令和れいわは、日本元号の一つ。

日本国第126代天皇徳仁2019年〈令和元年〉10月22日)
新元号「令和」を発表する当時の内閣官房長官菅義偉2019年4月1日

平成の後。大化以降248番目の元号。徳仁(第126代天皇)が即位した2019年(令和元年)5月1日から現在に至る。名称は、日本に現存している和歌集の中で最古の万葉集から引用された。

ここでは日本史の時代区分における令和時代(れいわじだい)についても記述する。

なお以下の西暦は、ただし書きのない場合はすべてグレゴリオ暦である。

概説

令和
元号「令和」の墨書

2019年(令和元年)5月1日午前0時、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」(平成29年法律第63号)の規定に基づいて、第125代天皇明仁退位して「上皇」になり[1]、明仁の第一皇男子である徳仁親王が第126代天皇に即位した[2][3]。この皇位の継承を受けて、元号法並びに元号を改める政令(平成31年政令第143号)の規定に基づき[4]、「平成」から「令和」に改元された[5]

これは明治以降の憲政史上初めてであり[注 1]、202年ぶり[注 2]天皇譲位に伴う改元[6]である。また、徳仁の即位礼正殿の儀が同年10月22日に行われた。

記号

2019年5月20日にJIS X 0301(情報交換のためのデータ要素および交換形式 - 日付および時刻の表記)が改正され、元号を用いた日付の表記(ISO 8601#国家標準による拡張)において、「令和」を表す記号として、「令」「R」を使用できることとされた[15][16]。これにより、JIS X 0301:2002はJIS X 0301:2019となった。

  • 「令和2年6月23日」の表記の例:年・月・日はそれぞれ2桁で表示する。年月日を区切る記号は「.」(ピリオド)を用いなければならない(西暦を用いる場合は、2020-06-23のように、ハイフンで区切ると規定されている)。
    • 令02.06.23
    • R02.06.23

改元

改元に至る経緯

当時の天皇であった明仁が譲位の意を示したのは2010年(平成22年)7月22日とされており[17]、2016年(平成28年)8月8日宮内庁は、その前日に撮影した、当時82歳になる天皇からのビデオメッセージを公表。それによると、自らの高齢化により今までのように公務が果たせなくなることを懸念し、「公務が途切れることなく安定的に続くことを望む」との趣旨で正式に発言し、その前に皇太子徳仁親王(当時)に皇位を譲りたい趣旨の叡慮を示した[18]

これまでの改元時とは異なり、OA化、インターネット化が進んでおり、新元号への対応準備の期間を確保する必要があることから、憲政史上初めて新元号が改元の1か月前となる2019年(平成31年)4月1日に「事前公表」された。「令和」のローマ字表記は「Reiwa」。政府高官によると、近現代の「明治(Meiji)」「大正(Taisho)」「昭和(Showa)」「平成(Heisei)」と同じ頭文字となる「M、T、S、H」の各案は当初から除外したという(詳細は#備考を参照)。新元号決定に関する公文書は、「公文書等の管理に関する法律」により「30年間の非公開期間」が設定される[19]。元号発表時に掲げられた「墨書」も同様に公文書として保管される[20][21]。平成改元の際には、改元当時の内閣官房長官小渕恵三が掲げた「平成」の書を改元当時の首相竹下登がもらい受け、私邸に保管していた。その後、墨書の所在は長らく不明であったが、竹下の孫である歌手・タレントのDAIGO[注 4] が「(母方の実家の竹下家に)「平成」の墨書額がある」とテレビ番組で発言したことから、それを聞き及んだ国立公文書館が竹下家と連絡を取って「平成」の墨書を2009年(平成21年)9月に借り受け、翌2010年(平成22年)3月に正式に寄贈を受けたことの反省によるものである[22]

元号案の選定と考案者

政府は2019年(平成31年)4月1日の新元号発表に向けて、極秘裏に専門家への委嘱と元号案の選定を行っており、考案者については、考案者本人の希望および元号が特定の個人と関連づけられることは好ましくないという考えから、公表しない方針である[23]

2019年2月上旬ごろ、当時の内閣官房長官・菅義偉は元号担当の古谷一之らが事前に選定した約20の候補から絞り込みを開始した[24]。2月下旬から3月上旬にかけて菅は当時の首相安倍晋三に報告した[24]。安倍首相が気に入った候補名が入っていなかったため、菅に再検討を指示した[24]3月14日付で国文学漢文学の専門家に正式委嘱した[24]3月27日、安倍首相、菅官房長官、事務担当の内閣官房副長官杉田和博、古谷が協議し、原案を6つに固めたとみられる[24]

4月1日の「元号に関する懇談会」に示された6案は、以下の通りであると後に報道されている[25][26][27][28][29]

