伊東忠太
伊東忠太.jpg
国際建築協会編、美術出版社発行「国際建築1954年5月号」より
生誕 1867年11月21日
(旧暦慶応3年10月26日
出羽国置賜郡米沢 (現・山形県米沢市
死没 (1954-04-07) 1954年4月7日(86歳没)
東京都文京区
国籍 日本の旗 日本
出身校 帝国大学 (現・東京大学)
職業 建築家、建築史家
受賞 勲二等瑞宝章
文化勲章
建築物 東京商科大学兼松講堂
震災祈念堂
築地本願寺

伊東 忠太(いとう ちゅうた、1867年11月21日慶応3年10月26日) - 1954年昭和29年)4月7日) は、明治から昭和期の建築家、建築史家である。山形県米沢市出身。号は紅雲。位階・勲等・学位・称号は、正三位勲二等瑞宝章工学博士東京帝国大学名誉教授米沢市名誉市民第1号。早稲田大学教授。兄に九州帝国大学医科大学学長・九州医学専門学校(現久留米大学)初代校長の伊東祐彦、叔父(父の弟)に、官僚政治家平田東助がいる。

人物

少年時代を東京佐倉で過ごす。帝国大学工科大学(現在の東京大学工学部)卒業して同大学大学院に進み、のちに工学博士・東京帝国大学名誉教授となる。西洋建築学を基礎にしながら、日本建築を本格的に見直した第一人者で、法隆寺が日本最古の寺院建築であることを学問的に示し、日本建築史を創始した。また、それまでの「造家」という言葉を「建築」に改めた。「建築進化論」を唱え、それを実践するように独特の様式を持った築地本願寺などの作品を残す。1943年昭和18年)には建築界で初めて文化勲章を受章した。

経歴