ニーダーザクセン州
Land Niedersachsen
ニーダーザクセン州の旗 ニーダーザクセン州の紋章
州旗 州の紋章
ドイツ国内におけるニーダーザクセン州の位置
州都 ハノーファー
面積 47,617.97 km² (第2位
人口
 - 総計
 - 人口密度
(2005/12/31)
7,993,946 人 (第4位
167.9 人/km²
ISO 3166-2:DE DE-NI
公式サイト ニーダーザクセン州政府
政  治
州首相 シュテファン・ヴァイル (SPD)
与党 SPD同盟90/緑の党連立
前回選挙 2017年10月15日
次回選挙 2022年予定
連邦参議院(上院)
での投票権数
6
地  方
市町村数
 * 独立市
1023
8

ニーダーザクセン州ドイツ語: Land Niedersachsen低地ドイツ語: Neddersassen東フリジア語:Lound Läichsaksen、英語: Lower Saxony)は、ドイツ連邦共和国を構成する16の連邦州のひとつで、ドイツ北西部に位置する。低地ザクセン州とも訳される。州都はハノーファー

地理

北から北東にかけてシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州ハンブルク市と、東をメクレンブルク=フォアポンメルン州ブランデンブルク州ザクセン=アンハルト州と、南をヘッセン州テューリンゲン州と、南西をノルトライン=ヴェストファーレン州と、西をオランダと接する。また、州内にはブレーメン州が2つの領域(主市ブレーメン・外港ブレーマーハーフェン)として分かれて存在している。北は、北海に面し、その沿岸部は東フリースラント地方とよばれる。沖合には7つの島が連なる東フリージア諸島(オストフリージッシェ諸島)が浮かぶ。

州のほとんどは北ドイツ平野のニーダーザクセン低地に含まれ、南部がドイツ中部山地の北側部分にかかる。州の北東部は、エルベ川が州境となり、南東から北西へ向かって流れる。ただし一部例外があり、エルベ川右岸の町アムト・ノイハウスのみはニーダーザクセン州に属し、逆に、ハンブルクの南西部は左岸に及んでおり、この部分は属さない。中央部ではヴェーザー川とその支流ライネ川アラー川が南北に流れる。東部にはエムス川が流れる。また、北ドイツ平野の南部を東西にミッテルラント運河が通り、これらの河川をつないでいる。

南東部は、ザクセン=アンハルト州とにまたがり、ドイツ中部山地で最も標高の高いハルツ山地がある。州内の最高地点は、ハルツ山地にあるヴルムベルク山海抜971m)である。南部から中南部は、ヴェーザー川流域に形成されたヴェーザー山地がヘッセン州およびノルトライン=ヴェストファーレン州との境界をなす。

東部にはリューネブルガーハイデと名づけられたドイツ最大の荒地の広がる地域が、西部にはエムスラントと名づけられた広大な沼沢地があり、共に過疎地帯となっていたが、19世紀20世紀に開拓が進み、今日では一部が自然公園として保護されて行楽地となっているのみである。

歴史

今日ニーダーザクセン州となっている地域の大部分は、中世時代にはザクセン人が居住、支配していた地域で、「ザクセン地方」と呼ばれていた。

ザクセン公国

8世紀、カール大帝によってフランク王国に併合された。ザクセン部族の長ヴィドゥキントは改宗させられてザクセン大公となり、ザクセン公国の統治をまかされた。カロリング朝が断絶した後に、ドイツ国王に選ばれたのは、ザクセン大公ハインリヒ1世であった。彼の子オットー1世は、神聖ローマ帝国の初代皇帝となった。その後、ザクセン人の支配領域はいまだキリスト教化されていなかった南東地域(今日のザクセン州ザクセン=アンハルト州に含まれる地域)に広がった。その新しい地域をキリスト教化し、統治していた貴族は、ザクセン朝の断絶後、ザクセン公の地位を継承し、近代には「ザクセン地方」の名はもっぱらそちらを指すようになっていた。それと区別するために、旧ザクセン地方には、「ニーダーザクセン」の名が帝国クライスを設置する際に与えられた。ザクセン公国は大幅に南東へと移動したため(現在のザクセン州)、旧ザクセンの地は北東から新興してきたプロイセン王国へと併呑されていく。

