ハート・スピーク〜プレイズ・イヴァン・リンス〜
テレンス・ブランチャードスタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年8月28日 - 31日 カリフォルニア州ハリウッド コンウェイ・スタジオ[1]
ジャンル ジャズブラジリアン・ジャズ
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース テレンス・ブランチャード、マイルス・グッドマン
専門評論家によるレビュー
テレンス・ブランチャード アルバム 年表
ロマンティック・ディファイアンス
(1995年)
ハート・スピーク〜プレイズ・イヴァン・リンス〜
(1996年)
ジャズ・イン・フィルム
(1999年)
テンプレートを表示

ハート・スピーク〜プレイズ・イヴァン・リンス〜』(原題:The Heart Speaks)は、アメリカ合衆国ジャズトランペット奏者、テレンス・ブランチャード1996年に発表したスタジオ・アルバム

背景

ブラジル人シンガーソングライターのイヴァン・リンスの作品を取り上げた内容で[2]、リンス自身も3曲のインストゥルメンタルを除く全曲で、ボーカリストとして参加した[3]。「ハート・スピーク」は本作のための新曲で[4]、リンスが自身の妻に捧げた曲である[5]。「コンガーダ・ブルース」は、1991年にリンスがマイルス・デイヴィスのために書き下ろした曲だが、デイヴィスによる録音は残されなかった[5]。「ラヴ・ダンス/コメサール・ヂ・ノーヴォ(新たな出発)」は、ブランチャードとリンスのデュオによる録音である[4]

評価

第39回グラミー賞では、最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞にノミネートされ、自身2度目・6年ぶりのグラミー賞ノミネートとなった[6]

スコット・ヤナウオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「ブランチャードは度々リンスの声とハーモニーを形成し、物悲しく夢見るような雰囲気を生み出している」「リンスに関しては"Love Dance"ぐらいしか知らないジャズ・ファンにとっても、彼の音楽への良き入り口となるだろう」と評している[3]。ドン・ヘックマンは『ロサンゼルス・タイムズ』紙のレビューで4点満点中3点を付け「この共演は、驚くほど良い結果をもたらした」「ブランチャードの雄大で豊かな響きの音色は、リンスの穏やかだが鋭敏な感情を伴ったボーカル・スタイルと好対照の、温もりや瑞々しさをもたらしている」と評している[2]。また、『CDジャーナル』のミニ・レビューでは「ジョビンでもジルベルトでもなくイヴァンの曲を選んだところが面白い」と評されている[7]

収録曲

特記なき楽曲はイヴァン・リンスヴィートル・マルチンス英語版の共作。

  1. アパレシーダ - "Aparecida" (Ivan Lins) - 6:02
  2. アンチス・キ・セージャ・タルジ(間に合ううちに) - "Antes Que Seja Tarde" - 5:30
  3. メウ・パイース(我が祖国) - "Meu Pais (My Country)" - 3:57
  4. ヴァルサ・ミネイラ(ミナスのワルツ) - "Valsa Mineira" (I. Lins) - 4:54
  5. ハート・スピーク - "The Heart Speaks" (I. Lins) - 5:29
  6. コンガーダ・ブルース - "Congada Blues" - 5:37
  7. ノクトゥルナ(ノクターン) - "Nocturna" - 5:25
  8. ジャスト・フォー・ナナ - "Just for Nana" (I. Lins) - 5:05
  9. オリジンボ・アンド・ホジクレール - "Orizimbo and Rosicler" - 4:31
  10. ショーロス・ダス・アーグアス(せせらぎ) - "Chorus das Aguas" - 7:29
  11. ラヴ・ダンス/コメサール・ヂ・ノーヴォ(新たな出発) - "Love Dance/Comecar de Novo" (I. Lins, Gilson Peranzzetta, Paul Williams) - 4:25
  12. メニーノ(少年) - "Menino" - 4:50
  13. アパレシーダ・リプライズ - "Aparecida Reprise" (I. Lins) - 1:05

参加ミュージシャン

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ CD英文ブックレット内クレジット
  2. ^ a b Heckman, Don (1996年2月18日). “JAZZ : ALBUM REVIEWS : Young Trumpeters Seek New Paths : *** TERENCE BLANCHARD, "The Heart Speaks", Columbia : *** WALLACE RONEY, "The Wallace Roney Quintet", Warner Bros.”. Los Angeles Times. 2018年10月3日閲覧。
  3. ^ a b Yanow, Scott. “The Heart Speaks - Terence Blanchard”. AllMusic. 2018年10月3日閲覧。
  4. ^ a b 日本盤CD (SRCS-7986)ライナーノーツ(中原仁、1996年2月)
  5. ^ a b CD英文ライナーノーツ(テレンス・ブランチャード)
  6. ^ Terence Blanchard - Artist”. grammy.com. The Recording Academy. 2018年10月3日閲覧。
  7. ^ テレンス・ブランチャード/ハート・スピーク〜プレイズ・イヴァン・リンス〜 (廃盤)”. CDJournal. 音楽出版社. 2018年10月3日閲覧。