クビレバイ
北海道産のツブ貝。
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 吸腔目 Sorbeoconcha
: エゾバイ科 Buccinidae
: エゾバイ属 Buccinum 
: クビレバイ
B. opisoplectum[1] 
学名
Buccinum opisoplectum
Dall, 1907 
和名
クビレバイ(括貝)
英名
unknown 

クビレバイ(括貝、Buccinum opisoplectum)は、日本海の水深30-80mに生息する殻長約12cm以下の 肉食性の巻貝である。 ツブ貝の一種として漁獲され、市場では「灯台つぶ」と呼ばれる。腸(はらわた)にくせがなく美味い[2]。本種はエゾバイ科 エゾバイ属Buccinumに属し、ヒモマキバイや太平洋北部産のシライトマキ Buccinum isaotakii(水深300~600m)と似ているほか、エゾボラ属のエゾボラモドキ Neptunea intersculpta(水深200~800m)[3]と遺伝子的に近縁である[4]鮮新世の化石が山形県で見つかっている[5]

外観

長さ約12cm以下の貝殻は黄褐色の殻皮に覆われ、6層程度の丸みのある螺層には白色の強い螺肋が3~4条張り出し、その間に弱い螺肋が密に巻かれる。縫合下はしわ状になる。殻口は丸く大きく、内面は光沢のある白色。蓋は角質、足は大きくて白色に黒い斑点が散らされる[3]。  

分布

日本海~オホーツク海[3]。  

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ Buccinum opisoplectum”. WoRMS. 2020年12月17日閲覧。
  2. ^ クビレバイ”. ぼうずコンニャク. 2020年12月17日閲覧。
  3. ^ a b c 『世界文化生物大図鑑『貝類』』世界文化社、2004年。ISBN 4-418-04904-5
  4. ^ Seiji Hayashi (2005). “The molecular phylogeny of the Buccinidae”. Molluscan Research No.25: 85-98, 103. 
  5. ^ Buccinidae”. jPaleoDB. 2020年12月17日閲覧。

 

外部リンク