上信越高原国立公園
Jōshin'etsu-kōgen National Park
草津白根山
指定区域
群馬県新潟県長野県にまたがる山岳部および高層湿原[1][2]
北緯36度37分30秒 東経138度37分30秒 / 北緯36.62500度 東経138.62500度 / 36.62500; 138.62500座標: 北緯36度37分30秒 東経138度37分30秒 / 北緯36.62500度 東経138.62500度 / 36.62500; 138.62500
分類 国立公園
面積 148,072 ha[3]
指定日 1949年9月7日
運営者 環境省
年来園者数 2,588万人(2010年)[4]
施設 関連施設を参照
事務所 長野自然環境事務所
事務所所在地 380-0846
長野県長野市旭町1108 長野第1合同庁舎3F
公式サイト 上信越高原国立公園(環境省)
テンプレートを表示

上信越高原国立公園(じょうしんえつこうげんこくりつこうえん)は、長野県を中心に、新潟県群馬県にまたがる国立公園である。上信越国立公園とも言う。

概要

群馬県と新潟県の県境にある三国山脈南西部の志賀高原を中心とする高層湿原や浅間本白根草津など今なお活発な火山活動地域を含み、苗場などの火山が集まる、日本で最も火山の密集した地域となっている。

年表

関係市町村

長野県

須坂市小諸市東御市上田市軽井沢町御代田町高山村山ノ内町木島平村野沢温泉村栄村

新潟県

津南町十日町市南魚沼市湯沢町

群馬県

嬬恋村安中市草津町長野原町中之条町みなかみ町

管理機関:環境省地方環境事務所