二塁打(にるいだ)とは、野球ソフトボール打者が打った安打のうち、打者走者が一度に二塁まで進んだ場合を指す。

概要

ツーベース(ヒット)とも呼ばれる。なお、アメリカの「Official Baseball Rules」(日本でいう公認野球規則にあたる)での表記は"two-base hit"だが、一般的には"double"という呼称が定着している。日本ではスライディングせずに二塁へ到達する、余裕のある二塁打のことを「スタンディングダブル」と表現することがあるが、これは和製英語であり、本来の英語では"stand-up double"と言う。

打球がグラウンドに一旦落ちてからフェンスを超えるなどして野手がこれ以上追うことが出来ない場所に出た場合には、ボールデッド(一時中断)となって打者走者を含む全ての走者に2個の安全進塁権が与えられる。この場合、打者には二塁打が記録され、これを日本ではエンタイトルツーベース(英語圏では"ground rule double")と呼んでいる。また、打者走者が三塁への進塁(三塁打)を試みて三塁ベース到達前に刺殺でアウトになった場合でも打者には二塁打が記録され、凡打扱いにはならない。

なお、打者が二塁まで進むことが出来ても、その進塁に野手の失策野手選択によるものが含まれていた(と記録員が判断した)場合は二塁打ではなく、単打と失策(野手選択)による進塁と記録される。

日本プロ野球

個人通算記録

順位 選手名 二塁打
1 立浪和義 487
2 福本豊 449
3 山内一弘 448
4 金本知憲 440
5 稲葉篤紀 429
6 王貞治 422
7 張本勲 420
8 長嶋茂雄 418
9 松井稼頭央 411
10 榎本喜八 409
順位 選手名 二塁打
11 川上哲治 408
12 松原誠 405
13 野村克也 397
14 広瀬叔功 394
田中幸雄
福留孝介
17 谷繁元信 393
18 福浦和也 388
19 新井貴浩 387
20 小笠原道大 385

メジャーリーグベースボール

個人通算記録