グラスゴー
Glasgow
時計回りに上から、Glasgow Science Centre, Gallery of Modern Art屋外のDuke of Wellington像、Royal Exchange Square, The Lighthouseから臨む都市景観、グラスゴー大学、Finnieston Crane及びGlasgow City Chambers.
時計回りに上から、Glasgow Science Centre, Gallery of Modern Art屋外のDuke of Wellington像、Royal Exchange Square, The Lighthouseから臨む都市景観、グラスゴー大学Finnieston Crane及びGlasgow City Chambers.
グラスゴーの市章
市章
位置
グラスゴーの位置の位置図
グラスゴーの位置
座標 : 北緯55度51分29秒 西経4度15分32秒 / 北緯55.85806度 西経4.25889度 / 55.85806; -4.25889
行政
イギリスの旗 イギリス
 カントリー スコットランドの旗 スコットランド
 市 グラスゴー
地理
面積  
  市域 175.5 km2 (67.76 mi2)
人口
人口 (2011年現在)
  市域 598,830人
  市街地 1,750,000人
  都市圏 2,850,000人
その他
等時帯 西ヨーロッパ時間 (UTC+0)
夏時間 西ヨーロッパ夏時間 (UTC+1)
郵便番号 G1–G80
市外局番 0141
ISO 3166-2 GB-GLG
公式ウェブサイト : http://www.glasgow.gov.uk/

グラスゴー: Glasgowスコットランド・ゲール語: Glaschu)は、イギリスのスコットランド南西部に位置する都市である。人口は580,690人(2006年)で、ロンドンバーミンガムリーズに次いでイギリス第4位、スコットランドでは最大。

概要

かつてはロンドン、パリベルリンについでヨーロッパで4番目に人口が多く、1960年代には100万人以上いたがその後区画編成などで減り続け、現在では580,690人(2007年)となっている。英国国内ではロンドンとエディンバラについで3番目に観光客が多く、年間300万人ほどがこの街を訪れる。15世紀創立の名門グラスゴー大学を擁し、産業都市であるとともに、文化・芸術・若者の街として知られている。英語で「ノルウェー人」や「ノルウェーの」といった形容詞が"Norwegian"であるように、グラスウィージャン (Glaswegian) といった言葉が用いられる。移民が多く、かつては工業の街であった背景も影響し、地元の人々の英語方言はスコットランド訛りの中でも特に難解とされている。訛りが強いだけではなく、グラスウィージャンの方言も使用されている。なお、スコットランド・ゲール語はグラスゴーではほとんど使用されない。1990年には欧州連合の欧州文化都市に選ばれている。

歴史

紀元前からクライド川沿いに集落が形成されていた。ローマ帝国はこの地に前哨拠点を設置し、ローマ支配下のブリタニアケルト人ピクト人の住むカレドニアの間にアントニヌスの長城を建設した。グラスゴーの街はキリスト教の聖人聖ムンゴの伝道により6世紀頃につくられたと言われている。これ以後グラスゴーはスコットランドの中心として発展し、12世紀にはグラスゴー大聖堂が、1451年にはグラスゴー大学が創設された。16世紀に入るとクライド川の水運を用いた貿易が盛んになり、アメリカ大陸タバコカリブ海砂糖などがこの都市を中継してイギリス国内に運ばれた。1707年にイングランド王国とスコットランド王国が合併、現在の連合王国としてのイギリス(しばしば、この合併政体は『ユニオン』と呼ばれる)が成立する。そして産業革命が始まると、ランカシャーで採掘される石炭鉄鉱石によって工業化が進み、グラスゴーでは綿工業を中心とした産業が盛んになった。また都市の発展に伴ってアイルランド等からの移住者が増え、大英帝国第二の都市と呼ばれるようになった。また海運を通じて造船業も発展する[要出典]。ヨーロッパ最大の機関車製造会社ノース・ブリティッシュ・ロコモティブはグラスゴーの企業であった。

しかし第二次世界大戦後、イギリスの経済が急激に悪化。他の都市と同様にグラスゴーもイギリスの不況の影響を避けることができなかった。1960年代になると造船所の閉鎖が相次いだ。しかしクイーン・エリザベス2号はこの時期にこの都市で建造されている。

1970年代から1980年代にかけても不況期が続き、治安も悪化していた。1990年代にはいると金融などを中心に経済が持ち直し、現在では地価が高騰している。

気候

ケッペンの気候区分では西岸海洋性気候(Cfb)に属する。

グラスゴー(Springburn, 1981-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 6.0
(42.8)
6.6
(43.9)
8.8
(47.8)
11.7
(53.1)
15.1
(59.2)
17.5
(63.5)
19.2
(66.6)
18.5
(65.3)
15.8
(60.4)
12.1
(53.8)
8.7
(47.7)
6.1
(43)
12.2
(54)
平均最低気温 °C (°F) 1.0
(33.8)
1.1
(34)
2.3
(36.1)
4.0
(39.2)
6.5
(43.7)
9.4
(48.9)
11.1
(52)
11.0
(51.8)
8.8
(47.8)
6.0
(42.8)
3.3
(37.9)
1.0
(33.8)
5.5
(41.9)
降水量 mm (inch) 112.8
(4.441)
88.5
(3.484)
96.9
(3.815)
62.9
(2.476)
61.4
(2.417)
65.1
(2.563)
83.5
(3.287)
101.1
(3.98)
112.7
(4.437)
129.4
(5.094)
105.5
(4.154)
104.4
(4.11)
1,124.3
(44.264)
平均降水日数 (≥ 1 mm) 17.0 13.5 15.7 12.5 12.0 11.7 12.7 14.1 13.8 16.6 15.9 14.7 170.3
平均月間日照時間 37.8 62.9 86.2 127.6 173.3 148.9 149.0 142.2 111.2 80.0 51.1 32.9 1,203.1
出典: Met Office[1]

人口

推移[2]
  • 1891 783,000
  • 1911 784,000
  • 1921 1,034,000
  • 1931 1,088,000
  • 1941 不明
  • 1951 1,079,000
  • 1961 1,055,000
  • 1971 897,000
  • 1981 881,000
  • 1991 681,000
  • 2001 579,000
  • 2007 580,690
  • 2011 598,830
年齢構成

15歳未満15.48%、15~24歳15.76%、25歳~64歳54.46%、65歳以上14.30%(2007年)

経済

軍艦の進水式

スコットランド第1の経済力を持つ。古くはタバコ貿易、20世紀前半までは造船を主とした製造業で発展した。世界的に見て造船の力は弱くなったとはいえ、海軍造船所があり、イギリスの造船業中心地である。欧州で16番目に大きい金融センターとなっており電子機器、バイオ技術、コールセンターといった新しい産業も育っている。臨時電源及び冷凍・冷却温度制御機器レンタルソリューションの世界最大手企業アグレコが本社を置く。スコットランドではエディンバラに次いで観光客が多い都市である。

交通

隣のエディンバラとの距離は電車で40分、バスで1時間半程である。

航空

教育