マージョリー・テイラー・グリーン
Marjorie Taylor Greene
Rep. Marjorie Taylor Greene official photo, 117th Congress.jpg
アメリカ合衆国下院議員
ジョージア州第14選挙区選出
就任
2021年1月3日
前任者トム・グレイヴス英語版
個人情報
生誕Marjorie Taylorr[1]
(1974-05-27) 1974年5月27日(46歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州ミレッジビル英語版
政党共和党
配偶者
ペリー・グリーン (m. 1995)
子供3人
教育ジョージア大学 (BBA)

マージョリー・テイラー・グリーンMarjorie Taylor Greene, 1974年5月27日 - )は、アメリカ合衆国の極右[2]政治家、実業家、陰謀論者である[3]ジョージア州第14選挙区英語版選出の下院議員である[4]共和党員ドナルド・トランプの支持者であるグリーンは2020年11月に当選し、2021年1月3日に就任宣誓を行った。

グリーンはピザゲート[5]Qアノン[6]偽旗の銃乱射事件[7][8]アメリカ同時多発テロ事件陰謀説といった反証済み極右陰謀論の支持者であった[7]。さらに議員立候補前には著名な民主党政治家たちの処刑を支持していた[9]2020年大統領選挙ではジョー・バイデンに敗れたトランプが結果を覆そうとする試み英語版を支持した。

選挙人団票の集計英語版の際、グリーンはバイデンが獲得した票の承認に異議を申し立てた共和党議員グループの1人であったが、却下された[10]。トランプが圧勝したにもかかわらず選挙はバイデンによって盗まれたという虚偽の主張をするグリーンは大統領就任の翌日に彼の権力の乱用を主張して弾劾条項を提出した[11][12]。下院はグリーンが以前に行った一連の扇動的で暴力的な発言を理由に全ての委員会の役割からグリーンを除名することを決議した。2021年2月4日の投票で11人の共和党議員が除名に賛成した[13]

生い立ちと教育と政界入り前のキャリア

ジョージア州ミレッジビル英語版でロバート・テイラーの娘として生まれる[14][1]。1992年にジョージア州カミング英語版サウス・フォーサイス高校英語版を卒業し[15][16]、1996年にジョージア大学経営学士号を得て卒業する[15][17]

2019年の声名[18]と2021年2月4日の下院での銃の権利と学校での銃撃に関する自身の立場を説明するスピーチでグリーンは1990年9月に発生した武装した学生による5時間に及ぶ人質事件の影響があることをほのめかした。彼女は「私が11年生の16歳のとき、私の学校は銃禁止区域で、私の学友1人が銃を学校に持ち込んで学校全体を人質に取ったので、それがどれほど酷いことか理解している」と語った"[19][20]

グリーンの父のロバート・テイラーはジョージア州アルフレッタ英語版を拠点とする建設会社テイラー・コマーシャルの創設者であり[1][16]、2002年に彼女とその夫のペリーに会社を売却した[1]。夫婦はそれぞれ会社の副社長と社長を務めている[16]。グリーンは2007年から2011年まで会社のC.F.O.であった[1]

テイラー・コマーシャルは住宅のリフォームおよびサイディング請負業者として区分されており[21]、2020年の新型コロナウィルス流行の際は給与保護プログラム英語版(PPP)により中小企業庁英語版(SBA)から12万2300ドルを受け取った[22][23]。SBAはテイラー・コマーシャルがこの資金で12人の雇用を維持できることを示した[24]。2020年7月の共和党の討論会でグリーンの対立候補である脳神経外科医のジョン・コーワンはパンデミック中の救済基金の充当に反対していた彼女がPPPを利用したことに疑問を呈した[25][26]

2011年にテイラー・コーマーシャルのC.F.O.を辞任したグリーンはクロスフィットを始め、ソーシャルメディアへの投稿とポッドキャストの配信を開始した[27][27]。2012年までにグリーンはジム・チェンバーズが所有するアルファレッタのジムのクロスフィット・オン・ザ・ムービーでパートタイムコーチとして働いた[1]。2013年8月、グリーンはアルフレッタにクロスフィットのジムのクロスフィット・パッションを当時22歳のトラヴィス・メイヤーと共同で設立し、後に売却した[28][29]

2017年からグリーンは陰謀論系のニュースサイトである「アメリカン・トゥルース・シーカーズ」の「特派員」として59件の記事を執筆し[7]、また2018年からは「ロー・エンフォースメント・トゥデイ」で27件の記事を執筆した[30]。2017年にグリーンは共和党の銃規制の妥協に抗議するためにワシントンD.C.を訪れた[31]

グリーンは2018年1月に設立された保守系団体のファミリー・アメリカ・プロジェクトの幹部であった。彼女は民主党への脅迫、オバマ夫妻への偏見、アメリカ政府には共産党員が侵入しているというジョン・バーチ・ソサエティの主張を含む様々な陰謀論の支持などを表明する同団体のFacebookグループのモデレーターであった[32]

