ヘルメットの一例

ヘルメット (helmet) は、頭部を衝撃などから保護するためにかぶる防護帽もしくはのこと。

概要

古来のヘルメットはおもに戦闘に使われるのことだった。現代でも軍隊警察などで敵の攻撃から身を守るために使用されている。現代では強化プラスティックなどで安価・軽量なヘルメットを作ることが可能になり様々な場所で使用されている。落下物や飛翔物、あるいは転落・転倒の危険がある場所では安全上の理由から着用が推奨されている。やはり安全上の理由からスポーツや車両類の運転でもよく使用される。

江戸時代以前の武士がかぶっていたや、他にも剣道なぎなたに用いられるも広い意味でヘルメットの一種といえる。で傷付けられることから頭部を保護する目的と、装飾をもって威容をあらわす目的がある。

近代までのヘルメット

「ウルのスタンダード」に描かれた兵士

青銅器時代から兵士の頭部を保護するための革や青銅製のヘルメットが使われていた。「ウルのスタンダード」と呼ばれるモザイク画には革製と思われるあご紐付きのヘルメットを被ったシュメールの兵士たちが描かれている。古代のヘルメットと言えばギリシアローマ馬毛で飾られた前立付きのヘルメットが有名だが、この種のヘルメットはアッシリアの浮彫にも見ることが出来る。

産業用保護帽(作業用ヘルメット)

危険な工事現場ではヘルメットは不可欠である