「元号に関する懇談会」で示された元号案
元号案 読み 出典 考案者とされる人物
英弘 えいこう 古事記 宇野茂彦中国哲学
久化 きゅうか 易経
広至 こうし 日本書紀続日本紀
万保 ばんぽう 詩経
万和 ばんな 史記、「五帝本紀 石川忠久中国文学
令和 れいわ 万葉集 中西進日本文学

元号案を委嘱された人物としては、上記に挙げられた人物のほかに池田温(東洋史)[26][30]小倉芳彦(中国古代史、正式委嘱はなし[30][31] らが挙げられている。

安倍首相は古谷らに選定過程で「天皇をたたえる国書よりも万葉集の方がいい」との意向を伝えていた[24]。原案となる6案が固まる以前、安倍は当初の協議では絞り込まれた候補の中から万葉集と古事記に由来する「天翔(てんしょう)」を評価し、一時期最有力案であったが、イニシャル表記が大正とかぶることに加え、「俗用されていない」という条件がクリアできない(同名の葬儀社などが存在した)ことから最終案から外された[32]。そのため、3月下旬に追加の元号案が委嘱され[32]、中西が「令和」を考案したと報じられている[33]。安倍は当初は「英弘」を評価していたという[34] が、「令和」が提出された後は、安倍、菅、杉田、古谷の協議で「『令和』がもっとも適している」との認識で一致したという[24]

発表直後から、マスコミにより「令和」の考案者は万葉集を専門とする中西であると報じられたが、中西本人は明確な回答を控えている[35]。しかし、その後の雑誌インタビューの中で事実上自らが考案者であることを認めたとも報じられた[36]。発表直後の時点では、中西は時事通信の取材に対し「元号は中西進という世俗の人間が決めるようなものではなく、天の声で決まるもの。考案者なんているはずがない」と発言している[37]

元号の発表

平成31年政令第143号および内閣告示第1号

2019年(平成31年)4月1日、総理大臣官邸にて「元号に関する懇談会」を午前9時30分から開催し、参加した有識者たち一人ひとりに意見を聴取した[10]。10時8分に懇談会は約40分で終了[38]した。参加した有識者は、以下のとおりである[39]

「元号に関する懇談会」に出席した有識者
氏名 肩書(当時)
広域への影響力 所属
上田良一 アジア太平洋放送連合会長 第22代(2017年 - 2020年)NHK(日本放送協会)会長
大久保好男 日本民間放送連盟会長 日本テレビ放送網代表取締役社長
鎌田薫 日本私立大学連盟会長 第16代(2010年 - 2018年早稲田大学総長
榊原定征 日本経済団体連合会名誉会長 東レ相談役
白石興二郎 日本新聞協会会長 読売新聞グループ本社会長
寺田逸郎 第18代(2014年 - 2018年最高裁判所長官 法曹
林真理子 第94回(1985年下半期)直木賞受賞者 小説家
宮崎緑 東京都教育委員 千葉商科大学国際教養学部教授兼学部長
山中伸弥 2012年ノーベル医学・生理学賞受賞者 京都大学iPS細胞研究所所長

懇談会開催にあたっては、情報漏洩防止のため、官邸の盗聴対策はもちろん、官邸に入る際に所持品検査を行い、携帯電話などの情報機器を持ち込ませず、トイレに行く際は職員を随行させ、トイレには電波妨害装置も取り付けるなどの対策を行っている[40]

10時20分ごろから衆議院議長公邸にて、衆議院正副議長大島理森赤松広隆)と参議院正副議長伊達忠一郡司彰)から意見を聴取[10][41]。総理大臣官邸にて11時ごろから11時15分にかけて全閣僚会議が開催され[42]、臨時閣議を経て、新元号の閣議決定となった[10]。閣議決定後に山本信一郎宮内庁長官は皇居・御所にいる天皇の元へ、西村泰彦宮内庁次長は東宮御所の皇太子の元へそれぞれ赴き、新元号決定に関する報告を行った[43]

11時41分、当時の内閣官房長官菅義偉が記者会見で新元号を発表した[44][45]。会見の模様は後の首相による会見も含め、NHK(日本放送協会)をはじめとする全テレビ・ラジオ局にて生中継された他、TwitterFacebookInstagramYouTube Liveの官邸公式アカウントとニコニコ生放送ニコニコニュース)にてライブストリーミング配信も行われた[46]

先ほど閣議で元号を改める政令および元号の呼び方に関する内閣告示が閣議決定をされました。
新しい元号は、『令和れいわ』で、あります
— 内閣官房長官 菅義偉

と言い、新元号「令和」を墨書した台紙(茂住修身[47][48])を示すことにより、発表を行った。ここまでの改元の手続きや新元号の発表は全て、平成改元時を踏襲したものとなった[49]

