JR logo (east).svg 上越新幹線
■
浦佐駅へ進入するE7系「とき」
浦佐駅へ進入するE7系とき
基本情報
日本の旗 日本
所在地 埼玉県群馬県新潟県
種類 高速鉄道新幹線
起点 大宮駅
終点 新潟駅
駅数 10駅
開業 1982年11月15日
所有者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
使用車両 E2系E3系E4系E7系
詳細は#車両の節を参照
路線諸元
路線距離 269.5 km
営業キロ 303.6 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 交流25,000 V・50 Hz
架空電車線方式
閉塞方式 車内信号式
保安装置 ATCDS-ATC
最高速度 240 km/h
路線図
JR Jōetsu Shinkansen linemap.svg
テンプレートを表示

上越新幹線(じょうえつしんかんせん)は、大宮駅から新潟駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。ほぼ全ての列車が東北新幹線に乗り入れ東京駅を発着しているため、旅客案内上は同新幹線の東京駅 - 大宮駅間を含む東京駅 - 新潟駅間が「上越新幹線」と案内される。

本項では、上越新幹線と歴史的に関わりが深い新潟県上越地方北陸三県富山石川福井)と首都圏との往来についても触れる。

概要

上越新幹線は1971年(昭和46年)に全国新幹線鉄道整備法第4条第1項の規定による『建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画』により公示された3路線のうちの一つである。同年4月に整備計画が決定され着工された。日本鉄道建設公団によって建設され1982年大宮駅 - 新潟駅間が開業した[1]。日本国有鉄道(国鉄)により運営されていたが、国鉄分割民営化後、上越新幹線は東日本旅客鉄道(JR東日本)により運営されている[1]

東京駅 - 大宮駅間は線籍上は東北新幹線であるが、大宮駅を始終着とする列車はなく、ほぼ全ての列車が東京駅(一部の列車は上野駅)発着であり、同区間を含む東京駅 - 新潟駅間が「上越新幹線」と案内される。大宮駅 - 高崎駅間には北陸新幹線直通列車も運行されているが、当路線とは独立した運行形態であるため、大宮駅 - 高崎駅間においても「北陸新幹線」と案内されている。

群馬県新潟県の県境を挟む区間(高崎駅 - 長岡駅間)は日本列島中央分水嶺である三国山脈を横断するため、多くの区間がトンネルである。また、豪雪地帯である新潟県内を中心にスプリンクラーによる融雪設備を備えるほか、新潟県内の駅では線路プラットホーム全体が屋根で覆われるなど、雪害対策が施されている。これにより、雪による運行上の障害は少ない。平野部(関東平野越後平野)では、大部分が高架上を走る。

従来の東海道・山陽新幹線や東北新幹線と異なるのは、"本州を横断する新幹線"であるという点である。本州の太平洋側と日本海側を結ぶ初の新幹線であり、首都圏方面から日本海側の各都市(具体的には越後湯沢駅や長岡駅での乗り継ぎで新潟県上越地方および富山金沢方面が、新潟駅での乗り継ぎで新潟県下越地方および山形県庄内地方秋田県方面)がそれぞれ従来より短時間で結ばれた(その後、上越地方および富山・石川県方面への輸送は2015年開業の北陸新幹線に大部分を譲った)。

上越」の名称は並行在来線の上越線(高崎駅 - 宮内駅間)から由来するもので、群馬新潟両県の旧令制国名(上州越後)に由来する。上越地方(新潟県西部)は経路に含まない。

越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅間は、ガーラ湯沢スキー場が営業される冬期間のみ営業する区間である。新幹線車両しか使用されないが、線籍上は上越線の支線で在来線扱いとなっている。

最高速度は全線で240 km/hであり、大半の区間が直線主体の線形であるため、最高速度での走行が可能であり、1990年代には後述のように一部区間で275 km/h運転も行われた。ただし、高崎駅 - 上毛高原駅間の「中山トンネル」については建設時にトンネルが水没する大出水事故が2回起き、結果的に当初計画から迂回するルートに変更され、半径1,500 mの曲線が介在する線形となっており、同トンネルでは160 km/hの速度制限を受けることとなった[2]

なお、長岡駅 - 新潟駅間は基本計画路線に入っている羽越新幹線との共用区間であるが、基本計画決定以降こちらの建設については動きはない。

ラインカラーは東北新幹線とともにJR東日本のコーポレートカラーとなった[注 1]

路線データ

本線

支線(正式には上越線の一部)

