中京競馬場
Chukyo Racetrack 15.jpg
メインスタンド「ペガサス」
施設情報
所在地 愛知県豊明市間米町敷田1225
座標 北緯35度4分0.25秒 東経136度59分22秒 / 北緯35.0667361度 東経136.98944度 / 35.0667361; 136.98944座標: 北緯35度4分0.25秒 東経136度59分22秒 / 北緯35.0667361度 東経136.98944度 / 35.0667361; 136.98944
開場 1953年8月
所有者 名古屋競馬株式会社
管理・運用者 日本中央競馬会
コース
周回 左回り
馬場 芝・ダート
テンプレートを表示

中京競馬場(ちゅうきょうけいばじょう/英: Chukyo Racecourse)は、愛知県豊明市[注 1]にある競馬場。施行者は日本中央競馬会(JRA)および愛知県競馬組合(ただし現在休止中)、管理者は名古屋競馬株式会社(後述)。

概要

基本的に中央競馬では、毎年1,3,7,12月の4開催・26日間(平成28年度)に渡ってレースを開催。非開催時は競馬場内場外発売所「パークウインズ中京競馬場」として発売・払戻業務を行っている。かつては地方競馬(愛知県競馬組合主催)も開催していたが、2002年以降は競馬開催を休止しており、場外発売所としてのみ使用している(後述)。

馬場自体は原則年中無休で営業しており、コース内部は遊園地として平日も開放している。

なお、2020年京都競馬場改築、東京五輪開催協力などの観点から、冬季間は3月(4週間)のみの開催となり、夏季・7月の分は、阪神競馬場と開催日程を入れ替え、秋季の9月の開催で行う。[1]

沿革

  • 1950年 - 地元間米の旧地主である成田孝らの働きかけにより国営競馬場の設置が決定。
  • 1953年 - 竣工、第1回中京国営競馬開催。
  • 新設されたゴール前の坂
    中京競馬場付近の空中写真。1987年撮影の2枚を合成作成。
    国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

    2010年(平成22年)4月(高松宮記念終了後)~2012年(平成24年)1月までコースの全面改造工事が行われ[2]、距離設定も大幅に変更された。

    コース概要

    芝コース
    • 1周1705.9m(Aコース), 1724.8m(Bコース)。いずれも直線412.5m, 高低差3.5m。仮柵の有無により、Aコース・Bコースに分けられる。
      • 最後の直線に2.0%の登り勾配が設けられており、これは中山競馬場 (2.24%)に次ぐレベルである。
      • 3-4コーナーは3.5%のバンクとなっている。
    • 設定可能な距離: 1200m, *1300m, *1400m, *1600m, 2000m, *2200m, *3000m
    • 出走可能頭数 (フルゲート): 1600mは16頭、それ以外の距離は18頭[3]
    ダートコース
    • 1周1530m, 直線410.7m, 高低差3.4m。
      • 1周距離は東京競馬場 (1899m)、京都競馬場 (1608m)に次いで3番目、直線は東京競馬場 (501.6m)に次いで2番目の長さとなる。
      • 最後の直線に1.4%の登り勾配が設けられている。
    • 設定可能な距離: *1200m, *1400m, *1800m, *1900m, *2500m
    • 出走可能頭数 (フルゲート): 2500mは14頭、それ以外の距離は16頭[3]
    障害コース
    • 仮設障害が置かれた芝コースのみで実施(旧コースにあった襷コースは廃止)
    • 設定可能な距離: *3000m, *3300m(Aコース), *3330m(Bコース), 3600m, *3900m
    • 出走可能頭数 (フルゲート): 全コース14頭[3]

    いずれも*はコース改修で新設された距離

    改修前コース

    改修前は、コース・ダートコースともに中央競馬で唯一、「平坦」「小回り」「左回り」の3条件が揃ったコースであった(ただし新潟競馬場改修後は内回りが似た条件になっていた)。コーナーは半径が前半で大きく、後半で小さく取られている「スパイラルカーブ」を採用。このため、中京巧者と呼ばれていた馬も少なからずいた。障害コースは第3コーナーから第1コーナーに向かう襷コースがあるほかは専用コースはなく、芝コースに仮設の竹柵を置いて(置き障害)レースを行っていた。一周距離は芝・ダートとも福島競馬場と並び中央競馬の競馬場では最も短いが、ゴールまでの直線は中山競馬場よりわずかに長かった。3-4コーナーにかけて緩やかな上り下りの坂があり、ゴール前200mからゴールまで緩やかな上り坂になっているがほぼ平坦だった。

