中京のデータ
中京圏
日本の旗 日本
面積 6,911 km2
総人口

9,363,221
1.5%都市圏)(2015年国勢調査

10,240,000人(Demographia World Urban Areas 2019)[http://demographia.com/db-worldua.pdf]
人口密度 1,288人/km2
(2010年国勢調査)
外観
Nagoya Night View.jpg
名古屋都心部夜景

中京圏(ちゅうきょうけん)は、愛知県名古屋市を中心とする都市圏である。日本三大都市圏の一つ。

別名名古屋圏(なごやけん)、中部圏(ちゅうぶけん)。

名称

名古屋(中京圏)

中京」とは、名古屋市東京市(現在の東京都区部)と京都市との間に位置している点から、明治時代に名古屋市が「中京」と呼称されたことに因む。

「中京」の呼称は明治20年代半ばより使用例がみられる。明治20年代の名古屋を中心とする産業、鉄道、都市の発展で東西大経済圏に対する意識が生まれ、「東海道線の中間点」を、さらに「全国の中心、中日本の中心」を目指す名古屋経済圏の意味があった[1]

範囲

中京圏は、中京都市圏名古屋大都市圏名古屋市の経済や文化の影響力を強く受け、人口交流のきわめて濃密な圏域を指す言葉)と重複する範囲が多い。

明治時代の中期に、名古屋駅東海道本線中央本線関西鉄道(現在の関西本線)など鉄道の拠点となると、名古屋市を中心とする経済圏が形成されて、愛知県岐阜県三重県の3県(東海3県)に跨る圏域を中京圏(名古屋圏)と称するようになった。

交通網、情報通信網などのインフラ整備が進んだことや、圏の力が増したことにより圏域を拡大し続けている。圏域には、愛知県尾張三河、岐阜県美濃、三重県北勢が含まれている[2]。また、30%以上の依存率を示す地区が名古屋市と同一生活圏とされ、10%以上から30%までが近郊型地帯とされている[3]

他にも、内閣府政府広報室の大都市地域の住宅・地価に関する世論調査では、名古屋駅を中心とした半径30kmの円内地区とし、国土交通省の大都市交通センサス調査では愛知県、岐阜県、三重県の区域とした。

ただし、三重県の伊賀地域、殊にその南部(近鉄大阪線国道165号沿線)は関西との繋がりが強く、特に名張市大阪市ベッドタウンでもあるため、「名古屋圏」から外されることもしばしばである。

三大都市圏の一つだが、他の大都市圏を「東京圏」「大阪圏」と呼ぶ場合には、「名古屋圏」の方が多用されている。

交通面で見ると、太平洋沿岸(愛知県、三重県)は東海道の、内陸側(岐阜県)は中山道の沿線になっている。

中京大都市圏(

総務省統計局の国勢調査統計表で用いられる圏域設定で、名古屋市への15歳以上通勤・通学者数の割合が、当該市町村の常住人口の1.5%以上であり、かつ名古屋市と連接している「周辺市町村」を合わせた範囲としている。都市圏 (総務省)参照。

なお、名古屋の1.5%都市圏は、2010年国勢調査によると、北端が岐阜県本巣市恵那市八百津町、東端が、愛知県豊川市豊田市岡崎市、西端が岐阜県関ケ原町、三重県いなべ市、南端が愛知県南知多町、三重県四日市市であり、三県に収まるが、かつては滋賀県山東町(現米原市)が含まれたこともあった。

中京大都市圏の人口、
面積及び人口密度の推移[4][5][6]
人口
(人)
面積
(km2)
人口密度
(人/km2)
1960年 4,367,811
1965年 6,053,032 5,037 1,202
1970年 6,633,958 5,305 1,201
1975年 7,356,168 5,688 1,293
1980年 7,800,279 5,861 1,331
1985年 8,035,159 5,632 1,427
1990年 8,427,429 6,072 1,388
1995年 8,765,712 6,533 1,342
2000年 8,738,842 6,380 1,370
2005年 8,923,445 6,911 1,291
2010年 9,107,414 7,072 1,288
2015年 9,363,221 7,266 1,289

中京経済圏

物流や資本動向を指標とする広域圏。範囲は確定されておらず、概ね愛知県全域、岐阜県全域、三重県の伊勢志摩静岡県遠州長野県南信和歌山県熊野とも言われていたが、近年、中京大都市圏は経済好調であり、三重県の北勢に隣接する伊賀市は距離的には名古屋と大阪のちょうど中間に位置し(伊賀市北部の半分は距離的には名古屋のほうが近い)、名阪国道の利便性を受け森精機をはじめとした工場立地も集中しているため中京圏と関西圏の両方に含む場合があり、さらに関西地方である滋賀県米原市も中京圏と関西圏の両方に含む場合があり(米原ステーションタウンなどの例がある)、各種要因により拡大の傾向がある。名古屋市の経済界や企業では「中部経済圏」(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の一部)という語を使う場合が多い。

中京交通圏

名古屋駅を中心に半径40kmの地域を指す。首都交通圏、京阪神交通圏と合わせた三大都市交通圏の一つで、国土交通省関連の統計に多く利用される。

地上波による放送の広域放送圏の一つで、愛知県、岐阜県、三重県の区域を指す。この範囲は東海3県とも呼ばれる。

中京地方

国土地理院をはじめとする官公庁や一般でも時に利用される用語であるが、明確・厳密な区域区分の定義はない用語である。

自然地理

伊勢湾へ注ぐ揖斐川(左)と木曽川(右)

濃尾平野を中心に名古屋都市圏が広がり、更に太平洋岸の中小規模な平野に都市が連なる。

地質的には北部及び中部が西南日本内帯に属し、それぞれ美濃帯(丹波-美濃帯)、領家帯に区分される。三重県南部及び三河の一部は西南日本外帯に属し、三波川帯及び四万十帯に区分される。

沿岸はプレート境界になっているため、東海地震東南海地震などの警戒区域になっている。