バス到着直前の様子

バス停留所(バスていりゅうじょ、バスていりゅうしょ 英:Bus stop)は、路線バス高速バスにおいて旅客が乗降できる地点である。日本においてはバス停(バスてい)と略称され、法令・行政用語としては乗合自動車停留所と表現されることもある[1]

バス停留所は公道上の多くあるほか、バス乗客の目的地となる鉄道駅空港飛行場といった交通結節点、自治体の役場など官公庁[2]、大規模な医療機関[3]、商業・観光施設[4]の敷地内や近くにも置かれる。

時刻表付き標識が立てられているだけの簡素なバス停もあれば、屋根ベンチ、これらにを加えた待合所を備えたバス停もある。バス停留所のうちバスの始発・終着地を施設化したものはバスターミナルと呼ばれる。バス事業者の営業所や車庫に、始発・終着バス停が併設されていることも多い[5]

また、日本高速道路上にあるバス停留所と付随する施設については、「バスストップ」と呼ばれることがある。この点については、後節を参照。

なお、運行する路線において停留所以外の任意の場所で乗降できる制度をフリー乗降制と呼ぶ。

停留場については、当該項目や路面電車停留場を参照。

概要

路線を定めて運行を行う乗合バス(路線バス)では、始発地点と終着地点及び区間途中に旅客が乗降する地点を定め、標識を立てるなどしてバス停留所であることを示す。フリー乗降制を除いて基本的に、停留所においてのみ乗降の取扱を行う(急行バスなど、バス停が設定されていても利用できない便も一部にある)。原則として、区間中の停留所は乗降車共に可能だが、場所により乗車専用や降車専用のバス停もある[6](「クローズドドアシステム」も参照)。

バス停留所の標識の多くは「標識版(標示柱、標柱、ポール)」と呼ばれ、停留所の名称、時刻表路線図などが印字あるいは掲示されている。バスターミナルを除く多くのバス停は、屋根やベンチ、待合所があっても、鉄道駅などに比べ、設備は簡素である。標識のみのバス停では、利用者が屋外で立ったままバスを待つことを強いられる。このため群馬県は、バス停100メートル圏内でバス利用者の待合所としてスペースを提供してくれる店舗や企業を「バスまち協力施設」として登録している[7]

札幌市東区栄町交通広場。駐輪場と待合所が整備されている。

利用者の自宅などとの往来に自転車駐輪場パークアンドライド駐車場を併設しているバス停もある。

国・地域や事業者にもよるが、停留所の名称が付されている場合とそうでない場合がある。

1つの乗降場で事業者毎に標識を立てる場合
同一事業者による同一地点の停留所だが路線によって名称が異なる例(くしろバス イオン釧路店停留所 兼 桂木2丁目停留所)

一つのバス停留所には、上り方面と下り方面の2つの乗降場が、道路を挟んで向かい合わせに設けられるものが一般的で、方向毎の外側車線に乗降場があることが多い。このとき、一つの停留所に複数の路線や異なる事業者のバスが停留する場合、路線別、事業者別に独立した標識を立てる場合と、複数の路線、事業者をまとめた標識を立て、時に数字等で乗降場を区別する場合があり、後者の場合はバスターミナルなどで用いられることが多い。路線が分岐する地点などにおいては、路線の方向毎に異なる道路上に乗降場を設けることがある。また、分岐点ではないバス停留所においても、同名の停留所であっても路線や事業者によって乗降場が異なる場合や、一方で同じ乗降場であるにも関わらず路線や事業者によって停留所名が異なる場合もある。他に、一方通行道路を経由する場合や、環状運転になるような場合、および用地が確保不可能である場合などには、乗降場が片方向のみ設置される場合がある。また、諸般の事情(交差点の形状、道路に接する住宅・商店などの状況など)により千鳥状に乗降場が設けられる場合もある。場所によっては、乗降客の少ないバス停留所は標識をどちらか1本のみ立て、上下兼用とする場合もある。この時、標識が設けられていない方向のバスを利用したい場合は、標識の真向かいに立っているとバスが停車する。

狭い範囲に点在しているバス停留所を一か所に集約しバスターミナルを設置する場合もある。

設置箇所

一般道路など

一般道路においては、それを示す標識板(標示柱)が道路上に存在し、時刻表や路線図が掲示されている。形状は歩道または路肩に標識版を設置するだけのものが一般的だが、屋根や待合室などの施設を設置しているものや、屋根とベンチを備えたものはバスシェルターともいい、この中には壁面を持つものもある。

ブラジルクリチバRITシステムのバスシェルター。"tubo" (tube) の名で知られている。

このほか、医療機関や鉄道駅、大型ショッピングセンター、官公署など公共施設(市町村役場・運動公園・文化ホールなど)では広い施設敷地内にバス停を設置し、路線バスがそこまで乗り入れる場合もある。自治体など、地域が関与する割合の高いコミュニティバスにおいて特に顕著に見られる。