記者会見で談話を発表する安倍晋三内閣総理大臣(2019年4月1日)

同日12時05分、当時の首相安倍晋三が記者会見を行い、首相談話を発表した。「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味を込めたと説明した[50][51]。首相自ら発信する機会が増大した事を踏まえ、平成改元時と違い、改元に関する首相談話の発表は首相自ら行った[52]

同日、「元号を改める政令」(平成31年政令第143号)が天皇[注 5] の允裁を受けたあと、「官報特別号外第9号」によって公布され、2019年(令和元年)5月1日施行と定められた[4]。あわせて、読み方は「れいわ」である旨を定めた内閣告示「元号の読み方に関する内閣告示」(平成31年内閣告示第1号)が公布された[4]

また、英語ローマ字)表記では「Reiwa」となる旨が、日本が国家承認している195か国の各国政府および国際機関、日本の対台湾窓口機関・日本台湾交流協会を通じて、台湾中華民国)における事実上英語版の駐日大使館に相当する台北駐日経済文化代表処に通知された[注 6][53][54][55]

発表直後から各国報道陣は速報でこの新元号を独自の訳に言い換えて報道した[56]。しかし、各報道陣独自の訳とあって統一性に欠けることや、間違ってかけ離れた意味[57]で訳され誤認につながる可能性を踏まえ、外務省は各国在外公館に対し「令和」は「Beautiful Harmony(美しい調和)」との英訳で統一する方針を定め、各国在外公館にこの方針に沿い対外的に説明するよう指示した[58]

中国思想史が専門の小島毅東京大学教授)によれば、「当時の言葉遣いから大伴旅人呉音で読むことを想定したのではないかとし、『令』の発音は漢音の『れい』ではなく呉音の『りょう』、ローマ字表記もより実際の発音に近い『Leiwa』が適しているのではないか」という意見を表明している[59]

典拠

「令和」の典拠は、万葉集』巻五[60] の「梅花謌卅二首并序(梅花の歌 三十二首、并せて序)」にある一文である[61]

以下に、漢文で記されたその序文の全文を記す。

《題詞》
梅花歌卅二首[并序] / 天平二年正月十三日[注 7] 萃于老之宅[注 8] 申宴會也 于時初春月 氣淑風 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香 加以 曙嶺移雲 松掛羅而傾盖 夕岫結霧 鳥封縠而迷林 庭舞新蝶 空歸故鴈 於是盖天坐地 <促>膝飛觴 忘言一室之裏 開衿煙霞之外 淡然自放 快然自足 若非翰苑何以攄情 詩紀落梅之篇 古今夫何異矣 宜賦園梅聊成短詠[62]
『万葉集』巻五の「梅花謌卅二首并序(梅花の歌 三十二首、并せて序)」の該当箇所

この序文は天平2年1月13日グレゴリオ暦730年2月8日[63]ユリウス暦730年2月4日)、大宰帥大宰府の長官)である大伴旅人の、大宰府政庁(地図)近傍にある邸宅で催された宴(梅花の宴)の様子を表している[64][65]。作者については、旅人や山上憶良らが挙げられている[66]

大伴旅人の邸宅は政庁の北西、現在の坂本八幡宮(現・福岡県太宰府市地図)付近などが候補地に挙げられている[67]

以下に、上記の下線部分の原文(原文にはない句読点つき)、書き下し文、現代日本語訳の一例を表す。

原文約物は後世に調整された形。※太字は新元号に採用された字。
于時、初春月、氣淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
書き下し文※ここでの読みは文語とする。
ときに、初春しよしゆんれいげつにして、かぜやはらぎ、うめ鏡前きやうぜんひらき、らん珮後はいごかうかをらす。
現代日本語訳の一例》太字は新元号に直接関わる語。
時は初春しょしゅん月(※この場合『令』は「善」と類義語)[68][69][70] であり、空気は美しく、風は和やかで、の前の美人白粉おしろいで装うように花咲き、は身を飾るころもまとこうのようにかおらせる。

中央大学教授の水上雅晴は、天皇が自ら元号を決定していた(昭和以前の登極令の下)時代に公家が元号の候補を審議した『難陳(なんちん)』[71] の際に、中国古典だけでなく日本書紀も引用されたことがあったことを指摘している[72]。平成改元時にも日本の古典を出典とする案はあったが、最終案には残らなかった[10]

漢籍の影響説

「令和」の考案者とされる中西進は以前の著書の中で、「序文の構成」について「王羲之による『蘭亭序』の形式を模したもので、『風にならい、仏教を受容しつつ国家的整備を進めた時代』に詠まれたものだと解説している」という[73]