    芝コース
    • 1周1600m(Aコース), 1619m(Bコース), 1631m(Cコース)(内側の移動柵の位置によって3通り存在する) 直線314m, 高低差2.9m
    • 設定可能な距離: *1000m, 1200m, *1700m, 1800m, 2000m, 2500m, *2800m
    • フルゲート: 1700mは14頭、1000m,1800m,2500mは16頭、1200m,2000m,2800mは18頭(いずれもAコース使用時)
    ダートコース
    • 1周1418m, 直線312m, 高低差2.2m
    • 設定可能な距離: 1000m, *1600m, 1700m, 2300m
    • フルゲート: 16頭 (1600m: 14頭)
    障害コース
    • 襷コースの長さ: 474m
    • 設定可能な距離: 2800m, 3330m(Aコース), 3370m(Bコース; 発走地点はAコースの3330mと同じ), *3600m
    • フルゲート: 14頭

    *印の距離の競走は、改修前の時点では施行されていなかった。芝1000m、1700m、ダート1600mについては出走可能頭数が他のコース設定より減るためである。なお、芝2800mは1994年京都競馬場の改修工事による変則日程の関係で、通常では阪神競馬場の芝3000mで行われる「阪神大賞典(GII)」が中京競馬場で行われた際に使用された[4]が、施行されたのはこの1回だけである。

    開場当時は砂コースしか存在しなかった。この砂コースはアメリカ合衆国の施設を参考にして建設された[5]。砂コースは現在のダートコースとはやや異なるもので、当時の重賞競走の記録等でも「砂」と表記されている。1970年に砂コースが芝コースに改修され[5]1974年に調教用コースがダートコースに改修されている[6]

    かつては1コーナー付近にポケットがあり、芝1400m, 3000mの設定もあった[7]が、1993年のスタンド増築時に廃止された。また芝1600mの設定もあったが、こちらはスタート直後に1コーナーのカーブがあって危険とされた為、行われなくなった。

    なお、芝1400m,芝1600m,芝3000mの設定は2012年の改修で再設定されている。

    名古屋競馬株式会社

    名古屋競馬株式会社
    Nagoya Horse Racing Co., Ltd.
    種類 株式会社
    本社所在地 458-0822
    愛知県名古屋市緑区大将ヶ根一丁目2818番地
    設立 1952年(昭和27年)8月
    事業内容 中京競馬場の土地建物及び諸設備を所有し、日本中央競馬会に賃貸する不動産賃貸業
    代表者 中西肇(代表取締役社長)
    資本金 4億13百万円
    売上高 43億55百万円(2018年3月期)
    総資産 477億91百万円(2018年3月31日現在)
    従業員数 27人(2018年3月31日現在)
    決算期 3月31日
    主要株主 愛知県 27.77%
    名古屋市 9.53%
    名古屋鉄道(株) 8.55%
    (2018年3月31日現在)
    関係する人物 稲垣隆司(元社長)
    外部リンク http://www.meikei-nhr.co.jp/
    テンプレートを表示

    中京競馬場は、JRA直営の他9場[注 2]とは異なり、スタンドの一部(ツインハット部分)を除き所有し、名古屋競馬株式会社が施設を整備してきている。この会社は競馬法により、東海地方に国営競馬(現在の中央競馬の前身)の開催場をという声に応えるため、1952年8月に設立された。翌1953年8月に競馬場が完成、農林省(現・農林水産省)と施設貸借契約を結び、第1回国営中京競馬を開催することになった。現在は、所有する競馬場の諸施設の修繕等の他に、競馬場近接地にある競馬客用駐車場の管理・運営を行い、JRAの行う中京競馬開催日のイベント・PR活動に協力している。なお、名古屋競馬場を運営する特別地方公共団体の愛知県競馬組合とは別の法人で、愛知県等の地元自治体や名古屋鉄道などの地元企業が出資する非上場の株式会社である。

    また、中央競馬に馬主登録しており、活躍した持ち馬にグリーンサンダー佐賀記念勝ち)、メイケイペガスター共同通信杯勝ち)などがいる。勝負服は緑、青袖、白山形二本輪。現在は冠名として「メイケイ」を馬名に使用している。

    アクセス