バレーボールワールドカップ
開始年 1965
主催 国際バレーボール連盟
チーム数 12チーム
前回優勝 男子:Flag of Brazil.svg ブラジル(2019年)
女子:Flag of the People's Republic of China.svg 中国(2019年)
最多優勝 男子:Flag of Russia.svg ロシア (6)
女子:Flag of the People's Republic of China.svg 中国 (5)
公式サイト
FIVB
テンプレートを表示


バレーボールワールドカップ英語: FIVB World Cup)は、国際バレーボール連盟(FIVB)が主催するバレーボールの世界大会である。

世界選手権オリンピックと併せて「バレーボール3大大会[1] として位置づけられている。

1965年に男子の第1回大会が開催され、1977年以降は4年に1度(1991年からはオリンピックの前年)日本で開催されている。

大会マスコットはバボちゃん(大会ロゴマーク、放送権を独占するフジテレビバレーボール中継のマスコットも兼ねている)。

概要・歴史

成り立ち・日本恒久開催

バレーボールワールドカップは世界選手権オリンピックに続く3つ目の世界大会として1965年に第1回ワールドカップ男子大会[注 1]ポーランドで開催された。しかし、オリンピックや世界選手権より格が劣る大会とされて、注目度は今一つであった。

日本で初めて開催となった1977年大会では、「ワールドカップ77はフジネットワークの独占放送です」というフレーズとマスコットの「バボちゃん」(赤色)「ナナちゃん」(白色)を用いての宣伝がなされた。さらに日本は男子が準優勝、女子が優勝という好結果を残したため、「ワールドカップ」はバレーボールの大会というイメージが日本では定着した(長年「ワールドカップ」という略称が、日本ではサッカーFIFAワールドカップのことではなくこの大会を指していたことからもこのことが伺える)。またフジテレビがテレビ放送に力を入れたことから、日本において馴染みが深い国際大会となっている。

興行的な成功[2] と、前田豊松平康隆らの尽力もあり、この1977年大会以降は、開催国が毎回日本(恒久開催)となった[3][注 2]。そして、フジテレビ系列の独占中継が現在まで続いている。

変更点