Gerhart Hauptmann
ゲアハルト・ハウプトマン
Gerhart Hauptmann nobel.jpg
誕生 Gerhart Johann Robert Hauptmann
(1862-11-15) 1862年11月15日
 プロイセン王国ニーダーシュレージエン
死没 1946年6月6日(1946-06-06)(83歳)
ポーランドの旗 ポーランド人民共和国 イェレニャ・グラ
職業 劇作家
国籍 ドイツの旗 ドイツ
主な受賞歴 ノーベル文学賞(1912)
ゲーテ賞(1932)
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1912年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:主に、演劇の分野での豊饒で多様、且つ顕著な功績に対して

ゲアハルト・ハウプトマン(Gerhart Hauptmann, 1862年11月15日 - 1946年6月6日)は、ドイツ劇作家小説家詩人1912年ノーベル文学賞を受賞した。ゲルハルト・ハウプトマンとも表記される。プロイセン王国ニーダーシュレージエンのバート・オーバーザルツブリュン(現:ポーランドドルヌィ・シロンスク県シュツァヴノ=ズドルイ英語版)生まれ。

人物

ドイツにおける自然主義演劇の中心的人物。作風は、自然主義的手法で社会的問題を描くものから始まり、やがてロマン主義象徴主義などの手法を用いるようになっていく。後には再び自然主義的作風に戻るが、その頃には社会的問題よりも個人の内面に着目した作品が目立つようになる。

最初の戯曲は、イプセンの影響を受けた『日の出前』(Vor Sonnenaufgang 、1889年)。労働者の抱える問題を自然主義的手法で描いている。『織匠』(Die Weber、1892年)では下層階級の生活を描写した。この戯曲はハウプトマンの代表作の一つとされている。

他の作品には、風刺喜劇『ビーバーの毛皮』(Den Biberpelz、1893年)、ロマン主義的な作品『ハンネレの昇天』(1893年)、象徴主義的な作品『沈鐘』(1896年)などがある。他にも歴史劇や童話劇などを書いており、自然主義に収まらず様々な様式を試みた。ティル・オイレンシュピーゲルを素材とした作品を書いたことがある。

1946年6月6日、ニーダーシュレジエン・ヒルシュベルクのアグネテンドルフ(現:ポーランド・イェレニャ・グラヤグニョントクフ英語版地区)で死去。83歳没。

主な受賞歴