仲恭天皇

時代 鎌倉時代
先代 順徳天皇
次代 後堀河天皇

誕生 1218年10月30日建保6年10月10日
崩御 1234年6月18日天福2年5月20日
九条邸
陵所 九條陵
漢風諡号 仲恭天皇
1870年8月20日明治3年7月24日)諡号勅定
懐成
別称 九条廃帝、承久の廃帝、半帝、後廃帝
父親 順徳天皇
母親 九条立子
子女 義子内親王

在位期間が最も短い天皇。即位礼、大嘗祭を行わないまま廃位された。
テンプレートを表示

仲恭天皇(ちゅうきょうてんのう、1218年10月30日建保6年10月10日〉 - 1234年6月18日天福2年5月20日〉)は、日本の第85代天皇(在位:1221年5月13日承久3年4月20日〉 - 1221年7月29日〈承久3年7月9日〉)。懐成(かねなり)。

順徳天皇の第四皇子。母は、九條良経の娘、中宮立子(東一条院)。北条義時によって、皇位を廃された。

略歴

中宮所生の嫡出の皇子として誕生し、生後1か月の11月26日に立太子。父の順徳天皇が、祖父の後鳥羽上皇と共に鎌倉幕府執権であった北条氏追討の挙兵(いわゆる承久の乱)に参加するため、承久3年(1221年)4月20日に譲位され4歳で践祚。同年、祖父の後鳥羽上皇が承久の乱を起こしたが、北条泰時率いる幕府軍に敗北。後鳥羽上皇・順徳上皇はそれぞれ隠岐佐渡に、土御門上皇も自ら望んで土佐に配流された。7月9日に幕府の手によって仲恭天皇は皇位を廃され、高倉天皇の第二皇子である守貞親王(後高倉院)の皇子・茂仁王(後堀河天皇)が即位した。仲恭天皇は幼児で、将軍摂家将軍九條頼経従兄弟であることから、その廃位は予想外であったらしく、後鳥羽上皇の挙兵を非難していた慈円でさえ、幕府に仲恭天皇の復位を願う願文を納めている[1]。まもなく母親の実家である摂政九條道家(天皇の叔父、頼経の父)の邸宅に引き渡され、天福2年(1234年)に17歳で崩御。歴代の天皇の中で、在位期間が最も短い天皇である。

諡号・追号・異名

即位後わずか78日で廃され、即位式大嘗祭も行われなかったため諡号・追号がされず、九条廃帝(くじょうはいてい)[2]承久の廃帝(じょうきゅうのはいてい)[3]半帝後廃帝と呼ばれていた。

明治3年(1870年)5月、明治政府(太政官)は、大友皇子淡路廃帝、九条廃帝に天皇号の追諡を行うことにして、神祇官および大学に追諡の撰定を命じた。九条廃帝は4歳で登極、在位78日で廃位、以後17歳で亡くなるまで生家の九条邸で隠棲されていたため、諡号撰定の根拠にすべき事績は全くなかった。神祇官でも苦心の結果、天皇が第三子であったことから「仲」の字を、また諡は本来敬を表すものであるということから「恭」の字を選び、両者で「仲恭」の諡号を撰定するに至った。政府はこれに対して弾正台などの意見も聞き、7月20日に「仲恭」と決定し、同年7月23日に神祇官で祭典執行、祝詞をして奉諡を行った。翌日、『太政官日誌』(明治3年第28号)で、弘文天皇(大友皇子)、淳仁天皇(淡路廃帝)とともに仲恭天皇の諡号が布告された[4]

系譜