一方で、中西は「令和」発表後の万葉集講座・インタビューの中で、「中西進という人が考案者と言われているが、ここにいるのは違う人間」としつつ「令和」について誤解が多いとしている。漢籍の帰田賦に類似の文があるとの意見には、「私には理解できない。考案者には理解できなかっただろう」「同じ言葉があるという出典論は江戸時代の学問だ。比較文学の観点からは、文脈が同じかどうかが大事だ」と述べ、否定している[74]。また「(「令和」と蘭亭序・帰田賦との間に)確かに形式などに共通性を見いだすことも可能ですが、文脈や意味がかなり異なるので、典拠にあたるとは思いません」「そもそも僕は、出典が何かより、その言葉がどのような表現かの方が大事だと考えます」としている[75]

朝日新聞によると序文について、「新元号の発表後、中国において「令和」の典拠となった『万葉集』より数百年前、張衡という文人が詠んだ『帰田賦(きでんのふ)』という詩によく似た一節があるとの指摘が広がった」としている[76]。また、新日本古典文学大系『萬葉集(一)』(岩波書店)の補注において、「令月」の用例として詩文集『文選』巻十五収録の後漢時代の文人・張衡による詩「帰田賦」の句、

於是仲春令月時和氣淸原隰鬱茂百草滋榮
《原文》約物は後世に調整された形。※太字は新元号に採用された字。
仲春月、時気清
《書き下し文》※ここでの読みは文語とする。
仲春の月、時はし気は清む。

が挙げられている[77]

岩波書店によると、新日本古典文学大系『萬葉集(一)』の語注に令月は「仲春令月、時和気清」(後漢・張衡「帰田賦」・文選十五」)とある指摘は、江戸時代初期の学僧・契沖の著した『万葉代匠記』に見られ、また戦後の万葉集研究を牽引した学者・澤瀉久孝の著した『万葉集注釈』にも見られるとしている。契沖は序の書き起こし方は、東晋時代の書聖・王羲之の著した『蘭亭序』にならったものではないかと推測している。ほかにも「令」「和」の出る個所は、『文選 詩篇(二)』(岩波文庫)では、『清和』という詩語の注にも引かれており、そこでの訓読は、「仲春の令(よ)き月、時は和らぎ気は清し」である[78]

毎日新聞によると、遣隋使・遣唐使が持ち帰った古代中国の美文をまとめた『文選』は、文章を作るうえでの最高の模範で、平安時代前期ごろまでに成立した日本の古典は、中国の古典の表現を元にして書かれた部分が多いとされ、元号の出典にする場合、「中国の古典の表現を孫引きすることになる」との指摘が出ていたとし[72]

  • 所功・京都産業大学名誉教授:「日本人は外国から取り入れたものを活用してきたわけで、単なるまねではなく、自分たちのものとして利用してきた」
  • 中国古典学の渡辺義浩・早稲田大学教授:「意味は万葉集と基本的に同じ。文選は日本人が一番読んだ中国古典であり、それを元として万葉集の文ができていると考えるのが普通」「東アジアの知識人は皆読んでいた。ギリシャ、ローマの古典を欧州人が自分たちの古典というのと同じで、広い意味では日本の古典だ」
  • 水上雅晴・中央大学教授:「文選との類似性が考えられ、隠れた典拠にやはり漢籍があることになる」

といったコメントを紹介している。また、複数の漢学者から前掲句の影響が指摘されているが、政府は文選が原典にあたるかなどについて論評はしていないとしている[72]

東京新聞によると、「安倍首相は新元号の由来が日本の古典(国書)だと強調し、支持する保守層の期待に応えた形だが、しかし二世紀の後漢の時代に活躍した文学者で科学者の張衡の詩文『帰田賦』の一節がある」としたうえで、

  • 早稲田大学教授(漢字学)の笹原宏之:「万葉集の序文は張衡の帰田賦(「仲春令月、時和気清」)や、(中国の書聖)王羲之の『蘭亭序』など、万葉集以前の中国古典を踏まえているようだ」
  • 国文学研究資料館長のロバート・キャンベル:「北東アジアは同じ漢字文化圏なので、国書か中国の古典(漢籍)かという排他的な選別があってはならないと思っていた。今回は帰田賦へのオマージュ(敬意)があり、漢籍を包摂したといえる」
  • 國學院大學名誉教授で歌人の岡野弘彦:「当時は漢文学の影響がとても強い。日本人は大陸の伝統を取り入れつつ、工夫して柔らかな叙情を表現してきた。だから出典が中国の古典でも日本の古典でも、差異にこだわる必要はないのでは」

といったコメントを紹介している[79]

時代の流れ

年表