Staten Island

Staten Island, New York City
Richmond County
ブルックリンからスタテンアイランドの方に見たヴェラザノ=ナローズ橋
ブルックリンからスタテンアイランドの方に見たヴェラザノ=ナローズ橋
Staten Islandの旗
ニューヨーク市内におけるスタテンアイランドの位置
ニューヨーク市内におけるスタテンアイランドの位置
Staten Islandの位置(ニューヨーク州内)
Staten Island
Staten Island
ニューヨーク州における位置
北緯40度34分34.61秒 西経74度8分41.42秒 / 北緯40.5762806度 西経74.1448389度 / 40.5762806; -74.1448389座標: 北緯40度34分34.61秒 西経74度8分41.42秒 / 北緯40.5762806度 西経74.1448389度 / 40.5762806; -74.1448389
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州
リッチモンド
ニューヨーク市
定住 1661年
行政
 • 種別 行政区 (ニューヨーク市)
 • 区長 en:James Oddo共和党
(スタテンアイランド区)
 • 地区検事 en:Daniel L. Master, Jr.(臨時)
(リッチモンド郡)
面積
 • 合計 102mi2 (260km2)
 • 陸地 58mi2 (150km2)
 • 水面 44mi2 (110km2)  43%
人口
(2014)
 • 合計 473,279[1]
 • 密度 8,160.0/mi2 (3,150.6/km2)
等時帯 UTC-5 (東部標準時)
 • 夏時間 UTC-4 (東部夏時間)
ZIPコード
10301–10314
市外局番 347, 718, 917, 929
ウェブサイト www.statenislandusa.com
スタテンアイランドの衛星写真

スタテンアイランド[2](Staten Island, 英語発音: [ˈstætn ˈailənd])またはスタテン島(スタテンとう)は、ニューヨーク湾内にあり、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に属する、あるいは、周辺の小さな無人島を含むニューヨーク市の行政区スタテンアイランド区[2] またはスタテン島区[3]Borough of Staten Island)のことである。ニューヨーク州のリッチモンド (Richmond County) の郡域もスタテンアイランド区と同じ。

概要

スタテンアイランドはアッパー・ニューヨーク湾の入口に位置する。北はキル・ヴァン・カル英語版、西はアーサー・キルを隔ててニュージャージー州と、東はザ・ナローズ英語版ヴェラザノ=ナローズ・ブリッジ)を隔ててブルックリンと隣接している。

スタテンアイランド区はニューヨーク市の行政区の一つだが、他の4つの行政区と同様にそれ自体でをなしており、これをリッチモンド郡という。1975年までは行政区の名称も「リッチモンド区」であった。

島の東岸沿いにはメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ傘下のスタテンアイランド鉄道がある。島外と連絡する鉄道はなく、マンハッタンとはスタテンアイランド・フェリー(無料)で結ばれている。ブルックリンとはヴェラザノ=ナローズ橋で結ばれ、ニュージャージー州との間には北からベイヨン橋英語版ゴーサルズ橋英語版アウターブリッジ・クロッシング英語版の3橋がある。

わずかながらもニューヨーク開拓当時の面影を残す地域であり、住宅地ののどかな風景が広がる。島の北端には、ニューヨーク・ヤンキース傘下のマイナーリーグ、スタテンアイランド・ヤンキースの本拠地があり、最近は日本人観光客も多く訪れるようになった。また内陸部にはニューヨーク市立大学スタテンアイランド校や、スタテンアイランド病院、リッチモンド・タウン歴史地区英語版、爬虫類で知られるスタテンアイランド動物園英語版などがあり、同区の文化の中心となっている。

中西部のフレッシュ・キルズ (en) には、ニューヨーク市のごみ処理場があった。アメリカ同時多発テロ事件で崩壊したワールドトレードセンターの残骸の分別もここで行われた。フレッシュ・キルズ埋立地 (en) はかつて世界最大の埋立地であり、体積にして万里の長城を超える世界最大の人工建造物であった[4][5]。現在、マンハッタンにあるセントラルパークの3倍近い面積のフレッシュキルズ・パークが建設中である。

2018年8月の開業を目標に、世界最大の観覧車となる予定であるニューヨーク・ホイール (en) がスタテンアイランド・フェリーセント・ジョージ・ターミナルの近くに建設する計画があったが、2018年10月23日に建設中止が発表された。[6]

歴史

北アメリカの他の大部分の土地と同じように、この島への人類の居住は氷床の後退とともにすぐさま始まった。約14,000年前のクローヴィス文化の遺物がこの島で発見されている。

