ブルゴーニュ公国
フランス語: Duché de Bourgogne
デュシェ・ド・ブルゴーニュ
ブルグント王国 843年 - 1477年 フランス王国
ネーデルラント17州
ブルゴーニュの国旗 ブルゴーニュの国章
(国旗) (国章)
ブルゴーニュの位置
1465年–1477年の「ブルゴーニュ公国」
公用語 中世ラテン語オイル語(古フランス語)、オランダ語
首都 ディジョンブルッヘヘント
1419年 - 1467年 フィリップ3世
1467年 - 1477年シャルル
変遷
ヴェルダン条約 843年
百年戦争1337年-1453年
金羊毛騎士団1430年
ブルゴーニュ戦争1474年-1477年
ナンシーの戦い1477年1月5日
918年–1477年の「ブルゴーニュ公国」

ブルゴーニュ公国(ブルゴーニュこうこく、Duché de Bourgogne)は、ブルゴーニュ公の支配領域ないしその支配体制をいう。

特に、14世紀から15世紀ヴァロワ=ブルゴーニュ家時代において、ブルゴーニュ公ブルゴーニュ伯フランドル伯等の同君連合を端に、今日のフランス東部からドイツ西部にかけて一大勢力を築き上げ、英仏百年戦争の趨勢に影響を与えるに至った。

名称について

Duché de Bourgogne(デュシェ・ド・ブルゴーニュ)、直訳すれば「ブルゴーニュ公国」の他、État bourguignon(エタ・ブルギニョン)、直訳すれば「ブルゴーニュ国家」の名称も通称される。これは、ヴァロワ=ブルゴーニュ家時代に、同地が中央集権的な国家機構を具備し始めていたことに起因する[1]。ブルゴーニュ公領の農業地帯、フランドル伯領のヘントブルッヘに象徴される工業・商業地帯を抱え、さらに勅令隊(常備軍)まで有するに至った[2]

各言語での地域名は下記の通り。

  • フランス語:ブルゴーニュ(Bourgogne
  • ドイツ語:ブルグント(Burgund
  • 英語:バーガンディ(Burgundy

歴史