リゾート (resort) とは、大勢の人が休暇余暇を過ごす場所のこと。行楽地。

概要

「再び」を意味する "re" と、フランス語で「出かける」という意味を持つ "sortir" の略である "sort" が合わさった単語で、「何度も通う場所」という意味が転じて行楽地となった。

本来は行楽地全般のことを指すが、古典的な保養地英語版のイメージのように「風光明媚で、のんびりとリラックスできる場所」という意味合いが付加されることがある。日本英語圏では、整備された比較的大きな敷地や多様な付帯施設を有するホテルに対する名称や分類として使われることも一般的である。日本語では、それぞれ「リゾート地」「リゾートホテル」というように呼称し、対象を明確にすることがある。

日本におけるリゾートの定義には、バブル期の1987年に制定されたリゾート法による「国民が多様な余暇活動を楽しめる場」がある。実際に同法の適用を受けたのは、ゴルフ場スキー場、マリーナ(ヨットハーバー)、リゾートホテルといった大型施設であった。プールスパ、時にはゲームセンターなどを有する単体の総合施設をリゾートと呼ぶ(リゾート施設)のは、日本独自の拡大解釈である。

リゾート(リゾート地)には様々な形態があるが、その運営の仕方によっては二つのタイプが典型的である。1つは、そのリゾートの大半が地元企業によって営まれているケース。アメリカコロラド州アスペンがその例である。もう1つは、そこに滞在中のほとんどの楽しみが1つの企業によって提供されるもの。代表は、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートである。

古代の最も有名なリゾートは、およそ2000年前のイタリアのバイアエ (Baiae) であるとされる。

日本におけるリゾート開発

日本における近代リゾート開発は、明治時代に外国人の山岳避暑地として始まる。現在の兵庫県神戸市六甲山において、1874年明治7年)に日本最初の近代登山が外国人パーティにより行われ、その後登山道ハイクのための山上の歩道の整備が行われた。次いでイギリス人貿易商A.H.グルーム1895年(明治28年)に三国池の畔に別荘を建てたのを始まりとして別荘地が形成され、1903年(明治36年)に日本初となるゴルフ場が開場するなどレジャー用施設が建てられた。これらは全て神戸外国人居留地の欧米人により行われた。

高原避暑地として広く知られる長野県軽井沢は、1888年(明治21年)よりカナダ宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが別荘地を建設したことが始まりである。1893年東京鉄道で直結されたこともあって、1918年西武1945年には東急と、東京の企業が開発に参入して一大リゾート地となった。

また、海浜避暑地は、宮城県七ヶ浜(当時の仙台区の東方。松島の一部)において、1888年(明治21年)の海水浴場開場および1889年(明治22年)からの外国人宣教師らよる別荘建設(高山外国人避暑地)が始まりである。これらは東アジア各地から避暑をしに日本に集まる外国人の長期滞在に対応したものである。

1933年大倉喜七郎は、北アルプスへの登山をきっかけに長野県上高地の地に上高地帝国ホテルを開業。日本の山岳リゾート地の先駆けとなった[1]

近年[いつ?]のリゾート開発は大規模な面積を要し、多大の資金と長期間の計画的な投資を必要とすることから、東武グループ東急西武ヤマハなど、オーナー経営色の強い企業がリゾート開発を企業体として行ってきた。

1987年昭和62年)、カネ余りと内需振興の掛け声により総合保養地域整備法(リゾート法)が制定され、各地の地方自治体が民間企業と組んでリゾート開発を計画したが、その後のバブル崩壊等もあり、そのほとんどが頓挫し、また大規模年金保養基地(グリーンピア)等の公共リゾートの失敗もあいまってリゾート法後のリゾート開発の時代は終焉を迎えてしまうこととなった。この経緯については総合保養地域整備法の項を参照のこと。

リゾートの種類