コリア・タウン英語: Koreatown朝鮮語: 코리아타운)とは、世界各地に散在する韓国・朝鮮系住民の集住地である。アメリカ合衆国中華人民共和国日本が中心で、ロシア中央アジアにも一定数、居住している(高麗人)。カナダにも増え始めている。

アメリカ合衆国

韓国から米国への移民は1903年に始まったが、1965年同盟国大韓民国からの大量移民が認められてから移民数が激増した。現在の在米韓国人数は約200万人に達する。国外最大の韓国人居住国である。

  • カリフォルニア州ロサンゼルス:ウィルシャー (Wilshire) 地区は、世界最大のコリア・タウンとして知られる。ウィルシャー地区の東側にはダウンタウン、北側にはハリウッド、西側にはビバリーヒルズ、南側にはサウスセントラルインナーシティ化している)がある。1960年代から韓国人が増え始め、1980年代にコリア・タウンとして繁栄を極めた。1992年ロサンゼルス暴動では多数の韓国系商店が巻き込まれ略奪を受けた。これは、サウスセントラルの暴動が波及したためである。この他、グレンデールガーデングローブフラートンなどロス郊外には中産階級の韓国人が集住する地区が数ヶ所ある。
  • ニューヨーク州ニューヨーク市:近年マンハッタン32丁目に韓国系企業やレストランが多数出現しコリア・タウンとなった。ただし、韓国人居住者が多いのはクイーンズ地区である。小売や飲食店などの自営業に就く人口と専門職エリートとは棲み分けがある。
  • ニュージャージー州バーゲン郡:ニューヨーク近郊に位置し、韓国系移民の居住者が多い。
  • カリフォルニア州オークランドサンフランシスコ・ベイエリアに位置し、市内のテレグラフ通りには約6万人の韓国系住民が住む。
  • 中国東北部の朝鮮国境地帯には、李氏朝鮮時代から朝鮮農民が入り込み、日本統治時代に規模が拡大した。現在200万人近くの朝鮮族(中国国籍)が住む。中国朝鮮族の中心地は吉林省延辺朝鮮族自治州延吉市であり、ほかにも州内に琿春市などの朝鮮族人口が漢族人口を上回る都市が多い。

    1990年代以降、中韓修交により韓国人のビジネスマンや留学生が大量に中国へ渡り、これらの人々を中心にして新しいコリア・タウンが中国各地に形成されている。比較的歴史が古く規模も大きなものとしては、瀋陽市西塔が名高い。他に北京市の望京、上海市閔行区龍柏長春市の桂林路、丹東市の三馬路などがある。これらのコリア・タウンには、朝鮮族が流入して別途に朝鮮族タウンが形成されている。

    日本

    東京都大久保

    朝鮮半島の日本統治時代に経済的理由などにより日本に生活の糧を求めて移入してきた者、また戦後に朝鮮戦争の難を逃れて日本へと密航してきた者が多い。日本に根を下ろして生活しているこれらの子孫を含めた在日韓国・朝鮮人(特別永住者)の数は約33万人(2017年現在)[1]

    既に日本国籍を取得した者(朝鮮系日本人)や、これらの子孫も含めれば、その数は100万人以上にものぼる。国籍は朝鮮籍から韓国籍への変更が可能(その逆は不可)なため、現在では時代変化に応じた国籍取得による韓国籍者が多い。なお、在日朝鮮人に限らず外国人は、本名とは別の日本氏に対応した通称を名乗ることが許されており、マスコミ報道では、会社の方針によって通称のみが報道されたり、本名と併用されることも多々ある。

    また、1965年昭和40年)の日韓国交正常化後に日本に渡航してきた者も相当数在留している。1983年(昭和58年)に、当時の内閣総理大臣中曽根康弘が、「21世紀初頭までに留学生の受け入れ数を10万人とする」とした政策目標を発表した。政策実現には査証の緩和政策が含まれ、結果としてパートタイム労働における外国人労働者の市場開放がなされた。そのため、経済格差のある韓国からも多数の留学生が日本にやってきた。

    この政策以降、新たに日本に来た在留韓国人のことを「ニューカマー」というようになったが、特にバブル景気以降に日本へ来た者を言う場合もある。また、毎年170万人を超える日本への韓国人入国者の内、一定の割合が出稼ぎ化しているものと見られ、さらに、日本海沿岸地域の港湾部、特に定期航路(旅客・貨客)がある下関港関釜フェリー)や博多港を抱える下関都市圏北九州都市圏(両方をまとめて関門都市圏とも言う)では、半定住化している例もあり(山口県下関市には下関駅付近に事実上のコリア・タウンであるグリーンモール商店街が存在する)、短期在留傾向の強いニューカマーの実態はつかみづらい。

    長期在留のニューカマーは、きちんとした在留資格を持つ者がほとんどであるが、在留期限の切れた違法状態(オーバーステイ)の者もある程度存在するため、こちらも実態をつかむのは困難である。統計的には、韓国・朝鮮系の一般永住者が約6.9万人(2017年)となっている。これらニューカマーたちは、日本統治時代の政策とは関係がなく、戦後の韓国の教育を受けているために、在日韓国・朝鮮人との間に考え方や文化の差があり、外国にいる日系三世と在留邦人との関係に似て溝がある。また日本の中の韓国(パスポートのいらない韓国)として紹介されることがある。