下院議員

2020年下院議員選挙戦

グリーンは当初はジョージア州第6選挙区英語版から立候補していた。2019年12月13日、第14選挙区英語版現職であったトム・グレイヴス英語版が再選を目指さないことを発表した後、グリーンは選挙戦をそちらに移した[33]。この地区はチャタヌーガ大都市圏英語版からアトランタ周辺までのジョージア州北西部の多くを含んでいる。2020年3月2日、ジョージア州共和党は選挙戦資金として5220ドルを提供した[34]

2020年2月29日、グリーンはジョージア州ラファイエットで開催された銃の権利集会にジョージア州共和党への影響力を浸透させようとする極右団体「アメリカン・パトリオッツ・U.S.A.」と共にに出席した[35]。同団体は極右団体「アメリカン・ブラザーフッド・オブ・パトリオッツ」やジョージア州のアメリカ合衆国からの離脱を提唱する極右民兵「ジョージア3%マーターズ英語版」と同盟している[36]。集会でグリーンはアメリカン・パトリオッツ・U.S.A.を掲げ、2度の収監歴があるクー・クラックス・クランのメンバーのチェスター・ドーレスと写真を撮った[37][38][39]

2020年9月19日、グリーンはジョージア州リングゴールドで開催された銃の権利集会に参加した。集会ではジョージア3%マーターズが警備を協力した[40][41]

グリーンはドナルド・トランプの強固な支持者として選挙運動を行い、「アメリカを救え、社会主義を食い止めろ!」("Save America, Stop Socialism!")というスローガンを掲げた[42][43]。予備選挙の数日前、Facebookは利用規約違反を理由にグリーンのビデオを削除した。ビデオで彼女はAR-15ライフル英語版を持って「アンティファのテロリストたち」に「ジョージア州北西部に近づくな」と警告していた[42]

最初の予備選挙を勝ち抜いたグリーンは決選投票でジョン・コーワンと対決した[44]。ウォーカー郡共和党が後援した7月14日の討論でグリーンは「アメリカで仕事をすることが全て」であり、事業主として「アメリカで数千もの仕事を生み出した」と主張した[45]

8月11日、グリーンは決選投票で勝利した。ジョージア州第14選挙区は共和党が強く、彼女は本選挙でも議席獲得が有力と見なされていた[46]。第14選挙区のクック・パルチザン・ヴォーティング・インデックス英語版は「R+27」であるが、これはアメリカ全土で10番目、東部時間地域では3番目、ジョージア州内では隣接する第9選挙区英語版に次いで共和党が強い地区である。また、2012年に割り振られて以来、第14選挙区で得票率が30%を超えた民主党候補者は存在しない[47]。トランプは2016年の選挙ではこの地区で75%の得票率だったが、これは全国で8位の成績であった[48]。グリーンの決選投票での勝利の翌日、トランプは彼女への支持をツイートし、彼女を「万事に強く、決して諦めない、本物の勝者」である「未来の共和党のスター」と評した[49]

グリーンは民主党候補のIT専門家のケヴィン・ヴァン・オースダルとの対決が予想されていたが、彼は2020年9月11日に選挙戦からの撤退を表明した。これによりグリーンは対抗馬無しで本選挙を迎えることとなった[50][51][52]

2020年9月3日、グリーンは自身のFacebookページでアレクサンドリア・オカシオ=コルテスイルハン・オマルラシダ・タリーブの隣にAR-15ライフルを持った自分を並べた画像を投稿した。彼女は「強い保守的なクリスチャンが私たちの国を引き裂こうとする彼女ら社会主義者に対して攻撃する時が来た」と描いた。画像の下のキャプションには「スクワッド英語版の最低の悪夢」と書かれていた[53]。下院議長のナンシー・ペロシはこのミームを「暴力の危険な脅威」と評し、オマルは殺害の脅迫を引き起こすと主張した後に削除を要求した[54]。ミームが脅威か否かであるかについての『フォーブス』の質問に応えたグリーンのスポークスマンは要求を「妄想的でばかげている」、「陰謀論」と評した[55]。後日、Facebookによって暴力扇動の規約違反を理由にミームが削除されるとグリーンは「(民主党員が)就任宣誓をする前に私を潰そうとした」と主張した[56]

本選挙でグリーンは得票率74%で勝利した。投票用紙に名前が残っていたヴァン・オースダルの得票率は25%であった[57]。グリーンは共和党員としては史上2人目となる女性のジョージア州選出下院議員となった。史上初であったカレン・ハンデル英語版2017年の特別選挙英語版で第6選挙区で勝利したものの[58]、2018年の通常選挙では敗れた。したがってグリーンはジョージア州で初めて通常選挙に勝利した女性の共和党員である。

2020年の選挙から数日後、グリーンは夫のペリーのフロイド郡の投票記録から「詐欺」が発覚しと主張し、ソーシャルメディア上に「私の夫は決して不在者投票を要求しなかったが、彼が投票所に行くと、既に不在者票を受理していると言われた。でも彼は不在者投票を要求したことも、投票に行ったことも、投票用紙を送ったこともない。(中略)もう1枚の投票用紙はなんだったの?」と書いた。フロイド郡の主任選挙管理官ロバート・ブレイディは『アトランタ・ジャーナル=コンスティチューション英語版』の記者に別の投票用紙は存在せず、手順に従って取り消されたと説明し、「彼(ペリー・グリーン)は23日に宣誓供述書に署名して投票を許可された。彼は1度だけ投票した」と述べた[59]

