()まれ・(ひかり)よりの(ひかり)(まこと)(かみ)よりの(まこと)(かみ)(うま)れし(もの)にて(つく)られしに(あら)ず、(ちち)(いつ)(たい)にして(ばん)(ぶつ)(かれ)(つく)られ(われ)人々(ひとびと)(ため)又我(またわれ)()(すく)ひの(ため)(てん)より(くだ)り、聖神及(せいしんおよ)童貞女(どうていぢよ)マリヤより()()(ひと)()(われ)()(ため)にポンティイピラトの時十(ときじふ)字架(じか)(くぎ)うたれ(くるしみ)()(はうむ)られ第三日(だいさんじつ)聖書(せいしょ)(かな)ふて(ふく)(くわつ)(てん)(のぼ)(ちち)(みぎ)()(くわう)(えい)(あら)はして()ける(もの)()せし(もの)審判(しんぱん)する(ため)()(きた)其國終(そのくにをは)りなからんを。

                又信(またしん)聖神(せいしん)(しゅ)(いのち)(ほどこ)(もの)(ちち)より()父及(ちちおよ)()(とも)(おが)まれ()められ()言者(げんしゃ)(もつ)(かつ)()ひしを。又信(またしん)(ひとつ)(せい)なる(おほやけ)なる使徒(しと)(けう)(くわい)を。我認(われみと)(ひとつ)洗禮以(せんれいもつ)(つみ)(ゆるし)()るを。我望(われのぞ)()(しや)(ふく)(くわつ)(ならび)來世(らいせい)生命(いのち)を。「アミン」。

                左側は1210年頃に描かれた図式を抽出したもの。右側は20世紀末のプロテスタントの書籍に使われた図式[116]

                ニカイア・コンスタンティノポリス信条は(そして使徒信条も)、父、子、聖霊の順に、三位一体について言及している。

                キリスト教において、神は一つであり、かつ父・子・聖霊(聖神)と呼ばれる三つの位格があるとされる[117][118][119][120][121]。このことから、キリスト教において神は三位一体正教会では至聖三者[122])と呼ばれる(あるいはこうした理解をする教理を三位一体と呼ぶ[119][120])。

                「父・子・聖霊」のうち、「子」が受肉(藉身)して、まことの神・まことの人(神人)となったのが、イエス・キリストであるとされる[123][124]

                三位一体論が難解であることはキリスト教会においても前提となっている。例えばカトリック教会においては、神は自身が三位一体である事を啓示・暗示してきたが、神自身が三位一体であることは理性のみでは知り得ないだけでなく、神の御子受肉聖霊の派遣以前には、イスラエルの民の信仰でも知り得なかった神秘であるとされる[125]正教会においては、「三つが一つであり、一つが三つというのは理解を超えていること」とし、三位一体についても「理解する」対象ではなく「信じる」対象としての神秘であると強調される[101]

                難解な三位一体論を説明するにあたり、「(いわゆる正統派における)三位一体論ではないもの」を説明する、いわば消去法のような形で、(いわゆる正統派における)三位一体論に接近する手法がある[117]