ハワイ州
State of Hawaii
Mokuʻāina ʻo Hawaiʻi
ハワイ州の旗ハワイ州の印
州旗(州章)
州の愛称: アロハ・ステート
The Aloha State
ハワイ州の位置
州都ホノルル
最大の都市ホノルル
州知事デービッド・イゲ
公用語ハワイ語英語
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全米第43位
28,311 km²
16,638 km²
11,672 km² (41.2%)
人口2010年
 - 総計
 - 人口密度
全米第40位
1,360,301
72.83人/km²
合衆国加入
 - 順番
 - 加入年月日

50番目
1959年8月21日
時間帯UTC -10(ハワイ・アリューシャン標準時
DST なし
緯度北緯18°55' - 29°
経度西経154°40' - 162°
東西の幅N/A km
南北の長さ2,450 km
標高
 -最高標高
 -平均標高
 -最低標高

4,205 m
925 m
0 m
略称 (ISO 3166-2:US)US-HI
ウェブサイトハワイ州政府
上院議員ブライアン・シャーツ
メイジー・ヒロノ

ハワイ州: State of Hawaii [həˈwaɪ.i] ( 音声ファイル)ハワイ語: Hawaiʻi[1])は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。漢字では「布哇」と書く。海域として定められたミクロネシアの北端でもある。

ハワイ島マウイ島オアフ島カウアイ島モロカイ島ラナイ島ニイハウ島カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル(2,400キロ)にわたっている。州全体が島だけで構成されるアメリカ合衆国で唯一の州である。

アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。その自然の多様な景観、暖かい熱帯性気候、豊富な公共の海浜と大洋に取り囲まれていること、および活火山の活動があることで、観光客、サーファー、生物学者、火山学者などに人気のある目的地になっている。日本で最も人気な海外リゾート地のひとつ。独特の文化がある他に太平洋の中心にあることで、北アメリカアジアの影響も多く受けている。130万人を超える人口のほか、常に観光客やアメリカ軍軍事関係者が滞在している。

家庭で話される言語(ハワイ州) 2010
英語
  
74.41%
タガログ語
  
4.52%
イロカノ語
  
4.06%
日本語
  
3.95%
ハワイ語除く大洋州諸語
  
2.61%
スペイン語
  
2.01%
中国語
  
1.54%
ハワイ語
  
1.50%
人種構成(ハワイ州) 2010
アジア系
  
38.6%
白人
  
22.7%
先住ハワイ人・太平洋諸島系
  
10.0%
ヒスパニック
  
8.9%
インディアン
  
0.3%
黒人
  
1.6%
混血
  
23.6%

州名の由来

ハワイ語の Hawaiʻi は原始ポリネシア語の Sawaiki から派生したものであり、「母国」を意味するように内的再構されている[2]Hawaiʻi同根語はポリネシアのマオリ語Hawaiki)、ラロトンガ語ʻAvaiki)およびサモア語Savaiʻi)にも見られる。

言語学者のプクイとエルバートによれば[3]、ポリネシアのどこでも、Hawaiʻi あるいはその類似語は地下世界または祖先の家の名前であるが、ハワイでは意味を持たない[4]

歴史

先史時代

ハワイ諸島へ人類が移民してきたのは、4世紀から8世紀ごろ(史料が乏しくはっきりわかってはいない)[5]で、南方のテ・ヘヌア・エナナ(マルケサス諸島)からと考えられている。この際に使用されたと考えられているのが、双胴の航海カヌーと、「スター・ナヴィゲーション」と呼ばれるリモート・オセアニア海域で広く用いられた航法技術である。ちなみにハワイへの移民がテ・ヘヌア・エナナから行われたとの説はビショップ博物館所属の日本人研究者、篠遠喜彦博士の、「釣り針編年研究」が基礎となっている[6]

ハワイ王国時代

Drawing of single-masted sailboat with one spinnaker-shaped sail, carrying dozens of men
ハワイ王カラニオプウ、キャプテン・クックに贈り物を持ってきている。クックの船に乗船していた画家ジョン・ウェバーが描いた。
リリウオカラニ女王はハワイの代表曲アロハオエの作者として知られる

アメリカによる併合

row of men with rifles
ハワイ王政打倒時の上陸部隊、1893年1月
ホノルルにあるイオラニ宮殿、元はハワイ王の住まい。ハワイ共和国の議事堂だった。