ロボット(robot)は、の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置、もしくは機械のこと。

主に以下に大別することが可能である。

  1. ある程度自律的に連続、或いはランダムな自動作業を行う機械。例・産業用ロボット軍事用ロボット掃除用ロボット搾乳ロボットなど。
  2. や動物を模した、または近似した形状および機能を持つ機械。現状では主にSFで描かれているもの(自律行動が出来るいわゆるアンドロイド人造人間と呼ばれるもの(『鉄腕アトム』など)や遠隔操作するもの(『鉄人28号』など)、パワードスーツなども含む人間が搭乗や装着して行動する人の力を増幅するもの(『マジンガーZ』など))が容易に想像されるが、現実世界でも研究用やパブリックなもの(テーマパークやパビリオンなどで案内係を務める)だけではなく、愛玩用のペットロボットや、二足歩行ロボットの実用化以来、ホビーとしての手軽なロボットも広まりつつある。

単なる機械とロボットとの境界は厳密にいえば明確になっておらず、今後、技術が進歩するにつれ、ますます曖昧になっていくといわれ[1]AIセンサー技術IoTなどにより、自家用車や家電はロボットと呼ぶべきものになっていく可能性がある。

近年では無人機「ドローン」を半ば自律化させたもの[2]も存在し、自動運転車の実現が視野に入ってきており、SFの世界が現実のものとなりつつある。

生命体に通常以上の力を発揮させる方策として何らかの人工物を埋め込んだり置き換えるなどの方策を採った者は一般に「サイボーグ」などと呼ばれ区別されることが多い。

語源

この言葉が初めて用いられたのは、1920年チェコスロバキア(当時)の小説家カレル・チャペックが発表した戯曲R.U.R.(ロッサム万能ロボット商会)』においてであるが、この作品では現在認知されている金属製の機械ではなく、人間とは異なる組成の肉体と人間そっくりの外見を持つものを、化学的合成で原形質を使って製作したもので、現在のSFで言うバイオノイドである。

チェコ語で賦役(強制労働)を意味するrobota(ロボッタ)と[3]スロバキア語で労働者を意味するrobotnik(ロボトニーク)から創られた造語[4]である。

着想にはゴーレム伝説が影響していると作者が述べており[5][6]、また、言葉自体も作ったのは自身ではなく、兄で画家のヨゼフ・チャペックであるとしている。あらすじを兄に話し、どのような名前にしたらよいだろうかと聞いてみたところ、口に絵筆をくわえてもごもごとした口調で「ロボット」はどうだろうかと答えたという[7]。その後、この作品が各国で翻訳・上演されたことで広まり、一般に使用されるようになった。

日本においても、同作品が1923年に『人造人間』(宇賀伊津緒訳、春秋社)として出版されており、宇賀はrobotを「人造人間」と訳している。原典のままをカタカナ化した言葉が普及するのは、戦後以降である。

定義

起源とされる上記作品において「人の代わりに作業(労働)をさせることを目的に」、「人(の姿と自律行動)を模して」作られたものであるとされているが、同作品の一般への広範囲な広まりにより、各分野においてそれぞれ普及し、独自に用いられるようになった。ヨーロッパでは1930年代中頃から『自動化』という意味合いでも使われており、ドイツのカメラメーカーであるオットー・ベルニングは1934年から発売したモータードライブ内蔵カメラを『ROBOT』と命名している。

明確な定義は事実上存在しないとされているものの、起源に習い「人に代わって作業(労働)をするために作られた存在」、「人の姿を模して作られた存在」、「人の(自律)行動を模して作られた存在」のいずれかまたは複数が該当する存在であると捉えられている。なお特定の分野においては明確に定義が定められている場合もあり、JISでは「JIS B 0134」(1998年)により「産業用ロボット」の定義を、「自動制御によるマニピュレーション機能又は移動機能をもち,各種の作業をプログラムによって実行できる,産業に使用される機械。」と規定されており、さらに「JIS B 0134」では産業用マニピュレーティングロボットに関する用語が定義されている。

基本的に、人の代わりに作業を行う装置のうち、ある程度の工程なり手順なりを自動的かつ連続的に行うものであり、単一の動作のみを行う装置(ベルトコンベアーエスカレーターなど)や、絶えず人間が操作をする必要がある装置(リフト装置エレベーター)、操縦者が搭乗する必要性があるもの(ブルドーザーショベルカーなど)は含まないことが多い。

その一方で、人の形を模した(若しくは類似した)外観である機械装置であれば、まったくの手動操作・操縦であっても、範疇に含む場合があり、パワードスーツなどを含めた「人の形をした乗り物または作業用機械」についても同様に、一般的にはロボットと呼ばれている。

作業用機械・装置であっても、高度な遠隔操作や自動制御技術の導入が進み、人間が操縦者から単なる作業指示・命令者に近づきつつあり、さらに、従来よりオートパイロットと呼称されている、航空機船舶など乗り物全般の自動操縦技術も、より発展し自動車にまでも及びつつあり、今後これらが更にロボット化が進む可能性があり、一層、境界が曖昧になって来ている。

操り人形の類は何かの作業を目的とした装置ではなく、ましてや自動的に動作する物でもないため含まれないことがほとんどだが、あらかじめ設計された一連の動作を、特定の操作をきっかけとして行うからくり(からくり人形)の一部(もっぱら糸で繋がった手足などを人が操作するものも、からくり人形と呼ばれる場合がある)やオートマタ等に、今日あるロボットの原型を見出すことができるため、間接的にからくり人形やオートマタをロボットの一種と見なすことも可能である。

モーター等の動力が内蔵され機械的または電気的に人間の操作を伝達して動作するマニピュレーターも一種と見なされ、ロボットアームとも呼ばれる(医療ロボットのダ・ヴィンチ国際宇宙ステーションカナダアーム2など)が、これらは厳密な定義による分類ではなく、多分に慣用句的用法である。

物体としては存在しないが、「人の代わりになんらかの作業を、ある程度の工程なり手順なりを自動的かつ連続的に(かつ効率的に)行うもの」という定義から、コンピュータ言語によるプログラムやソフトウェアも範疇に含まれる場合もある。例としてインターネットの情報を自動検索するソフトウエア「検索エンジン」などはロボット検索(命令(検索ワードの入力)するだけで、さまざまな結果・情報の取得まで自動で行なう)と呼ぶ。これらは機械的ロボットとの区別のために短縮形のボット(Bot)と呼ばれる(インターネットボットボットネットなど)こともある。

別の用法として、「機械的」という概念を人間にあてはめ、「自分で判断をしない、指示待ち的な人間」や「自分の意志ではなく、他人に操られて動く人間」を、やや侮蔑的に比喩として呼称することもある。ただし、同様の人を指して「傀儡(かいらい)」や「操り人形」という比喩は、それ以前から存在するため、新しい語をバリエーションの一つとしてあてはめたものと言える。英語においても、同様の比喩に用いるが、こちらも先に「オートマトン(オートマタ、機械人形)」が比喩に用いられていた。

歴史

Televox and creator R. J. Wensley, 1928