大型哺乳類が島内から絶滅したことにより、一度はこの島から人類がいなくなったと考えられている。アメリカン・インディアンが定住して農耕を始めたのは約5,000年前に遡ると見られているが[7]、より古い年代の人類が居住した遺物はこの島の複数の箇所で発見されている[8]

ヨーロッパ人がこの地に到来したとき、この島の住民はウナミ区域レナペ族であるラリタン集団であった。スタテンアイランドはアルゴンキン語族であるレナペの言葉で"悪い木の遠い地"を意味するAquehonga Manacknongまたは"悪い木"を意味するEghquhousと呼ばれていた[9]。この地域はen:Lenapehokingとして知られるレナペの本土の一部であった。

最初にこの地に到達したヨーロッパ人は、フランス王フランソワ1世に雇われたイタリア人探検家のジョバンニ・ダ・ヴェラッツァーノである。彼は1520年にフランスのen:La Dauphine号でザ・ナローズ (en) に到達し、一晩停泊した。

1609年、オランダ王国から派遣されたイギリス人探検家のヘンリー・ハドソンHalf Moon号でアッパー・ニューヨーク湾に到達した。オランダ人はこの島を、オランダの議会Staten-Generaalの栄誉を称えStaaten Eylandt(英:"States Island")と命名した(背景に関してはen:Generality Landsも参照のこと)。

このエリアでの最初のオランダ人の定住はニューネーデルラント植民地として1624年にガバナーズ島で始まった。それ以前にも、ガバナーズ島では貿易のためのキャンプが10年以上行われていた。1626年、この彼らの植民地はマンハッタン島へと移った。マンハッタン島はニューネーデルラントの首都ニューアムステルダムとなった。

オランダ人によるStaaten Eylandt(スタテンアイランド)への定住は何十年も始まらなかった。1639年から1655年、en:Cornelis MelynDavid de Vriesはこの島への定住を三度試みたが、原住民との対立のために定住地は破壊され全て失敗に終わった[10]。1661年、最初のオランダ人による定住はOulde Dorp(オランダ語で古い村, "Old Village")で始まった[11]。これはザ・ナローズ (en) のすぐ南、サウス・ビーチ (en) のすぐ近くであった。Oude Dorpの名残は、Old Townという地区名として残っている[12]New Dorp地区はOude Dorpの拡張された地区である。

第二次英蘭戦争 (en) の終了時の1667年、オランダはブレダの和約によってニューネーデルラントをイングランドへ譲渡した。こうして、ニューヨーク植民地の一部として、Staaten Eylandt英語化され"Staten Island"となった。

1683年に、ニューヨーク植民地は10の郡に分割され、スタテンアイランドと近隣の幾つかの小島はリッチモンド郡となった。この名前は、当時のイングランド王であったチャールズ2世の息子、初代リッチモンド公チャールズ・レノックスの爵位名から取られている。

アメリカ独立戦争において、スタテンアイランドはいくつかの役割を担うことになる。1776年、ニューヨーク・ニュージャージー方面作戦の端緒としてイギリス軍はスタテン島に兵力を集めた。また同年、スタテン島和平協議がこの島で開催された。1777年には、スタテン島の戦いの舞台にもなった。

1898年、スタテンアイランドはニューヨーク市の一部として併合された。当初の行政区名は郡名と合わせてリッチモンド区であったが、1975年にスタテンアイランド区と改称された。

1993年、住民投票でスタテンアイランドのニューヨーク市からの分離が可決されたが、結局現在まで分離はなされていない(シティ・オブ・グレーター・ニューヨーク#スタテンアイランド分離参照)。

地理

スタテンアイランドはニューヨーク市の南西部に位置する。アメリカ合衆国統計局によると、スタテンアイランド区(リッチモンド郡)は総面積265.5 km2 (102.5 mi2) である。このうち151.5 km2 (58.5 mi2) が陸地で114.0 km2 (44.0 mi2) が水域である。総面積の42.95%が水域となる。

人口統計

2000年の国勢調査によると、スタテンアイランド区(リッチモンド郡)には人口443,728人、156,341世帯、114,128家族が暮らしている。人口密度は2,929.6/km2 (7,587.9/mi2) である。163,993軒の住宅があり、面積あたりの平均戸数は1,082.7/km2 (2,804.3/mi2) である。人種的な構成は白人77.60%、アフリカ系9.67%、ネイティブ・アメリカン0.25%、アジア系5.65%、オセアニア系英語版[13] 0.04%、その他の人種4.14%、および混血2.65%である。人口の12.07%がヒスパニックまたはラテン系である。

2000年、スタテンアイランドでのおもなヨーロッパ系の比率は以下のとおりである。

統計局の予測によると、人口は2003年に459,737人に増加する見込みである。

交通