日本リウマチ財団医学賞(にほんリウマチざいだんいがくしょう)は、リウマチ領域の研究や教育に大きな貢献のあった研究者・教育者等に日本リウマチ財団から授与される医学賞で、以下の各賞からなる。

ノバルティス・リウマチ医学賞

本賞は、創設当初「チバガイギー・リウマチ医学賞」であったが、1997年4月に日本チバガイギーの医薬部門とサンド薬品が統合、ノバルティス・ファーマが発足したのに伴い「ノバルティス・リウマチ賞」に変更となり、1999年から「ノバルティス・リウマチ医学賞」に変更となった[1]

チバガイギー・リウマチ医学賞

  • 1990年 平野俊夫(リウマチの発症機序と IL-6)
  • 1991年 池原進(骨髄移植による慢性関節リウマチ治療に関する基礎的研究)
  • 1992年 西岡久寿樹(成人 T 細胞白血病ウイルスによる関節炎発症機構の解明:慢性関節リウマチの病因解析モデル)、岩倉洋一郎(成人 T 細胞白血病ウイルスによる関節炎発症機構の解明:トランスジェニックマウスによる分子生物学的検討)
  • 1993年 小池隆夫(膠原病の血栓性病変と抗カルジオリピン抗体に関する研究)
  • 1994年 笹月健彦(慢性関節リウマチの発症を規定する遺伝要因の解明)
  • 1995年 橋本博史(全身性エリテマトーデス (SLE) の母親から出生する児の転帰・予後と治療法に関する研究)
  • 1996年 森本幾夫(ADA 結合蛋白 CD26 の T 細胞免疫機能への役割:その遺伝子工学的・生物学的解析)

ノバルティス・リウマチ賞

  • 1997年 山本一彦(新しい方法論を基にした慢性関節リウマチの病因抗原の同定)
  • 1998年 岡田保典(マトリックスメタロプロテアーゼによる RA 関節破壊の分子機構)

ノバルティス・リウマチ医学賞