三菱UFJニコス株式会社
Mitsubishi UFJ NICOS Co., Ltd.
Mitsubishi UFJ Financial Group.svg
AkihabaraUDX 201311.JPG
本社の所在する秋葉原UDX
種類 株式会社
市場情報 非上場(以下は過去のデータ)
東証1部 8583
1961年10月2日 - 2008年7月28日
略称 NICOS
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田四丁目14番1号
秋葉原UDX
北緯35度42分1.8秒 東経139度46分21秒 / 北緯35.700500度 東経139.77250度 / 35.700500; 139.77250
本店所在地 113-8411
東京都文京区本郷三丁目33番5号
設立 1951年(昭和26年)6月7日
(日本信用販売株式会社)
業種 その他金融業
法人番号 8010001000016 ウィキデータを編集
事業内容 クレジットカード
代表者 代表取締役会長 小野寺 隆実
代表取締役社長 石塚 啓
資本金 1,093億円
(2017年5月15日現在)
発行済株式総数 22億7,853万9,531株
(2017年5月15日現在)
従業員数 単体:3,331人
連結:3,680人
(2016年3月31日現在)
決算期 3月末
主要株主 三菱UFJフィナンシャル・グループ
100%
(2017年10月1日現在)
主要子会社 #主要子会社参照
関係する人物 山田光成(日本信販創業者)
外部リンク 三菱UFJニコス
特記事項:貸金業者登録 関東財務局長(10)第00115号
テンプレートを表示

三菱UFJニコス株式会社(みつびしユーエフジェイニコス、: Mitsubishi UFJ NICOS Co., Ltd.)は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の子会社で、国内最大のクレジットカード会社である。MUFG内略称はNICOS。

年間取扱高は 9兆6,398億67百万円(2016年3月期連結)。前身のディーシーカード三菱系のクレジットカード会社であったことから三菱広報委員会の会員である一方[1]、同じく前身のUFJニコスが三和系のクレジットカード会社であったことからみどり会の会員でもある[2]

概要

1951年6月7日に、信販最大手の企業である日本信用販売(後に商号を日本信販に変更)として設立され、2005年10月1日にUFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)の子会社となり、UFJカードを合併。同時にUFJニコスに商号を変更した。また翌年10月1日にJA系列の協同クレジットサービスを合併した。

2007年4月1日にディーシーカードを合併し[3]、商号を「三菱UFJニコス」に変更した。また、2008年4月1日個品割賦事業ジャックス事業譲渡した[4]。その後、MUFGが直接出資する子会社となっている。

MUFGが2005年11月に農林中金と提携を結び、2008年には三菱UFJニコス株の一部を農林中金に譲渡している。2011年3月には、過払金返還に備えて引当金を積み増し、財務基盤を強化するため、MUFGと農林中金を引受先とする1千億円の増資を実施した[5][6]

2017年10月1日に、MUFGが農林中金の保有する三菱UFJニコス株のすべてを取得し、三菱UFJニコスを完全子会社化すると発表した。MUFGは、スマートフォンによる決済仮想通貨関連の事業が広がる中、三菱UFJニコスを完全子会社化し、決済事業の中核を担う会社としたい考えと報じられている[7]。またDCカードMUFGカードNICOSカードのシステムを約1500億円かけて21年度までに統合するとも伝えられている[8]。さらにJAカード事業に関しては、JAグループ向けの決済ソリューションにかかる企画業務等を担う新会社であるJAカード株式会社を農林中金と三菱UFJニコスの共同出資によって、2017年10月1日に設立し、翌年1月から営業を開始した[9]

株式会社フィナンシャルワンカードから始まったフィナンシャルワンの運営も引き継いでいる。グループスローガンは、MUFG共通の『Quality for You』である。シンボルマークやコーポレートカラーもMUFGと共通である。

沿革

日本信販株式会社