支援者

立候補したグリーンを支持した著名な共和党員には下院議員のジム・ジョーダン英語版アンディ・ビッグス英語版、トランプの補佐官のマーク・メドウズが含まれた[60][61][62][40]。メドウズの妻のデビー・メドウズもまた支援者であり、事務局長を務めるライト・ウーマン・パックは彼女の選挙戦に1万7500ドルを寄付した。その他の支援者にはヘリテージ財団理事長のハーブ・ヴァン・アンデル・ギャビーや弁護士で陰謀論者のL・リン・ウッドがいた[63]。グリーンはさらにフリーダム・コーカスの選挙資金調達部門であるハウス・フリーダム・ファンドの支援を受けた[61]

共和党予備選挙結果[64]
政党 候補者 得票数 得票率 (%)
共和党 マージョリー・テイラー・グリーン 43,892 40.3
共和党 ジョン・コーワン 22,862 21.0
共和党 ジョン・バージ英語版 9,619 8.8
共和党 クレイトン・フラー 7,433 6.8
共和党 ビル・ハンブリー英語版 6,988 6.4
共和党 ケヴィン・クック英語版 6,699 6.2
共和党 マット・ローリッジ 6,220 5.7
共和党 ベン・ブロック 3,883 3.6
共和党 アンディ・ガンザー 1,220 1.1
総得票数 108,816 100.0
共和党決選投票結果[65]
政党 候補者 得票数 得票率 (%)
共和党 マージョリー・テイラー・グリーン 43,813 57.1
共和党 ジョン・コーワン 32,982 42.9
総得票数 76,795 100.0
2020年ジョージア州第14選挙区結果
政党 候補者 得票数 得票率 (%)
共和党 マージョリー・テイラー・グリーン 229,827 74.7
民主党 ケヴィン・ヴァン・オースダル[注釈 1] 77,798 25.3
総得票数 307,625 100.0
共和党が議席維持

在勤期間

下院少数党院内総務のケビン・マッカーシーに宣誓をするグリーン。

グリーンは2020年大統領選挙でトランプがバイデンに敗れたにもかかわらず、就任当日に「トランプが勝った」("Trump Won")と書かれたフェイスマスクを着用して下院に出向いた[66]選挙人団票の集計英語版の際にグリーンはミシガン州の票の集計に異議を唱えたが、上院議員の署名を得ていなかったために却下された[67]

2021年1月6日のトランプ支持者たちによる議会議事堂襲撃に対してグリーンは暴力の終結とトランプ大統領への支持を呼びかけた[68][69]。グリーンは襲撃を受けて避難する際にはフェイスマスクの着用を拒否し、またトランプの弾劾英語版が議論されている間に「民主党は彼らのレトリックに触発された政治的暴力について責任を問われなければならない」とツイートした。これを受けて民主党下院議員のジェイソン・クロウ英語版(コロラド州)は彼女を「道徳的に破綻した」、「堕落した」、「率直に危険」と呼んだ[69]

グリーンはバイデンの就任翌日の2021年1月21日に権力の乱用を理由に彼の弾劾条項英語版を提出した[12]。『ニュースマックス』のグレッグ・ケリーとのインタビューでグリーンはバイデンが「大統領の権力を乱用し、外国政府、中国のエネルギー企業、そしてウクライナのエネルギー企業に簡単に買収されることをいとわない」と主張した[70]

2021年1月27日、下院議員のジミー・ゴメス英語版(民主党・カリフォルニア州)は以前にグリーンが民主党員に対する暴力を呼びかけていたという報告を受け、彼女を下院から除名英語版する決議案を起草したことを発表した[71]。下院議員のジェイク・オーキンクロス英語版(民主党・マサチューセッツ州)もまた議員仲間に対する暴力的な脅迫を理由にグリーンの辞職または除名を求めた[72]。2021年1月28日、下院の民主党議員に対するグリーンの脅威が明らかとなり、下院議長のナンシー・ペロシは「下院の敵」と安全対策強化の必要性に言及した[73]。さらにペロシはグリーンがアメリカ各地で発生した学校内銃乱射事件が捏造であると主張しているにもかかわらず、共和党指導部が彼女を下院教育労働委員会英語版に加えたことを批判した[74]

2021年1月29日、下院議員のニケマ・ウィリアムズ英語版(民主党・ジョージア州)とサラ・ジェイコブス英語版(民主党・カリフォルニア州)は民主党議員たちに脅迫的なコメントをしたグリーン対する非難決議を発表した。決議にはグリーンへの辞職勧告が含まれた[75]

所属する委員会

グリーンは選挙前の扇動的言動を理由に除名される以前は予算委員会英語版教育労働委員会英語版の一員であった[76]

2021年2月4日以降:

2021年2月4日以前: