乗車券確認システム(じょうしゃけんかくにんシステム)とは、名古屋鉄道2005年から名鉄各線に導入している、乗車時に乗車券(普通乗車券・回数乗車券・定期乗車券)を自動改札機に入れた際に、入場駅・入場日等(磁気情報)を記録し、その情報を降車時に、自動改札機で確認するシステム。

近年、このようなシステムは各鉄道会社で導入しつつあるが、「乗車券確認システム」の名称で導入しているのは名鉄のみである。

目標

旅客が正当な運賃を支払う環境を整備し、中間無札などの不正乗車防止を図るとともに、正当運賃を支払い利用している旅客が感じる不公平感の解消を目指す。

導入線区

2005年6月29日小牧線導入後、2006年4月29日2008年6月29日とダイヤ改正にあわせて導入された。導入駅も全269駅中、257駅と9割を超えている。

一覧上の日付は導入日を示す。

未導入

駅を共有する他社線の管轄駅であるためや、自動改札機の構造等から導入できない場合、自動改札機を設置していない場合(駅集中管理システムの未導入など)から未導入を決定している駅がある。

他社線との共同使用駅

  • 名古屋本線豊橋駅JR東海と共同使用(JR東海管理駅のため)
  • 豊田線赤池駅名古屋市営地下鉄と共同使用(名古屋市交通局管理駅のため)
    • 上小田井駅も名古屋市営地下鉄との共同使用駅であるが、上小田井駅は名鉄管理駅のため、導入されている(ただし、地下鉄の乗車券を自動改札機に入れても対象外となる)。
  • 小牧線上飯田駅:名古屋市営地下鉄と共同使用(未導入とする文献あり。[1])。
  • 吉良吉田駅・新可児駅をまたぐ磁気券の場合、これらの駅にあるのりかえ改札口の自動改札機に乗車券を入れられたことで確認している。