フランス語
français
発音 IPA: [fʁɑ̃sɛ]
話される国 フランスモナコ公国ベルギーブリュッセル首都圏地域ワロン地域)、スイスフリブール州ヴォー州ヴァレー州ヌーシャテル州ジュネーヴ州ジュラ州)、イタリアピエモンテ州ヴァッレ・ダオスタ州リグーリア州)、ルクセンブルクドイツザールラント州ラインラント=プファルツ州西部、ノルトライン=ヴェストファーレン州南西部)、カナダケベック州ニューブランズウィック州ノバスコシア州プリンスエドワードアイランド州)、アメリカ合衆国ルイジアナ州メイン州)、ハイチコンゴ民主共和国マダガスカルコートジボワールギニアカメルーンブルキナファソマリ共和国ニジェールセネガルルワンダブルンジトーゴ中央アフリカ共和国コンゴ共和国ガボンコモロジブチモーリシャスセーシェルレバノン
地域 ヨーロッパアフリカアメリカ州
話者数 資料により差異がある。
主要話者 1億3000万人/総話者 2億3000万人[1](ロイター報道値)
母語話者 7,200万人、総話者 2億2000万人(国際フランコフォニーの公表値)。
母語話者 1億2300万人、総話者 約2億人(筑波大学外国語センターのHPより)
文部科学省の統計では総話者人口 1億2,900万人[2]
話者数の順位 10[2]
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 フランスほか計29カ国
統制機関 アカデミー・フランセーズ[3]
言語コード
ISO 639-1 fr
ISO 639-2 fre (B)
fra (T)
ISO 639-3 fra
テンプレートを表示
EU加盟国および各自治体の住民におけるフランス語への理解度
黒色が母語地域 、以下50%以上、20-49%、10-19%、5-9%、5%未満(灰色はEU非加盟国・地域)
方言の分布
米国でのフランス語分布図

フランス語(フランスご、français フランス語発音: [fʁɑ̃sɛ] フランセ)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。ロマンス諸語の一つで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。

フランス語という呼び方は、多くの言語(オック語アルピタン語など)が存在するフランスにおいて誤解を招く可能性もあるので、単にオイル語と呼んでフランスの他の言語と区別することもある[4]

世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダのほか、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29ヶ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である[5]国際連合欧州連合などの公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォンfrancophone英語版)と言う[注釈 1][注釈 2]

音声

子音

両唇 唇歯 歯音 歯茎 後部歯茎 硬口蓋 両唇硬口蓋 軟口蓋 両唇軟口蓋 口蓋垂
閉鎖音 p b t d k g
鼻音 m n ɲ
摩擦音 f v s z ʃ ʒ ʁ
接近音 j ɥ w
側面接近音 l

記号が二つ並んでいるものは、右が有声音、左が無声音

母音

前舌 中舌 後舌
i y u
半狭 e ø o
中央 ə
半広 ɛ œ ɔ
a ɑ

記号が二つ並んでいるものは、右が円唇、左が非円唇

鼻母音

  • /ɛ̃/: in, im, ain, aim, ein, eim - 「エ」の鼻母音だが、実際は「アン」に近い。
  • /œ̃/(パリなどでは /ɛ̃/ に合流): un, um
  • /ɑ̃/(やや円唇): an, am, en, em - 暗い「ア」の鼻母音で、「オン」に近い。
  • /ɔ̃/ または /õ/: on, om

鼻母音四つを含んだ句の例として "un bon vin blanc" /œ̃ bɔ̃ vɛ̃ blɑ̃/(おいしい白ワイン)が有名である。

半母音