  • 区間:越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅間
  • 路線距離(実キロ・営業キロ):1.8 km(両キロとも同じ)
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:2(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線(単線並列
  • 電化区間:全線(交流25,000V・50Hz)
  • 保安方式:ATC (DS-ATC)
  • 運転指令所:JR東日本新幹線統括本部 新幹線総合指令所
  • 列車運行管理システム:新幹線総合システム (COSMOS)

駅施設管理、営業業務を除きJR東日本の新幹線統括本部が管轄している。

駅施設管理、営業業務は沿線の支社が行なっている。その管轄は以下の通り。

かつてJR東日本の新幹線では、全体の運行管理業務を本社内の新幹線運行本部が統括する一方、保線管理や駅営業業務等の現業機関については地方支社が新幹線と在来線の双方を一体管理する組織体系を採っていたが[注 2]、新幹線統括本部の発足により、各支社は新幹線において駅の施設管理・営業業務、ならびに工務関係の支援のみを担うようになった。

駅一覧

乗車人員は東日本旅客鉄道の駅の内、新幹線のみの数値[4]。なお、越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅は在来線の上越線に属するため、在来線の人員で計上される。増加減少は前年度に比較した増(増加)減(減少)を表す。

上越新幹線

起終点の大宮駅と新潟駅を除いて、通過線を有する。直通先の上野駅と東京駅にも通過線はない。ホームドアは新潟駅の「のりかえホーム」のみに設置されている。

正式路線名 駅名 大宮からの 東京からの 停車 2019年度
乗車人員
(1日平均)[5]
接続路線 所在地
営業
キロ

キロ
[6]
営業
キロ

キロ
東北新幹線 東京駅 30.3 31.3 0.0 0.0 75,004減少 東海旅客鉄道■ 東海道新幹線
東日本旅客鉄道JY 山手線 (JY 01)・JK 京浜東北線 (JK 26)・JC 中央線 (JC 01)
JT 東海道線 (JT 01)・JU 宇都宮線高崎線 (JU 01)・JJ 常磐線
JO 横須賀線・総武快速線 (JO 19)・JE 京葉線 (JE 01)
東京地下鉄M 丸ノ内線 (M-17)
東京都 千代田区
上野駅 26.7 27.7 3.6 3.6   11,902減少 東日本旅客鉄道:JY 山手線 (JY 05)・JK 京浜東北線 (JK 30)
JU 宇都宮線・高崎線 (JU 02)・JJ 常磐線 (JJ 01)
東京地下鉄:G 銀座線 (G-16)・H 日比谷線 (H-17)
京成電鉄KS 本線京成上野駅: KS01)
台東区
大宮駅 0.0 0.0 30.3 31.3 29,679減少 東日本旅客鉄道:■ 東北新幹線JK 京浜東北線 (JK 47)
JU 宇都宮線・高崎線 (JU 07)・JA 埼京線 (JA 26)・川越線
東武鉄道TD 野田線 (TD-01)
埼玉新都市交通New Shuttle Line symbol.svg 伊奈線(ニューシャトル)(NS01)
埼玉県 さいたま市
大宮区
上越新幹線
熊谷駅 34.4 36.6 64.7 67.9   4,232減少 東日本旅客鉄道:高崎線
秩父鉄道秩父本線
熊谷市
本庄早稲田駅 55.7 57.7 86.0 89.0   2,233減少   本庄市
高崎駅 74.7 77.3 105.0 108.6   14,293減少 東日本旅客鉄道:■ 北陸新幹線高崎線・上越線信越本線
両毛線八高線吾妻線
上信電鉄上信線
群馬県 高崎市
上毛高原駅 121.3 119.1 151.6 150.4   719減少   利根郡
みなかみ町
越後湯沢駅 168.9 151.4 199.2 182.7   2,845減少 東日本旅客鉄道:上越線(本線・ガーラ湯沢支線)
ほくほく線北越急行直通)
新潟県 南魚沼郡
湯沢町
浦佐駅 198.6 181.0 228.9 212.3   672減少 東日本旅客鉄道:上越線 南魚沼市
長岡駅 240.3 213.8 270.6 245.1   4,664減少 東日本旅客鉄道:信越本線・上越線 長岡市
燕三条駅 263.5 237.4 293.8 268.7   1,729減少 東日本旅客鉄道:弥彦線 三条市
新潟駅 303.6 269.5 333.9 300.8 9,232減少 東日本旅客鉄道:信越本線・羽越本線白新線越後線 新潟市
中央区