マルコム・ブラウン
Malcolm Browne 1964.jpg
生誕Malcolm Wilde Browne[1]
(1931-04-17) 1931年4月17日
ニューヨーク[1]
死没 (2012-08-27) 2012年8月27日(81歳没)
ニューハンプシャー
国籍アメリカ
職業ジャーナリスト写真家
家族妹、弟二人

マルコム・ブラウン英語: Malcolm Wilde Browne1931年4月17日 - 2012年8月27日)は、アメリカジャーナリスト写真家。1963年にベトナムティック・クアン・ドック焼身自殺を撮影した写真で世界報道写真大賞を受賞し、翌1964年ピューリッツァー賞を受賞した。

生い立ち

1931年、ニューヨークに生まれ育つ。母親は戦争に強く反対するクェーカー教徒で、父親はカトリック建築家であった。ブラウンは、幼稚園から高校3年(12年生)までマンハッタンにあるクェーカーの神学校"フレンズ・セミナリー(Friends Seminary)"に通い、卒業後はペンシルバニアにあるクェーカーの大学で化学を専攻した[1]

キャリア

朝鮮戦争徴兵され[2]スターズ・アンド・ストライプス(星条旗新聞)で2年間働いたことから、ブラウンのジャーナリストとしてのキャリアが始まった。その後、ニューヨーク州オレンジ郡ミドルタウンのタイムズ・ヘラルド=レコード社勤務を経て[3]、1959年から1961年までボルチモアAP通信社で働き、後にAP通信インドシナ支局長の職にも就いた。ピューリッツァー賞受賞後は仕事の依頼を数多く受けるようになり、1965年にAP通信を退社した。

AP通信を退社した後、ブラウンはABCテレビで一年ほど働いたが、テレビのジャーナリズムに満足できなくなり[1]、数年の間フリーランスのジャーナリストとなる。一方で、コロンビア大学の国際関係評議会の研究員をしばらくの間務めた。1968年、ブラウンはニューヨーク・タイムズ社に入社し、1972年には南アメリカ特派員となっている。ジャーナリストになる前化学を専攻していたブラウンは、1977年科学ジャーナリストとして米科学誌ディスカバーの編集主任を務めた。その後、1985年に古巣のタイムズ・ヘラルド=レコード社に戻り、1991年には湾岸戦争報道を担当した。

2012年8月27日、ニューハンプシャー州の病院で死去[4]。81歳没。

受賞