ショウジョウソウ
Euphorbia cyathophora plant1 (14756306610).jpg
ショウジョウソウ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: キントラノオ目 Malpighiales
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
: トウダイグサ属 Euphorbia
: ショウジョウソウ
E. cyathophora
学名
Euphorbia cyathophora Murray[1]
シノニム
  • Poinsettia cyathophora (Murray) Klotzsch et Garcke[2]
  • Euphorbia heterophylla L. var. cyathophora (Murray) Griseb.[3]
和名
ショウジョウソウ(猩猩草、猩々草)
英名
fire-on-the-mountain[4]
Mexican fire plant
wild poinsettia
painted spurge[5]
various-leaved spurge[6]

ショウジョウソウ(猩猩草[7]、学名:Euphorbia cyathophora)は、トウダイグサ科トウダイグサ属一年草[8]。花期に頂部の苞葉が赤く色付き、園芸用に栽培されるが、世界中の熱帯を中心に帰化植物としても分布を広げている。

特徴

赤く色付いた苞葉

草丈は50cm[9]~1m前後[10]。原産地をはじめとした熱帯地域では多年草であるが、日本では一般に春播きの一年草として扱われる[8]。茎は直立する。下部の茎葉は互生し、卵形で長さ3~10cm、幅1~5cm[4]。茎の先端に杯状花序を集散状につけ、花序に近い苞葉は対生し、独特のバイオリン状の形をしており、基部が赤く色付く[11]。花は小さく目立たないが、この赤い葉を楽しむために花壇用に栽培されたり、切り花に用いたりする[6][10]

総苞腺体はふつう1~2個で、横長楕円形[11]。花の後に蒴果を結び、裂開して卵型の種子を飛散させて繁殖する[11]。花期・果期は5月11月[4]

分布

アメリカ合衆国中部~アルゼンチン原産[11]であるが、古くから世界の熱帯亜熱帯各地に広がり野生化している[10]日本には19世紀後半の明治年間に渡来し[9]、園芸用に栽培されたが、逸出の結果、現在では奄美群島大東諸島琉球諸島では畑地や原野に広く自生し[10][12]小笠原諸島にも帰化している[10]

名称

和名のショウジョウは、赤いを中国由来の想像上の動物である猩猩の赤い顔に喩えたものである[7]。茎は草質で基部のみ木質化するが、その度合いは近縁種のポインセチアほどではなく[10]、この違いがショウジョウソウとショウジョウボク(ポインセチアの和名)の名称の由来である。英名ではファイア・オン・ザ・マウンテンの呼称があり[4]、同じトウダイグサ属ハツユキソウがスノー・オン・ザ・マウンテンと呼ばれるのと対をなしている。

近縁種