ミチノクフクジュソウ
W hukujusou3021.jpg
ミチノクフクジュソウ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: フクジュソウ属 Adonis
: ミチノクフクジュソウ A. multiflora
学名
Adonis multiflora Franch.
シノニム

Adonis multiflora

和名
ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草)
英名
Far East Amur adonis

フクジュソウ(福寿草、学名Adonis ramosa)は、キンポウゲ科多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草である。1月1日誕生花

特徴

日本ではフクジュソウまたはエダウチフクジュソウ(Adonis ramosa)、ミチノクフクジュソウ(Adonis multiflora)、キタミフクジュソウ(Adonis amurensis)、シコクフクジュソウ(Adonis shikokuensis)の4種が自生する。キタミフクジュソウの種小名である amurensis は「アムール川流域の」という意味である。

フクジュソウ(エダウチフクジュソウ)は自生地が北海道から九州にかけてであり、茎が中実であることが特徴である。

キタミフクジュソウは自生地が北海道東部に限られ、多毛であり茎が中実で、一株に1輪しか花を付けない点が特徴である。

ミチノクフクジュソウは自生地が東北から九州にかけてであり、茎が中空で、萼が花弁の半分程度であることが特徴で、他種の萼と花弁の長さは同等程度なので見分けることができる(したがって、本項テンプレート掲載の写真はミチノクフクジュソウと判断できる)。

シコクフクジュソウは自生地が四国及び九州の一部に限られ、全草無毛であること、茎が中空であることが特徴である。

花期は初春であり、3-4cmの黄色い花を咲かせる。当初は茎が伸びず、苞に包まれた短い茎の上に花だけがつくが次第に茎や葉が伸び、キタミフクジュソウ以外はいくつかの花を咲かせる。花は花弁を使って日光を花の中心に集め、その熱で虫を誘引している。そのため、太陽光に応じて開閉(日光が当たると開き、日が陰ると閉じる)する。葉は細かく分かれる。夏になると地上部を枯らす。つまり初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、それから春までを地下で過ごす。いずれの種も石灰岩質を好む。

毒性

ゴボウのようなまっすぐで太いものを多数持っている。毒性(副作用)が強く毒性・薬理作用共にアドニンという成分によるものと考えられているが、他にシマリンアドニトキシンも検出されていて、特にシマリンには調理残留研究報告[1]も存在するために、こちらの方が薬毒主体とも考えられる。強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがあるが、素人の利用は死に至る危険な行為である。地面から芽を出したばかりの頃は、フキノトウと間違えて誤食しやすい。また、若葉がヨモギの葉に似ている。症状は嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺など。重症の場合死亡する[2]