ピアノソナタ第1番 作品12は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲した最初のピアノソナタである。

概要

1926年10月20日に作曲され、同年12月2日にショスタコーヴィチ自身のピアノによりレニングラード・フィルハーモニー小ホールで初演された。実質的なデビュー作である交響曲第1番の初演は同年3月のことであった。交響曲第1番の後、ショスタコーヴィチは西欧の新しい音楽に対する好奇心を示し、当時活躍していた現代作曲家たち(イーゴリ・ストラヴィンスキーセルゲイ・プロコフィエフパウル・ヒンデミットら)に多大な影響を受けた作品を作り始めた。アントン・ヴェーベルンの作品ともいうべき実験作である『格言集』作品13や、作風の頂点となったオペラ』作品15などがこの時期の代表作である。

プロコフィエフのピアノソナタの影響がしばしば指摘されるが、ショスタコーヴィチは、1927年2月にプロコフィエフの前でこの曲の演奏した。プロコフィエフはこの曲をとても気に入ったと伝えられている。

演奏が現代曲並みに難解で、演奏されることがかなり少なく、滅多に聴くことが出来ない。また録音もかなり少ないが、ショスタコーヴィチ自身の録音が存在する。時々シェーンベルクシュトックハウゼンのピアノ曲と共に現代音楽のレパートリーに入れられることが良くある。

構成

単一楽章の構成で、全曲は続けて演奏され、鋭くメカニックな響きを特徴とする。また当時の現代的な技法が使われている。演奏時間は約13分。

  • アレグロ -
  • メノ・モッソ -
  • アダージョ -
  • アレグロ - ポコ・メノ・モッソ -
  • アダージョ - レント -
  • アレグロ - メノ・モッソ - モデラート - アレグロ