中禅寺湖

Mount nantai and lake chuzenji.jpg
中禅寺湖と男体山。手前の半島は八丁出島

中禅寺湖の位置(栃木県内)
中禅寺湖
中禅寺湖
中禅寺湖の位置(栃木県)
所在地 日本の旗 日本
栃木県日光市
位置 北緯36度44分26秒 東経139度27分44秒 / 北緯36.74056度 東経139.46222度 / 36.74056; 139.46222座標: 北緯36度44分26秒 東経139度27分44秒 / 北緯36.74056度 東経139.46222度 / 36.74056; 139.46222
面積 11.90[1] km2
周囲長 25 km
最大水深 163 m
水面の標高 1,269 m
成因 堰止湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 貧栄養湖
透明度 9.0 m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)は栃木県日光市日光国立公園内にある日本の湖沼では25番目の面積規模を有する。

概要

中禅寺湖は、約2万年前に男体山噴火でできた堰止湖である[2]人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖である。また、栃木県最大の湖である。1周は約25kmであり、歩くと9時間ほどかかる距離である[3]。湖のすぐ北には男体山がそびえ、北西には戦場ヶ原が広がる。

中禅寺湖と男体山周辺の地形図
男体山の山頂付近(弥陀ヶ原)から見た中禅寺湖。湖の右側に広がる平地は戦場ヶ原
男体山の山頂付近(弥陀ヶ原)から見た中禅寺湖。湖の右側に広がる平地は戦場ヶ原

中禅寺湖は、現在は観光地として知られるが、日光山を開いたとされる勝道上人が発見したとされる湖であり、かつては神仏への信仰に基づく修行の場として知られていた[3]。湖岸から約100m離れた場所にある上野島には、勝道上人の遺骨の一部が納められている[3]

湖の南側には八丁出島と呼ばれる細長く突き出した半島があり、紅葉の名所として知られるほか、薬師如来を祀っていたとされる薬師堂跡がある[3]

千手ヶ浜と呼ばれる砂浜は、車の乗り入れ禁止であり、徒歩や遊覧船でのみ訪問できる場所で、樹齢200年を超えるミズナラハルニレ、赤や白のクリンソウがみられる[3]

明治中期以後、観光地として知られるようになり、湖畔には現在もフランスベルギーなどの大使館別荘がある。

もともとは生息していなかったが、明治期から徐々に放流が行われ、1991年の調査ではマス類およびコクチバスワカサギウグイコイフナヒメマス、ホンマスなど24種の魚種が生息している。特に、ヒメマスは湖産親魚から採卵孵化した稚魚が放流され、地引き網などで捕獲された魚は特産品として、また遊漁目的の重要な観光資源となっている。なお、ホンマスは、ヤマメOncorhynchus masou)とビワマスOncorhynchus masou rhodurus)の交雑個体とされている[4]。日本で唯一レイクトラウトが繁殖しており、スポーツフィッシングの対象となっている[5]