ミューチケット。左の2枚が通常の券片、右は時差・土日回数券。

ミューチケットとは、名古屋鉄道(名鉄)が運行する名鉄特急の特別車(座席指定)へ乗車するときに必要な特別車両券の愛称である[1]

概要

前身の座席指定券のリニューアル版として、1999年平成11年)5月10日に登場した[2]

従来の「座席指定券(料金)」は座席(着席)確保の対価として設定し、満席であっても着席時と同額の料金を立席承知の上で払って乗車することを名鉄では制度上認めている。しかし「指定席なのに座れない」と言う問題点が指摘されていた。そこで1999年に特急運用から7000系7700系が撤退し、車内設備が統一されたことに伴い、名鉄特急の「指定席車」を「特別車」に変更するとともに、「座席指定料金」から「特別車両の利用料金」に改めた。

2014年現在の発売額は、乗車区間や年齢(大人・子供)を問わず1乗車360である。

※料金制度の詳細については、名鉄特急を参照。

歴史

  • 1999年(平成11年)5月10日 座席指定券の名称を特別車両券(ミューチケット)に変更。
  • 2002年(平成14年)10月1日 ミュー定期券、乗継割引ミューチケットを発売[3]
  • 2008年(平成20年)12月27日 乗継割引ミューチケットを乗継ミューチケットと改称し500円から350円に値下げ。ミューチケットと同額になる[4]
  • 2014年(平成26年)4月1日 消費税率が8%になったことに伴い350円から360円に値上げ[5]
  • 2019年(令和元年)5月18日 ネット予約サービスを開始。同サービス開始に伴って回数ミューチケット(回数特別車両券)、時差・土休回数ミューチケットの発売を5月17日で終了した[6]

発売日と発売箇所

ホーム上に設置されたミューチケット券売機(知立駅)

発売日は、1箇月前(前の月の同じ日)の駅窓口営業開始から(ネット予約サービスは午前5時10分から)である。なお、前の月の同じ日がない場合は当月の1日から発売する。

発売箇所は、名鉄の駅では弥富駅赤池駅の両駅を除く有人駅の窓口[7]・駅サービスセンターおよび、名鉄岐阜駅名鉄名古屋駅金山駅知立駅中部国際空港駅等に設置されているミューチケット対応券売機である。このほか、名鉄観光サービスを始め、主な旅行代理店でも発売している。

2019年(令和元年)5月18日からインターネット、スマホ、携帯電話でも購入できるようになった。インターネット、スマホ、携帯電話から購入した場合はチケットレスとなる。

車内での発売については「ミューチケット」ではなく「車内精算券」となるが、座席は指定されない。

なお、駅窓口および改札外にあるタッチパネル式の新型自動券売機では、乗車券購入区間と特別車乗車区間が同一の場合、乗車券兼用のミューチケットが発行される。ただし、券売機購入の場合は現金あるいはmanaca(相互利用が可能な乗車カードを含む)利用の場合に限られる[8]。また、manaca利用の場合はマイレージポイントは加算されない。

発売条件の詳細