バスターミナル

新宿南口交通ターミナル
通称「バスタ新宿

バス停留所のうち、複数のバス路線の発着点に設置される施設をバスターミナルという[8][9]。日本では自動車ターミナル法によって、「乗り合いバス車両を2両以上停留させることを目的とし、道路・駅前広場など一般交通に供する場所以外の場所に施設を持つもの」とされている。交通の拠点であり、きっぷ売り場や広い待合室トイレ売店などが設置される。

バスセンターまたは国鉄の自動車路線では自動車駅といった)と呼ばれることもある。前者の例は広島バスセンター広島市)、万代シティバスセンター新潟市)、後者の例では十和田湖駅青森県十和田湖町)などがある。ただし、東日本大震災で被災鉄道の代替として東日本旅客鉄道(JR東日本)が開設した気仙沼線・大船渡線BRTでは、ターミナル機能がなくても「駅」と呼ばれている[10]

高速道路上

設置形態

高速道路の本線車道上にバス停留所が設けられることがあり、高速バスなどが発着する。

そうした停留所の設置形態として大別して2種類ある。一つは、停留所とその前後に、路線バス用に一般用とは独立した車線を設ける形態である。これは本線車道の一部だが路線バスに限って通行が許され発着が可能である。もう一つは、パーキングエリアサービスエリアインターチェンジなどの本線車道から一旦離れた場所に設ける形態である。ただし後者の場合、高速バスの表定速度が落ちる。

他に、一般路線バスと接続させることを企図した場合には、インターチェンジの料金所外にバスストップが設置される事があり、この場合は料金所を出るごとに通行料金が区々別々となるため運賃が余分にかかることになる。また、この形態の場合、料金所での渋滞に巻き込まれやすく、都市部を中心に交通量が大きい道路ではこのような形態の停留所は減少傾向にある。

アクセス

一般的に、高速道路は都市の中心部から少し外れた場所を通っているため、高速道路上のバス停留所も都市の外れにあるものがほとんどである。都市中心部とその停留所の間を結ぶ路線バスが運行されている場合もあるが、自家用車タクシー以外のアクセス手段がない所も少なくない。また高速道路上のバス停まで、階段や坂道を登らなくてはいけない所もある。

大分自動車道大板井バスストップのように、高速道路に並行する鉄道路線甘木鉄道甘木線)に大板井駅を設置してアクセス向上を図った例もある。

バス停留所の構造

バス停留所の構造には、以下のような形式がある[11]

バスベイ型

道の駅なないろ・ななえにあるバスベイ型のバス停留所

バスベイバスカットバスターンアウトバスプルアウトバスレイバイともいう)は、バスやトラムが交通の流れから外れて停車できる乗降場のことを指す。多くの場合、歩道または歩行者専用区域に切り欠いて設置される。

利点
  • バスが停留所に停車している間、他の交通の妨げにならず、後続車が停車中のバスを追い越しすることが容易。
欠点
  • 切り込みの形状や周辺の路上駐車、停留所内の違法駐車の状況によっては、バスが停留所から離れずにぴったり停車(正着)することが難しい。
  • 渋滞時の発車が難しく、遅延の原因となりやすい。縦列停車したバスがある場合、後続のバスは前のバスの影響を受けやすい。
  • 歩道を切り欠くため、対策をしない限りは歩道の幅員が狭くなる。
  • 停車時のバスの車体の向きによっては運転手が後方確認を行うことが困難になる。

テラス型

ブダペストにあるテラス型のバス停留所

テラスバスバルブボーダーともいう)は、停留所を歩道から車道側(路肩停車帯、または車道)に張り出し、バス利用者と歩行者の衝突などを回避しながら、待合所などを含む利用者のアメニティの為のスペースが提供できる乗降場のことを指す。

利点
  • テラス部の幅が十分にあれば、周囲の路上駐車の状況に関わらずに停留所に正着できる。
  • 歩道の有効幅員を狭めることがなく待機所を設けられるため、歩道の混雑を低減できる。
  • バスが出発しやすく、遅延拡大を防ぎやすい。
欠点
  • 道路が狭まるため、広い路肩や停車帯を持たない道路では適用が困難。
  • 外側車線を走行する自転車がバス停前後で車道中央に寄るため危険。
  • 後続車の追い越しが困難である。

ストレート型

名古屋市にあるストレート型のバス停留所

道路の全幅員に余裕がなく、歩道を切り欠いて停車帯を設けることができない場合等に用いられる型式の乗降場のことを指す。

利点
  • 既存の道路構造を比較的大きく変更せずに設置できる。
欠点
  • 停留所に必要な施設を設置することで歩道の幅員が狭まる。
  • 駐車車両があると停留所に正着することが難しくなる。
  • 後続車の追い越しが困難である。

島式型

名古屋市にある基幹バスの島式のバス停留所

バスを中央走行方式で運行している場合に、乗降場を道路の中央に島式の形状で設けたものを指す。道路中央にバス専用レーンを持つ基幹バスバス・ラピッド・トランジット(BRT)では、バス停留所も路面電車安全地帯のように道路中央寄りに設けられている。

利点
  • 駐停車車両の影響を受けにくく正着しやすい。
欠点
  • バス利用者は必ず道路を横断しなければならない。

世界のバス停留所