ミッキー・ローク
Mickey Rourke
ミッキー・ローク Mickey Rourke
生年月日 (1952-09-16) 1952年9月16日(67歳)
出生地 ニューヨーク州スケネクタディ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優ボクサー
活動内容 1979年:映画デビュー
配偶者 デボラ・フュアー(1981年 – 1989年)
キャリー・オーティス(1992年 – 1998年)
主な作品
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
ナインハーフ
エンゼル・ハート
レインメーカー
シン・シティ』シリーズ
レスラー
アイアンマン2
テンプレートを表示
ミッキー・ローク
基本情報
本名 Philip Andre Rourke Jr.
通称 El Marielito
階級 ライトヘビー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1952-09-16) 1952年9月16日(67歳)
出身地 ニューヨーク州スケネクタディ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 8
勝ち 6
KO勝ち 4
敗け 0
引き分け 2
テンプレートを表示

ミッキー・ローク(Mickey Rourke [rʊərk]1952年9月16日[1] - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の俳優、元プロボクサー

略歴

7歳の時に両親が離婚し、母は5人の子供を持つ警察官の男性と再婚した。ニューヨークからマイアミへ移住したのちに、継父は、ロークをマイアミの有名なボクシングジム「五番街ジム」へ通わせ、モハメド・アリジミー・エリスらと共にトレーニングをさせた。19歳の頃に単身でニューヨークへ戻り、アクターズ・スタジオで演劇を学びながら小さな舞台に出演した[2]

ロサンゼルスへ移り、1979年に『1941』で映画デビュー。1981年に、テレビドラマ『Hardcase』で共演した女優デブラ・フュアー[3]と結婚。同年、『白いドレスの女』で爆弾を密造する男の役が評価されたのち、1982年に出演した『ダイナー』では全米映画批評家協会賞助演男優賞を受賞している[2]。1980年代には、セクシーな魅力を持ったキャラクターがセックスシンボルとして賞され、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』、『ナインハーフ』、『エンゼル・ハート』等の話題作で主演を務めた[2]

1991年にはプロ・ボクサーに転身[4]。ボクサー引退後に再び俳優業に戻った。ボクサー時代の怪我が元で整形手術を受けている[5]。2009年には、整形手術が失敗したとインタビューで語っている[6]

2008年9月に開催された第65回ヴェネツィア国際映画祭において、主演作の『レスラー』(監督:ダーレン・アロノフスキー)が最高賞に当たる金獅子賞を受賞した[7]。また、ローク自身もゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)などを受賞し、アカデミー主演男優賞にノミネートされた[8]

エピソード