分割期

ドイツ帝国時代(1871年-1918年)には今日の州域は、プロイセン王国ハノーファー州ドイツ語版英語版普墺戦争以前のハノーファー王国)、オルデンブルク大公国ブラウンシュヴァイク公国の主要部、シャウムブルク=リッペ侯国に分かれていた。1918年に各君主国は共和制の自由州となった。

ニーダーザクセン州

第二次世界大戦後は、イギリス占領地区となった。1946年8月23日、イギリス占領軍司令部によって、プロイセンが解体され、ハノーファー州がプロヴィンツ (Provinz) からラント (Land) に昇格した。11月23日、ハノーファー州(ソ連占領地域となっていたエルベ川右岸の部分を除く)、オルデンブルク共和国、ブラウンシュヴァイク共和国(ソ連占領地区となっていた一部を除く。この部分はザクセン=アンハルト州に組み込まれた)、シャウムブルク=リッペ共和国を統合して、ニーダーザクセン州が成立した。

1949年5月23日ドイツ連邦共和国(西ドイツ)が成立し、その1州となった。1951年4月13日、州議会は「暫定州憲法」(Vorläufige Niedersächsische Verfassung) を制定、5月1日に発効した。この州憲法は、「暫定」と題したまま数度の改正を経て、1993年まで有効であった。

1990年ドイツ再統一後、元々ハノーファー州に含まれていたが、ソ連占領地区とされたためドイツ民主共和国(東ドイツ)に属していた自治体が、住民投票を経て、1993年6月30日にニーダーザクセン州(リューネブルク郡)へ編入された。それらの自治体は、10月1日に合併してアムト・ノイハウス (Amt Neuhaus) になった。

また、1993年5月19日には新たに州憲法 (Niedersächsische Verfassung) を制定し、6月1日に発効した。この憲法では、州の基本原理として環境保護を掲げたほか、住民発議(イニシアティブ)と住民投票(レファレンダム)の規定を置いた。

政治

州議会

ハノーファー市にある州議会議事堂(旧ライネ城)

州議会 (Landtag) は一院制で、議員は小選挙区比例代表併用制で選出される。2020年現在の議席数は137。2017年10月15日に行われた州議会選挙での、各党の「得票率/獲得議席数(前回2013年選挙からの増減)/議席占有率」は以下の通りである。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

  •    左翼党 (Linke) 4.6%/0議席(±0)/0%

左翼党は得票率4.6%にとどまり、議会入りを果たせなかった。

歴代州首相

  1. 1946年-1955年: ハインリヒ・ヴィルヘルム・コプフ (Hinrich Wilhelm Kopf) SPD
  2. 1955年-1959年: ハインリヒ・ヘルヴェゲ (Heinrich Hellwege) DP
  3. 1959年-1961年: ハインリヒ・ヴィルヘルム・コプフ(再)SPD
  4. 1961年-1970年: ゲオルク・ディーデリヒス (Georg Diederichs) SPD
  5. 1970年-1976年: アルフレート・クーベル (Alfred Kubel) SPD
  6. 1976年-1990年: エルンスト・アルプレヒト (Ernst Albrecht) CDU
  7. 1990年-1998年: ゲアハルト・シュレーダー (Gerhard Schröder) SPD (後の連邦首相
  8. 1998年-1999年: ゲアハルト・グロゴフスキ (Gerhard Glogowski) SPD
  9. 1999年-2003年: ジグマール・ガブリエル (Sigmar Gabriel) SPD
  10. 2003年-2010年: クリスティアン・ヴルフ (Christian Wulff) CDU
  11. 2010年-2013年デイヴィッド・マカリスター (David McAllister) CDU