ファンファーレは、競馬の競走の発走前に流れる音楽のことである。

アメリカ軍信号ラッパ曲 "First Call" (ケンタッキーダービーのファンファーレ "Call to Post" と同じ曲)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
アメリカ軍の信号ラッパ曲 "Fire Call"
ばんえい競馬中央競馬などでファンファーレとして使用されていた曲)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
アメリカ軍の信号ラッパ曲 "Drill Call"

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

概要

JRAのスターター

日本の競馬のファンファーレは各競走の発走に先立って流れ[1]、大半の競走では、あらかじめ録音(収録)されているものが流される。中央競馬では主なGI競走、夏競馬では各競馬場の主要重賞などが生演奏されることがある。GI競走など観客が多く集まる時にはファンファーレ演奏時に手拍子や合いの手のコールが起きることが風物詩となっている。地方競馬では各競馬場にもよるが生演奏されることがある[注 1]

ファンファーレはスターター台に立つスターターが旗を振ると流れる。なお、ファンファーレが流れた後に放馬や馬体検査などがある場合はスターターは台を降り、要件が済むとスターターが台に上がり、再びファンファーレが流れる。生演奏だった場合は、再度生演奏されるか録音されていたものが流れることがある。

日本の競馬では定着しているファンファーレだが、他国の競馬においては馴染みが薄い。アメリカのケンタッキーダービーでは"Call to Post"がファンファーレとして使用されているものの、他国ではファンファーレがないところが多い。

中央競馬

La Garde Montante (in A)


\header { tagline = ##f }

\score {
  \new Staff {
    #(set-default-paper-size "a7")
    #(set-global-staff-size 15)
    \transposition a
    \tempo 4. = 112
    \time 6/8 
    %\set Staff.midiInstrument = #"trumpet"
    \override Score.SpacingSpanner #'common-shortest-duration = #(ly:make-moment 1 8)
    \new Voice {
        \repeat volta 2 { 
          \relative c'' {c8. c16 c8 c g c e8. e16 e8 e c e g8. g16 g8 e c g e4. g 
                         c8. c16 c8 c g c e8. e16 e8 e c e g8 e c g e g c4.~ c8 r4 }
        }
    }
  }
  \layout {}
}

\score {
  \new Staff {
    \transposition a
    \tempo 4. = 112
    \time 6/8 
    %\set Staff.midiInstrument = #"trumpet"
    \new Voice {
      \unfoldRepeats {
        \repeat volta 2 { 
          \relative c'' {c8. c16 c8 c g c e8. e16 e8 e c e g8. g16 g8 e c g e4. g 
                         c8. c16 c8 c g c e8. e16 e8 e c e g8 e c g e g c4.~ c8 r4 }
        }
      }
    }
  }
  \midi {}
}
ビゼーカルメン第2組曲』より『衛兵の交代』冒頭[2]
(中央競馬などでファンファーレとして使用された曲)

中央競馬でのファンファーレの発祥は、日本短波放送(現・ラジオNIKKEI)が中央競馬実況中継の放送にてレース発走のタイミングが場内の音声のみでは分かりづらい事から、1959年エドゥアルト・シュトラウス1世テープは切られた」をファンファーレとして流し始めたのが始まり。これを日本中央競馬会が気に入り、数ヶ月後に競馬場内でも流されるようになった。なお、京都競馬場のみジョルジュ・ビゼーカルメン組曲」より「衛兵の交替」を使用していた[3]

1987年に日本中央競馬会の略称がNCKからJRAに変更になり、同年12月からまずは東京・中山・京都・阪神の4大場と呼ばれる競馬場でのファンファーレが変更された[注 2]。残りの6競馬場については翌1988年の春開催時には旧来のファンファーレが引き続き使用されていたが、同年6月の夏競馬開幕時に現行のものに変更した。

GI競走では陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊の音楽隊、地元の交響楽団大学吹奏楽部などがファンファーレを生演奏をすることがある。ローカル開催(主に夏季)の重賞でも地元の音楽隊、交響楽団が生演奏することがある。

ファンファーレ一覧(中央競馬)

2016年時点で、各競馬場ごとに一般競走用[1]、特別競走用[1]、重賞(GI除く)競走用[1]の3曲ずつが使用されており、関東(東京・中山)と関西(京都・阪神・中京)別に平地GI競走用が2曲[1]、障害競走用が2曲[1]、専用ファンファーレが2曲の合計21曲が使用されている。

地方競馬

地方競馬でも、中央競馬と同様に各競馬場にファンファーレがある。曲名があるファンファーレや、一般から選ばれたファンファーレなどがある。

ファンファーレ一覧(地方競馬)

ダービーグランプリでも使用されていたが、同競走はJpnI格付ではなくなったため、前者の競走のみの使用になった。
2007・2008年は、ファンファーレが変更された(現在のJpnIII競走のファンファーレ)。
ブラスバンドH.B.B.[注 9]が演奏する。